泉大津市の雨戸シャッターも塗装した付帯部分の塗装のご紹介


泉大津市の塗装リフォームで今回は付帯部分の塗装の様子をご紹介します。
付帯部分とは簡単に言うと建物にくっついている部分のことです。
泉大津市の樋などの付帯部を塗装
付帯部分を分かりやすい例でいうと、雨樋や雨戸、庇などです。それらは一つ一つで見ると面積が小さく、普段はそれほど気にすることがないかもしれません。ですが、外壁を塗装した時に付帯部分がそのままだと、せっかく塗装したのにも関わらず全体のイメージが古びて見えて残念な気持ちになってしまいます。ですので、塗装工事では付帯部分もすべて塗装することをお勧めしています。
泉大津市の鼻隠しを塗装
鼻隠しを塗装しています。
「鼻隠し」とは屋根の雨樋(軒樋)が付いている部分に施工する板のことで、ほとんどの場合、樋と同じ色で塗装します。(色を分けるとちぐはぐになるため)
屋根の雨樋が付いていない三角になった面に施工する板を「破風板」と言い、そちらも同じ色で塗装しました。
鼻隠しや破風板が劣化すると、屋根の軒先が濡れて野地板を傷める原因になりますので、塗装で保護してメンテナンスします。
泉大津市の雨樋も塗装します
雨樋も塗装します。
雨樋は最近では塩化ビニール製のものが多く、変形や割れなどの劣化が見受けられずまだ使用できる場合は塗装でメンテナンスが可能です。
塩ビ製の樋は紫外線の影響で傷みますので塗膜で覆ってあげると劣化を抑えられます。
泉大津市の艶消しで上品な仕上がりです
鼻隠しや雨樋は白っぽい色か黒やこげ茶など無難な色で塗装します。外壁をお好みの色で塗装するので、それを邪魔しない色で塗装する方がごちゃごちゃせずすっきりとまとまるからです。
ツヤツヤに光る艶ありで塗装することも可能ですが、今回は艶消しの塗料でマット調で上品に仕上げました。
泉大津市の水切りを塗装
Y様邸は1階と2階の間に水切り(雨水を切って流す金物)があり、上下で色分け塗装しました。
水切りが古いままだとそこに目が向きますし、耐久性も確保するため塗装しました。
熟練の職人が刷毛で丁寧に塗り込みました。
泉大津市のシャッターボックス塗装
シャッターボックスも塗装します。

シャッターボックスや雨戸の戸袋も経年で劣化して色褪せてきますので、塗装するときれいになります。
泉大津市のシャッターも吹き付けで塗装します
今回は雨戸シャッターも塗装しました。

シャッターは素材がアルミの場合、塗装しない場合があります。アルミは表面を特殊な工法で焼き付けにより塗装しており耐久性がありますので、塗装するとかえって耐久性が低下する可能性があるからです。また、シャッターは巻き付けにより動く箇所ですので塗膜が剥離する可能性があります。
泉大津市のシャッターが新品のようにきれいになりました
Y様邸のシャッターはアルミではなく鉄製だったので、塗料が密着することから、すべて塗装させていただきました。

塗装により新品のようにきれいになりました。
泉大津市のカーポートの屋根も復旧完了
台風21号でカーポートの平板がすべて飛散したので張り替えました。
衝撃に強いポリカーボネート素材の平板です。
泉大津市のフェンスも交換
同じく台風で飛散した外構のフェンスも交換しました。
塗装により外観がきれいになったので、フェンスも新しくなるとより一層美観性が高まります。
泉大津市の塗装リフォーム完了
外装リフォーム完了です。

作業中使用していた足場を撤去すると美しい外観が現れました。
Y様邸は周囲に建物がなく、四方から見えますので、外壁で使用した多彩模様が活かされますね!
1階部分のを濃い色に、2階部分を明るい色で塗装したので重くなり過ぎず、高級感と安定感がある外観になりました。

「新しい外観はいかがですか?」「とっても気に入ってます。きれいにしてくれてありがとうございます」
Y様にも気に入っていただけて本当に良かったです。

ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の雨戸の目粗し

岸和田市の屋根・外壁塗装工事で今回は付帯部分の塗装の様子をご紹介します。O様邸は台風21号の強風で2階の天窓が飛散し、屋根の化粧スレートも割れや剥がれの被害が出ました。被害箇所の修理で足場を建てるので、塗装時期に来ていた屋根や壁も塗り替える...........

泉大津市の雨戸を紙やすりで目粗しします

泉大津市の屋根・外壁塗装工事の中の付帯部分の塗装をご紹介します。外壁の付帯部とは、主に屋根や外壁以外で建物に付帯している部分のことです。雨戸やその戸袋、破風板や鼻隠し、水切りなどの板金、雨樋などがあげられます。

和泉市の塀の周囲を養生します

和泉市の外構の塀の防水及び塗装改修工事で前回、塀に発生したクラック(ひび割れ)補修の様子をご紹介しました。今回は、塀の塗装と笠木取付をお伝えします。M様邸の塀の笠木(塀の上部の仕上げ)は左官で作った笠木で、雨水が染み込んでしまう状態でした。...........