熊取町の付帯部の塗装でベランダの手すりに錆止めを塗布して塗装


熊取町の付帯部の塗装です。付帯部とは建物の屋根と外壁以外の部分のことです。例を挙げると、雨樋、軒天井、雨戸や戸袋、破風板、鼻隠し、水切りなどがあります。屋根や外壁の塗装時には足場を建てることがほとんどですので、その時にこういった付帯部も一緒に塗装して耐用年数をできるだけ揃えておくと、次のメンテナンスも同時に行うことができますので、足場の費用がかさまずにすみます。
熊取町の外壁塗装
付帯部は基本的に外壁の塗装が終わったあとにまとめて塗装することがほとんどです。(軒天井は外壁に面している為、外壁と同時に塗り込むことが多いです)外壁を塗装する際に付帯部に塗料が付かないようにシートで養生し、最後に養生を外してから塗装します。I様邸も屋根と外壁の塗装が完了したので続いて付帯部の塗装を行いました。

付帯部はそれぞれ材質が異なり、塗装方法も変わってきます。材質を見極めてより良い塗料を選定し、塗料が長持ちするように塗装しないといけません。
熊取町の鉄製の手すりを塗装します
I様邸のベランダにある手すりは鉄製で、経年で錆が発生し、雨で錆が流れて下にある笠木(立ち上がり壁の上部の仕上げ)が汚れていました。
鉄部の錆を放置すると、やがて穴が開き、強度が低下してしまいます。手すりの場合、支柱が錆びついて穴が開くとぐらついて大変危険です。錆が錆びを呼んで進行する前に塗装してあげると錆を抑えることができます。そういった意味でも塗装しないといけません。
熊取町の鉄部を目粗し
鉄製の手すりを塗装する前に、紙やすりやナイロンたわしなどで表面をこすって錆を落としながら目粗しします。
目粗しとは、塗装面に細かい傷をつけて塗料の密着性をアップさせる作業のことです。
ツルツルの面を塗装するよりも凹凸がある部分の方が塗料がしっかりと密着するからです。
熊取町の手すりに錆止めを塗布します
錆を落として目粗ししたあと、錆止めを塗布していきます。
錆止め塗料は錆を止めるものではなく、これから発生する可能性のある錆を抑えるための塗料です。ですので、錆の上から錆止め塗料を塗っても錆は消えません。錆が残っているとそこからまた錆びついてきますので、錆を落とすなど下地の処理が大切です。(落ちない錆の対策で錆の上から塗装できる浸透性防腐塗料もあります)
熊取町の鉄製の竿受けも塗装します
I様邸は物干しの竿掛けも鉄製です。
手すりと同様に、錆を落として目荒らししてから錆止めを塗布します。
熊取町の手すりを中塗り・上塗りで仕上げます
錆止めを塗布してから上塗り塗料で中塗り・上塗りして仕上げます。
鉄部は水と酸素に触れると酸化して錆が発生します。そのため、鉄部が直接空気に触れないように表面を塗膜で覆っているのです。塗膜に厚みがある方が水や酸素の影響を受けにくいことから、2回に分けて厚膜に仕上げます。
熊取町の手すり塗装完了!
手すり塗装完了です。
鉄部を長持ちさせるためには保護の役割がある塗膜をできるだけ健全な状態に保つことです。塗膜が傷んでくると錆が発生しやすくなりますので、定期的な塗り替えが有効です。
熊取町の雨戸も目粗しします
雨戸も塗装します。
雨戸は木製、アルミ、鉄製など種類がありますが、塗装が可能な場合は塗装します。I様邸の雨戸は鉄製でしたので、錆から守るためにもきちんと塗装させていただきました。

手すりの時と同様に、ナイロンたわしなどで目荒らしして塗料の密着性を高めます。
熊取町の雨戸を刷毛で塗装します
塗装面を目粗ししたあと、刷毛で1段1段丁寧に塗りこんでいきます。(吹き付けで塗装することもあります)
熟練の職人が作業していますので、刷毛の形はほとんど残りません。いつも、新品のように美しく仕上がった雨戸を見てお喜びいただいております。

熊取町の雨樋は少し色を付けて塗装
雨樋も塗装します。
雨樋は紫外線などの影響で次第に色褪せてきます。外壁を塗装すると、色褪せた雨樋がとても目立ってきますので、美観性を保つためにも塗装をお勧めしています。
I様邸の外壁は白に近い色ですので、同化しないように少しだけ色調を暗くした色で塗装しました。この雨樋の色は、外壁と見比べて職人が調色した色です。
熊取町の配管類を塗装します
配管類やカバーなども塗装します。
雨樋はあえて外壁と異なる色にしてアクセントにすることがありますが、配管はできるだけ目立たない方がいいので外壁に馴染むように同じ色で塗装します。
熊取町の庇も塗装します
庇も塗装します。
庇も雨戸と同じく板金や銅、木製、アルミなど素材が様々です。I様邸の庇は板金でしたので、錆止めを塗布してから上塗り塗料を塗り重ねてメンテナンスさせていただきました。
熊取町の塗装完了
付帯部分の塗装が終わり、塗装工事完了です。
台風被害に遭った屋根を修理し、外壁のひび割れもきちんと補修してから塗装したので安心です。これでまた何年も大切な住まいを外気から守ることができますね。
付帯部の塗装は、ご希望があれば省くこともできますが、美観性や劣化する箇所を長持ちさせるためにもお勧めしています。
付帯部のことで不明な点がございましたら、きちんとご説明させていただきますのでお気軽にご相談ください。

次はベランダのウレタン防水の様子をご紹介します。


この工事の現場ブログ

熊取町の外壁がチョーキングをおこしています

2019/11/25/ 熊取町の凹凸のあるデザインのモルタル外壁の塗装で雨だれもきれいに

熊取町の外壁塗装の様子をご紹介します。I様の初めのご相談は、台風の風雨被害のことでした。カラーベストの屋根の一部が飛散し、下地の野地板もめくれてしまい、その修復のご依頼でした。その工事に伴い、足場を建てるので、この機会に屋根と外壁の塗装も行...........

熊取町のベランダのひび割れや目地にも充填します

2019/11/28/ 熊取町のベランダにウレタン樹脂を塗布して厚膜な防水膜を形成!

熊取町のベランダ防水工事で、防水層の形成をご紹介します。N様邸のベランダは、防水層の上に保護モルタルを敷いている形状で、保護モルタルが経年劣化でひび割れてきていました。ベランダは外部に面していますので、外気の影響を受けやすいため防水が傷むと...........

熊取町の屋根に構造用合板を張って屋根を復旧

2019/11/21/ 熊取町の台風で屋根の一部が飛ばされ雨漏りした屋根の復旧工事

熊取町のスレート屋根の一部修理です。スレートとは厚みが5mm程度の薄い屋根材のことです。2018年9月に発生した台風21号の強風で屋根のスレートと一緒に下地の野地板も飛散してしまいました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の塗装完了

貝塚市の外壁塗装のご紹介です。N様邸はこの工事で台風で飛散した棟板金を交換しカラーベストの塗装も行いました。外壁はサイディングで、表面に施されている塗膜が劣化して剥がれる現状、チョーキングを起こしていてそろそろ塗り替えの時期に来ていました。...........

貝塚市の棟に貫板と棟板金を固定します

貝塚市の屋根・外壁塗装の現地調査の様子です。N様の初めのご相談は、台風被害についてでした。台風の強風でスレート屋根の頂点に取付けている棟板金が飛散し、応急処置していたブルーシートも剥がれてしまった、とのご相談でした。台風直後に棟の応急処置の...........

熊取町の外壁がチョーキングをおこしています

熊取町の外壁塗装の様子をご紹介します。I様の初めのご相談は、台風の風雨被害のことでした。カラーベストの屋根の一部が飛散し、下地の野地板もめくれてしまい、その修復のご依頼でした。その工事に伴い、足場を建てるので、この機会に屋根と外壁の塗装も行...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747