オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の陸屋根のシート防水が破損して大量に雨漏りしていました


貝塚市で雨漏りがひどいとのご相談です
貝塚市にお住いのS様より「台風で雨漏りしたので他業者に応急処置してもらったんですが、シートがめくれてまた雨漏りしてるんです。忙しいとは思いますが、なんとか養生だけでもしてもらえませんか?」とのご相談で、現地調査にお伺いしました。
貝塚市の応急処置のブルーシートがめくれてしまったそうです

台風後、雨漏りしたので他業者の方に依頼して屋根を養生してもらったそうですが、強風でシートがめくれてしまったそうです。

飛散したシートが庭先に置いてあり、「使えるなら」と確認させていただきましたが、あちこち破れていたので、弊社が養生する時は新しいシートをご用意することになりました。
貝塚市の陸屋根のシート防水が破損しています

S様邸の屋根は陸屋根でシート防水を施していましたが、防水シートが破損して雨水がどんどん入ってしまう状態でした。
実際、雨漏りもひどいようで、床までびしょ濡れになるそうで、大変お困りの様子でした。

陸屋根とは傾斜の無い平らな屋根のことで、シート防水とは塩化ビニール樹脂などの防水シートを接着剤で屋根面に貼っていく防水工法のことです。
貝塚市の陸屋根の断熱材がむき出しです
シート防水は、シートを屋根面に貼り付けて防水していますので、それが破損すると雨漏りしてしまいます。
S様邸のシートは破れて下にある断熱材がむき出しになっていました。

陸屋根は傾斜がほとんどないので、通常の屋根よりも雨漏りの危険性が高いと言えます。
屋根の傾斜がないということは、雨が降った時に水はけが悪く、雨水が滞在するということですので、屋根の防水が傷むと雨漏りに直結する可能性が高いのです。
貝塚市の陸屋根のシート防水破損状況
貝塚市の陸屋根のシート防水破損状況
貝塚市の陸屋根の上に新しい屋根を設置します
「台風が来る前から、屋根の防水のことは考えていたんです。周りの家も雨漏りして次々に屋根を修理してるので。うちも、今ある屋根の上に新しい屋根を設置してもらいたいんです」
S様のご希望で、屋根を防水するのではなく、既存の屋根の上にもう一つ屋根を設置するご提案をさせていただくことになりました。
貝塚市の外壁がチョーキングを起こしています
「外壁もそろそろ塗装の時期にきてるので見積もりをお願いしたいんです」
とのことで、外壁の状態も確認しました。

S様邸の外壁はALCパネルで、表面の塗膜が劣化してチョーキングを起こしていました。
外壁のチョーキングとは、劣化した塗膜が粉化して剥がれてくる症状で、手で触ると白い粉のようなものが付きます。
塗膜が傷んで剥がれてきている状態ですので、塗り替えの目安にもなります。
貝塚市のALCパネルの目地が割れています
ALCパネルの目地が割れていました。

ALCパネルはパネル同士の継ぎ目の防水で、目地にシーリングを充填しています。シーリングは充填した当初は弾力がありますが月日と共に硬くなって、写真のようにひび割れてきます。目地が割れるとそこから雨水が浸入してパネルの内側を濡らして劣化を進めてしまいますし、雨漏りすることもありますので、塗り替え時に充填する必要があります。
貝塚市の外壁の帯の継ぎ目も割れています
他にも外壁の帯(見切り材・幕板とも呼ばれます)の継ぎ目のシーリングが剥がれて隙間があいていました。
外壁の帯とは、外壁の中間あたりに横方向に取付けている帯状の板のことで、上と下の外壁材が異なる場合の見切りとして使用したり、外壁材を縦張りにしている際にジョイントを隠すために取付けている場合があります。
帯の継ぎ目や上部から雨水が入ることがありますので、塗装前に補修しないといけません。

今回は、雨漏りがひどくて急を要していたので、翌日に陸屋根を養生させていただきました。
次は養生の様子をご紹介します。

街の屋根やさん岸和田店は陸屋根の防水などの工事も承っておりますし、防水の工法なども詳しくご説明させていただきますので、ご検討されている方はお気軽にご相談ください。

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の雨樋などのご相談

泉南市にお住いのY様より「台風で雨樋が割れて、ベランダの屋根も飛んだんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に数社の業者に相談されたそうですが「混みあっているので」と、取り合ってもらえず、1年程様子を見られてから街の屋...........

岸和田市のスレート屋根を塗装します

岸和田市にお住いのU様より「樋が詰まっているのか庇の上に雨水が落ちてくるんです。それと、夏場、2階の部屋が暑くてしょうがないので、そういうのを抑える塗料があるって聞いたんですが、塗装できますか?」というご相談をいただき工事に至ります。この記...........

岸和田市の雨樋などのご相談

岸和田市にお住いのU様より雨樋などのご相談があり現地調査にお伺いしました。U様邸は木造の2階建ての住宅です。1階の庇やカーポート付近などに雨水が落ちてくるので「詰まっているのでは」と心配されていました。また、「夏場、2階の部屋が暑くてしょう...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747