貝塚市の陸屋根のシート防水が破損して大量に雨漏りしていました


貝塚市で雨漏りがひどいとのご相談です
貝塚市にお住いのS様より「台風で雨漏りしたので他業者に応急処置してもらったんですが、シートがめくれてまた雨漏りしてるんです。忙しいとは思いますが、なんとか養生だけでもしてもらえませんか?」とのご相談で、現地調査にお伺いしました。
貝塚市の応急処置のブルーシートがめくれてしまったそうです

台風後、雨漏りしたので他業者の方に依頼して屋根を養生してもらったそうですが、強風でシートがめくれてしまったそうです。

飛散したシートが庭先に置いてあり、「使えるなら」と確認させていただきましたが、あちこち破れていたので、弊社が養生する時は新しいシートをご用意することになりました。
貝塚市の陸屋根のシート防水が破損しています

S様邸の屋根は陸屋根でシート防水を施していましたが、防水シートが破損して雨水がどんどん入ってしまう状態でした。
実際、雨漏りもひどいようで、床までびしょ濡れになるそうで、大変お困りの様子でした。

陸屋根とは傾斜の無い平らな屋根のことで、シート防水とは塩化ビニール樹脂などの防水シートを接着剤で屋根面に貼っていく防水工法のことです。
貝塚市の陸屋根の断熱材がむき出しです
シート防水は、シートを屋根面に貼り付けて防水していますので、それが破損すると雨漏りしてしまいます。
S様邸のシートは破れて下にある断熱材がむき出しになっていました。

陸屋根は傾斜がほとんどないので、通常の屋根よりも雨漏りの危険性が高いと言えます。
屋根の傾斜がないということは、雨が降った時に水はけが悪く、雨水が滞在するということですので、屋根の防水が傷むと雨漏りに直結する可能性が高いのです。
貝塚市の陸屋根のシート防水破損状況
貝塚市の陸屋根のシート防水破損状況
貝塚市の陸屋根の上に新しい屋根を設置します
「台風が来る前から、屋根の防水のことは考えていたんです。周りの家も雨漏りして次々に屋根を修理してるので。うちも、今ある屋根の上に新しい屋根を設置してもらいたいんです」
S様のご希望で、屋根を防水するのではなく、既存の屋根の上にもう一つ屋根を設置するご提案をさせていただくことになりました。
貝塚市の外壁がチョーキングを起こしています
「外壁もそろそろ塗装の時期にきてるので見積もりをお願いしたいんです」
とのことで、外壁の状態も確認しました。

S様邸の外壁はALCパネルで、表面の塗膜が劣化してチョーキングを起こしていました。
外壁のチョーキングとは、劣化した塗膜が粉化して剥がれてくる症状で、手で触ると白い粉のようなものが付きます。
塗膜が傷んで剥がれてきている状態ですので、塗り替えの目安にもなります。
貝塚市のALCパネルの目地が割れています
ALCパネルの目地が割れていました。

ALCパネルはパネル同士の継ぎ目の防水で、目地にシーリングを充填しています。シーリングは充填した当初は弾力がありますが月日と共に硬くなって、写真のようにひび割れてきます。目地が割れるとそこから雨水が浸入してパネルの内側を濡らして劣化を進めてしまいますし、雨漏りすることもありますので、塗り替え時に充填する必要があります。
貝塚市の外壁の帯の継ぎ目も割れています
他にも外壁の帯(見切り材・幕板とも呼ばれます)の継ぎ目のシーリングが剥がれて隙間があいていました。
外壁の帯とは、外壁の中間あたりに横方向に取付けている帯状の板のことで、上と下の外壁材が異なる場合の見切りとして使用したり、外壁材を縦張りにしている際にジョイントを隠すために取付けている場合があります。
帯の継ぎ目や上部から雨水が入ることがありますので、塗装前に補修しないといけません。

今回は、雨漏りがひどくて急を要していたので、翌日に陸屋根を養生させていただきました。
次は養生の様子をご紹介します。

街の屋根やさん岸和田店は陸屋根の防水などの工事も承っておりますし、防水の工法なども詳しくご説明させていただきますので、ご検討されている方はお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の屋根の被害状況

和泉市の屋根の棟の修復工事の様子をご紹介します。N様邸は台風の影響で大屋根(一番高い屋根)の棟の一部が崩れたり、瓦が割れるなどの被害に遭い、雨漏りしてしまいました。その後、とりあえず応急処置をされて雨漏りは止まっていたのですが、工事までの間...........

和泉市の台風被害に遭った屋根の調査

和泉市のN様より「台風で瓦が飛んで雨漏りしてるので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。ご連絡があったのは台風直後で、お問い合わせが殺到してすぐにはお伺いできない状態でした。その後、再度連絡があり雨漏りしたの...........

岸和田市の這樋が割れています

岸和田市の雨樋交換の様子をご紹介します。I様邸は台風で屋根の瓦が飛散し、その飛散した瓦が下屋に落ちて瓦が大量に割れてしまい、雨漏りが発生しました。その時の被害で、下屋の上に渡している這樋(はいとい)という雨樋も破損していました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747