オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市天神山町の破風板・鼻隠しの木部と雨戸などの付帯部塗装


4fd2bd924d900479883661884798911b-columns1
岸和田市天神山町の外壁・屋根塗装で前回、汚れた塀の塗装をご紹介しました。今回は、破風板・鼻隠しなどの木部塗装と、雨戸・庇・水切りなどの外壁に付帯する部分の塗装をご紹介します。(付帯部とは、外壁以外で外壁に付帯する部分のことです)

塗装工事の際にはほとんどの場合、足場を設置するので、足場がある時に建物全体をメンテナンスすることをお勧めしています。木部や鉄部、雨戸などの付帯部も同時に塗装することで建物全体のリフォームになります。
岸和田市天神山町の鼻隠しケレン
O様邸の破風板と鼻隠しは木製で、表面の塗膜が劣化して剥がれてきていました。
写真は鼻隠しの表面をナイロンタワシで表面をこすっている様子です。塗料をしっかりと密着させるために劣化した塗膜などを落とす作業をしています。

破風板は屋根の先端部分に取り付けられた風を受ける板のことで、鼻隠しは軒先に出る垂木の木口を隠すための板の事です。

岸和田市天神山町の鼻隠しの釘をパテ埋め
鼻隠しの表面をきれいにしてから鼻隠しを留めている釘にパテという補修材を塗っています。
釘穴やへこんだ箇所にパテを塗ってから塗装することで、表面の凸凹が無くなり釘穴も目立たなくなります。
現地調査の際に付帯部の状態も把握し、補修や塗装が必要なのかを判断します。

岸和田市天神山町の破風板塗装
破風板も同じように塗装面を整えてから塗装しています。
木部や鉄部、配管や雨樋など、材質の異なる付帯部それぞれに合った適切な塗料・塗装方法できちんとメンテナンス致します。
岸和田市天神山町の鼻隠し塗装
鼻隠しも塗装しています。
木部の塗装では、大きく分けると表面に塗膜をつくる造膜の方法と、膜を作らず浸透させる方法があります。今回は、既存の塗装方法と同じ、造膜で仕上げました。
岸和田市天神山町の雨戸ケレン
雨戸も塗装するので、先にナイロンタワシで表面をこすって汚れなどを落としています。
雨戸は普段はあまり気にかけることは無いと思いますが、外壁を塗装した場合、雨戸がそのままの状態だととても目立ってしまいます。ですので、ほとんどの場合、塗装リフォームの際には一緒に塗装します。
岸和田市天神山町の雨戸塗装
雨戸の表面をタワシややすりなどでこすって汚れを落としつつ、細かい傷をつけることで(目粗し・めあらしといいます)塗料の付きが良くなります。
雨戸の塗装は吹き付け・刷毛塗りのどちらでも構いませんが、吹付の際は周りに塗料が飛散しないように注意します。今回は刷毛で一段一段塗装しています。
岸和田市天神山町の庇塗装
庇もきれいに塗装しました。
庇は霧や雨が入り込まないように、出入り口や窓などの上部に設ける小さな屋根のことで、一般的に素材は鉄です。
紙やすりで表面に付いた錆などを落としてから塗装しました。

岸和田市天神山町の庇の裏塗装
もちろん庇の裏側も塗装します。
外壁と同じように庇の塗膜も傷んでいることがほとんどです。庇の錆を放っておくと、錆が広がり穴が空いてしまうこともあるので、そうなる前に塗装しましょう。
岸和田市天神山町の軒天井塗装
軒天井は景観に関わる重要な部分です。湿気などで脆くなりやすいので、定期的にメンテナンスしましょう。
軒天に使用する材料は様々ですが、O様邸の軒天井は有孔ボードで、板に穴が空いているものです。これは空気を通すために作られています。軒天に穴があるだけでは通気にならないので、屋裏頂部や棟部などにも通気口が有り、空気の通り道を作っています。

岸和田市天神山町の水切り塗装
建物の土台水切りを塗装しています。
雨戸や庇の色と揃えて塗装するとまとまりのある仕上がりになります。
土台水切は、外壁の一番下に取り付けて、外壁を伝い落ちる雨水を外へ誘導する部材(水切り)のことです。
岸和田市天神山町のメーターの配管塗装
メーターなどの配管も塗装しました。
外壁に付帯する配管は、一般的に外壁と同じ色で塗装して馴染ませることが多いです。もしも違う色で塗装すると、目立ってしまいますし、全体的にごちゃごちゃとした仕上がりになります。
次回の塗装メンテナンスのことを考慮し、外壁の塗料と付帯部の塗料の耐久年数ができるだけ近いほうが望ましいです。両者の耐久年数が大幅にあいていると、どちらかを先にメンテナンスしないといけない状態になるので、足場を建てる回数が増えてしまいます。結果、費用もかさんでしまうことになります。街の屋根やさん岸和田店では、そのこともふまえて塗料を選定しますのでご安心ください。

次は雨樋の入替をご紹介します。




同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊取町の屋根と外壁塗装のビフォーアフターを施工事例でご紹介!

熊取町の化粧スレートの屋根
熊取町の屋根の板金もきれいになりました
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・ニッペ(日本ペイント)サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス、アーバントーン
築年数
築18年
建坪
約19坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場費用・約20万円 屋根塗装・約39万円 外壁塗装・108万円 シーリング打ち替え・25万円(税込)
施工事例

岸和田市の強風でめくれた笠木を固定し錆止め塗料で塗装しました

岸和田市の笠木の修理前
岸和田市の笠木のメンテナンス完了
工事内容
屋根補修工事
その他塗装
台風
使用素材
笠木補強用ビス・シーリング・錆止め・防錆性塗料
築年数
約40年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
約20万円(税込み・鉄骨階段含まず)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のベランダ防水でウレタン防水を施工し雨漏りが止まりました

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材・カチオンフィラー・プライマー・シリング・トップコート
築年数
約42年
建坪
約17坪
保証
2年
工事費用
約14.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市で勝手口に木製の庇を設置!屋根は波板で仕上げました!

岸和田市の勝手口
岸和田市の勝手口の前に庇を取付け
工事内容
その他の工事
使用素材
下地材木・ポリカ波板・木下地用波板ビス・キシラデコール・塩ビ雨樋
築年数
約60年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約9.3万円(税込)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

付帯部について

熊取町の皆さまこんにちは!皆さまはお家の屋根や外壁の塗装をされたことがありますか?外壁塗装のお見積書を見ると並んで記載されいるのが「付帯部・ふたいぶ」の塗装です。「付帯部ってなに・・・?」付帯部という言葉は聞きなれない方が多いと思いますが、...........

貝塚市の雨戸がピカピカになりました

貝塚市の付帯部の塗装の様子をご紹介します。貝塚市T様邸はプレキャストコンクリート造の2階建ての住宅で、築29年が経過していました。「そろそろ塗り替えの時期かな」とご相談をいただき、屋根と外壁の塗装を行いました。前回の現場ブログで屋根と外壁の...........

岸和田市の笠木は目立ちませんが重要な役割があります

皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。今から17年前の今日、2月4日は「Facebook」が開設された日なんだそうです。時代とともに暮らしがどんどん便利になっていきますね!・・・・・・・・・・・・・・・・・・さて、前回のブログ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747