オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

忠岡町の外装リフォームで軒天井や雨戸・雨樋等の付帯部を塗装!


忠岡町の屋根・外壁塗装の付帯部の塗装です。付帯部とは外壁以外の部分のことで、軒天井や破風・鼻隠し、雨樋、雨戸、庇、換気フードなどが挙げられます。付帯部とは名前の通り「付帯」している部分ですので、外壁よりも面積が狭いのですが、外壁を塗装してきれいになると古くなった付帯部が目立ってしまいます。また、付帯部を塗装しないと全体的に古い印象を与えてしまいますので、塗装リフォームの際は付帯部の塗装もご提案させていただいております。また、付帯部の塗装は見た目をきれいにするだけではありません。鉄部や木部を塗装することにより耐久性を向上させることに繋がります。
忠岡町のビス頭もパテで埋めます
N様邸は台風の被害に遭い、破風板が割れて飛散してしまいました。
破風板とは、切妻屋根などの屋根の妻側(雨樋が付いていない面)の端に取り付ける板のことで、雨水や風が屋根内部に浸入するのを防ぐ役割があります。塗装前に破損した破風板はきちんと修理しました。破風板をビス留めしたので、ビス頭や板の継ぎ目にパテ(補修材)を塗って平らに処置しました。
忠岡町の軒天の継ぎ目をパテ処理
軒天井の継ぎ目にもパテを塗って平らに処理します。
板の継ぎ目を処理しないで塗装すると、表面に凹凸ができて見た目がきれいに仕上がりません。

軒天井は外壁よりも突き出た屋根の裏側のことです。
忠岡町の破風板と板金の取り合いを刷毛で塗装
パテで下地を処置した後、塗装していきます。
N様邸は「現状と同じように塗装してほしい」とのご希望でしたので、明るいグレーで塗装させていただきました。
破風板のすぐ上にある屋根の水切り板金(雨水が内部に浸入するのを防ぐ金物)との取り合いはローラーが入らないので、刷毛を使って丁寧に塗り込みました。
忠岡町の破風板を既存と同じ色で塗装
破風板の表面はローラーで塗装します。
軒天井も同じ色で塗装して仕上げていきます。

破風板や軒天井も屋根や外壁と同じように下塗り・中塗り・上塗りしています。
忠岡町の雨戸を目荒らしします
雨戸の塗装です。
雨戸の表面に見える白い粒粒は、白錆です。まずは紙やすりで錆を落として目粗しします。

目粗しとは塗装する前に下地に細かい傷をつけて表面を処理することです。目粗しすることで、塗料がしっかりと密着します。
忠岡町の雨戸もピカピカに
雨戸を目粗ししたあと、塗装しました。
雨戸の塗装は吹き付けで塗装することもありますし、刷毛で塗装することもあります。
白錆が付いて古くなっていた雨戸が美しくなりました。
雨戸のルーバー部分は鉄製ですので、表面を塗膜で覆ってあげると錆の発生が抑えられて長持ちします。
忠岡町のシャッター雨戸も新品のようにきれいです
N様邸にはシャッター雨戸もあります。シャッター雨戸は鉄製ではなく、アルミ製ですので塗装しないことが多い部分です。
アルミ製の雨戸やサッシは、製造の段階で工場で特殊な焼き付け塗装を施していますので、通常の塗料よりも強くなっています。また、アルミの上に塗装をしても剥がれやすいことから、一般的には塗装しません。N様邸のシャッター雨戸は、色褪せがひどく、美観性を損ねてしまう可能性があったため、今回は塗装させていただきました。アルミと相性のいい塗料を使用していますが、剥がれやすいということを了承していただかないといけません。
忠岡町のベランダの笠木と手すりも塗装!
同じく、ベランダの手すりや笠木(手すり壁などの天端の仕上げ)の色褪せも進んでいたため、塗装させていただきました。もともと黒い色で塗装されていたので、色が褪せると古く見えてしまいます。
また、手すり壁の下端にある土台水切りも塗装しています。
土台水切りとは外壁を伝ってきた雨水が土台に浸入するのを防ぐための板金です。

忠岡町の庇も長持ちします
庇も塗装させていただきました。
付帯部は破風板・鼻隠し・軒天井以外は黒で統一して塗装しました。(現状復旧です)
黒でも「艶あり」「半艶」「艶無し」があり、N様邸は「半艶」の塗料を使用しています。
忠岡町の雨樋塗装
雨樋も、軒樋(横方向の雨樋)竪樋(縦方向の雨樋)を含めてすべて塗装させていただきました。
半艶の黒ですので、上品な仕上がりです。
塩ビ製の雨樋は、紫外線にあたると劣化が進みます。そのことから、表面を塗膜で覆ってあげると劣化を遅らせることができますので、塗り替えの際は雨樋も塗装することがほとんどです。また、美観性を確保するためにも古びた雨樋の塗装は必須です。

今回は、数多くある付帯部の中の一部分をご紹介させていただきました。足場を解体し、工事完了です!
before1
忠岡町の塗装前
台風で破風板が飛散したことがきっかけでご相談をいただき、風雨災害の修理と外装リフォームを行うことになりました。
建ててから一度も塗装されておらず、全体的に汚れが目立って古い印象を与えていました。

horizontal
after1
忠岡町の塗装完了
台風で破損した箇所をきちんと修理した後に、劣化したシーリングを打ち替え、屋根・外壁を塗装しました。
「現状と同じようなイメージで塗装してほしい」とのご希望で、現状に近い形で仕上げました。
最近の塗料は昔の塗料よりも性能が上がっていますので、雨だれ汚れも付きにくくなっています。
全体的に明るくなりましたね!
街の屋根やさん岸和田店は、建物の傷んだ箇所の修理や外装リフォームのご相談も承っておりますので、住まいのことで気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の強風でめくれた笠木を固定し錆止め塗料で塗装しました

岸和田市の笠木の修理前
岸和田市の笠木のメンテナンス完了
工事内容
屋根補修工事
その他塗装
台風
使用素材
笠木補強用ビス・シーリング・錆止め・防錆性塗料
築年数
約40年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
約20万円(税込み・鉄骨階段含まず)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町の基礎巾木の補修!基礎の剥がれは表面だけ?内側から?

忠岡町の破断した基礎巾木
忠岡町の破断した基礎巾木補修完了
工事内容
防水工事
使用素材
アイカ工業・ジョリシール アイカ工業・防錆プライマー
築年数
約28年
建坪
建坪18坪
保証
2年
工事費用
4.7万円(税込み)
施工事例

忠岡町で軒樋から雨漏り発生!内吊りの軒樋を交換しました!

18213c9c0eae57697dd4ee4bb3df5d77
忠岡町の雨樋交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
台風
使用素材
軒樋・じょうご・止まり・エルボ・内吊り金具他
築年数
約31年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約12万円 雨樋交換・清掃費用・・8.6万円(ともに税込み)
施工事例

忠岡町で強風でめくれ上がったセメント瓦を固定して復旧!

忠岡町で台風で瓦がズレました
忠岡町の台風でズレた瓦の復旧完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
仮設足場、アルプス・アートストーン・桟木・シーリング
築年数
築約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
足場費用・約15万円 屋根修理費用・約19万円(ともに税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の笠木は目立ちませんが重要な役割があります

皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。今から17年前の今日、2月4日は「Facebook」が開設された日なんだそうです。時代とともに暮らしがどんどん便利になっていきますね!・・・・・・・・・・・・・・・・・・さて、前回のブログ...........

岸和田市Y様邸の外壁塗装

岸和田市Y様邸の外壁塗装が完了したので付帯部分の塗装を行いました。築26年が経過し、今までに外壁を一度塗り替えられていて、今回で2回目のメンテナンスになります。◆◇◆ Y様邸の情報 ◆◇◆■ 築26年■ 鉄骨造・3階建て■ スレート葺きの屋...........

岸和田市の外壁塗装後

岸和田市の外壁塗装です。K様邸は台風被害に遭った屋根などを修理し、同時に屋根と外壁の塗装もされました。外壁にはALCパネルを張っていて、塗装前にパネルの継ぎ目に充填しているシーリングを増し打ちしてきちんとメンテナンスしました。その後高圧洗浄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747