オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市で1階の庇に雨水が落ちてきて大きな音でお困りでした!


岸和田市の屋根の点検と庇の雨音のご相談です。屋根に設置しているテレビのアンテナを撤去する時に業者の方に「鬼瓦がズレていますよ」と教えていただいたということで、街の屋根やさんに屋根の点検のご相談がありました。また、以前から1階の庇に雨水が落ちてきて大きな音がするそうで、雨樋が詰まっていないかも確認してほしい、とのご希望です。屋根に上がって点検すると、鬼瓦のズレはなく、もともと少しお辞儀している形状で葺かれていることが分かりました。雨水が落ちてくる庇の真上にある雨樋は詰まっておらず、屋根の形状でコーナー部分の軒樋(横方向の雨樋)が繋げられないことから、その隙間から雨水が落ちていることが分かりました。
岸和田市の屋根の点検と庇の雨音のご相談
S様邸は木造の2階建てです。屋根は土葺きで赤い釉薬瓦を葺いていました。
土葺きの屋根は、瓦の下に粘り気のある葺き土を敷いて瓦を密着させて葺いている屋根です。昔はほとんどの住宅が土葺きで下が、屋根が重いと建物が地震で倒壊するリスクが高くなってしまうため、現在では土を使用しない屋根が主流になっています。
岸和田市の庇に雨水が落ちてくるそうです
「樋が詰まっているのか、庇に雨水が落ちてきて大きな音が鳴って困ってるんです。近所の方にも迷惑をかけてるんじゃないかと思って・・・」

雨音でお困りの庇は1階部分の庇で、真上には2階の軒樋のコーナー部分があります。S様はそこの樋が詰まって雨水が溢れてるのでは、とお考えでした。

岸和田市の庇にタオルを敷いて処置されています
この庇は板金を張っていて、雨水が落ちてくると金属音が鳴り響くそうです。
あまりにも音がひどいのでタオルをのせて対応されていました。
岸和田市の土葺きの釉薬瓦の屋根です
早速屋根に上がって確認させていただきました。

他業者の方からご指摘があった鬼瓦のズレは見受けられず、もともと少しお辞儀をしている形状で葺かれていることが分かりました。鬼瓦は落下しないように銅線で固定されていますので、今のところしっかりと固定されている状態でした。
岸和田市の樋は詰まっていません!
雨音がする庇の真上にある樋を確認すると、枯れ葉などの堆積物はなく詰まっていませんでした。
写真はコーナー部分に取り付けられているじょうご(軒樋に流れてきた雨水を集める桝)の落ち口です。この部分は軒樋に落ちてきた雨水が集まりますので、雨水と一緒に砂や枯れ葉などが流れ込んで詰まりやすい箇所ですが、きれいな状態でした。
岸和田市の樋が繋がっていません
雨樋が詰まって雨水が溢れることがよくありますので、ここに問題が無ければ別の部分になにか原因があります。
樋の形状を確認すると、屋根のコーナー部分の軒樋が繋がっていないことが分かりました。この状態だと、コーナー部分から雨水が直接落ちてしまいます。
この問題を解決するとなると、コーナー部分に樋を足して接続しないといけません。
岸和田市の互いの樋が段差になっている為繋げられません
コーナー部分に樋を足して繋げれば問題は解決されるのですが、S様邸のこの部分の樋は、屋根の形状で互いに段差が生じていました。もともとの屋根の高さが違うので、樋を繋げることができない状態でした。
「簡単な方法でいいので雨音がましになる方法はありませんか?」とのご希望で、苦肉の策で庇の上にゴムのシートを貼り雨戸を緩和させるご提案をさせていただきました。
岸和田市の面戸漆喰が剥がれています
屋根の点検も行いました。
瓦のズレや割れている箇所はありませんでしたが、漆喰が全体的に傷んでいる状態でした。
写真は棟の下の漆喰が剥がれてる様子です。
棟とは屋根の頂部の取り合いのことで、雨水が入らないように瓦を積み上げています。棟の瓦と屋根面の瓦との間に隙間が生じるので、そこに漆喰を詰めているのですが、その漆喰がポロポロと剥がれていました。
岸和田市の漆喰が剥がれています
鬼瓦はしっかりと固定されていましたが、隙間を埋めるための漆喰がすべて剥がれていました。

漆喰は葺き土が直接雨水に当たるのを防いで、防水し、瓦同士を繋げる役割を担っています。漆喰は経年で傷んで風や雨などの影響で剥がれてきますので、そうなるとそこから雨水が浸入して雨漏りすることがありますし、瓦の固定力も弱くなってしまいますので定期的なメンテナンスが必要な部分です。
漆喰の詰め直しのご提案もさせていただきましたが、費用面も踏まえて今回は庇の補修のみを行うことになりました。
苦肉の策で庇にゴムのシートを貼り雨音を緩和させます。

次は庇のゴムシート貼りの様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のベランダ防水でウレタン防水を施工し雨漏りが止まりました

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材・カチオンフィラー・プライマー・シリング・トップコート
築年数
約42年
建坪
約17坪
保証
2年
工事費用
約14.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

泉佐野市の陸屋根のドレン周りから雨水が浸入!応急処置しました!

泉佐野市のドレン補修前
泉佐野市のドレン補修後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シールプライマー、シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
なし
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のベランダ防水でウレタン防水を施工し雨漏りが止まりました

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材・カチオンフィラー・プライマー・シリング・トップコート
築年数
約42年
建坪
約17坪
保証
2年
工事費用
約14.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市で勝手口に木製の庇を設置!屋根は波板で仕上げました!

岸和田市の勝手口
岸和田市の勝手口の前に庇を取付け
工事内容
その他の工事
使用素材
下地材木・ポリカ波板・木下地用波板ビス・キシラデコール・塩ビ雨樋
築年数
約60年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約9.3万円(税込)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の樋掃除・雨樋が詰まるとどうなるの

泉佐野市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。雨樋から水が溢れてお困りの方はいませんか?雨樋から雨水が溢れてバシャバシャと大きな音をたてて気になっている方もいるかもしれません。雨樋から水が溢れる主な原因は「雨樋の詰まり」「雨...........

貝塚市の家事室で雨漏りしているとのご相談

貝塚市にお住いのO様より「雨漏りか水漏れか分からないんですが、1階のところから水が出てくるんです」というご相談をいただき現地調査にお伺いしました。雨漏り、水漏れ、どちらにしても天井から水がポタポタ落ちてくると気持ちがいいものではありません。...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747