貝塚市の台風後の屋根点検で軒天井と破風板が剥がれていました!


貝塚市の台風後の屋根点検のご相談があり現地調査にお伺いしました。
「雨樋が外れたり、カーポートの接続部分がズレたりしているのは見えてるんですが、屋根の上はどうなってるのか分からないので点検してもらえませんか?」とのことでした。
貝塚市の屋根などの調査に伺いました
S様邸の屋根はカラーベスト(平型の薄い屋根材)で、外壁はサイディング張りです。
写真正面の2階部分を増築している形状ですが、下から屋根が見えず不安だったそうです。
貝塚市のカラーベストが割れています
屋根に上がって点検すると、カラーベストの飛散はありませんでしたが、1枚だけ割れている箇所がありました。
この部分はコーキングを充填して処置するといいでしょう。
貝塚市の片流れの屋根の破風板と軒天井板が剥がれています
屋根に大きな被害はありませんでしたが、増築部の軒天井板と破風板が強風に煽られて剥がれていました。
軒天井とは屋根の軒の裏側のことで、破風板とは住宅の屋根の先端部分の側面に取付けられた板のことです。
貝塚市の増築部の屋根
増築部は片流れの屋根で、修理の時は既存の建物の屋根の上で作業可能ですので、足場は屋根に上がるまでの一部分だけですみます。既存の建物がない場合、壁の端から端まで足場を組まないといけません。
貝塚市の破風板の下地も外れています
軒天井と破風にはケイ酸カルシウム板という不燃性のボードを張っていました。略して「ケイカル板」と言われ、水回りや半外部(庇の天井・軒天井・駐車場の天井など)で使用されます。
軒天井はタッカーという大きなホッチキスの針のような釘で留められていますが、強風で剥がれてしまい、下地の角材も一部外れていました。

貝塚市の破風板が一部落下
剥がれた破風板が、すぐ下にある既存の住宅の屋根に残っていました。

破風板も軒天井と同じようにタッカーで釘留めされていますが、飛散してしまいました。
貝塚市の竪樋が外れています
外壁に固定していた竪樋が外れていました。

竪樋は、屋根から集まった雨水を地上まで流す役割があり、これがないと屋根の高い位置から雨水が多量に飛び散ってしまい、外壁の劣化を早めたり基礎部分を傷める可能性があります。
雨樋は部分的な交換もできますし、再利用できれば復旧も可能です。
貝塚市の合掌カーポートの連結部分のずれ
屋根の他に、カーポートにも被害がありました。

S様邸のカーポートは合掌タイプ(二つの屋根を向かい合わせに連結させた形状)で、屋根の連結部分がズレていました。また台風が来たら怖いので修理してほしい、とのことでした。
貝塚市の軒天井板を防水テープで固定
貝塚市の破風板と軒天井を防水シートで応急処置完了
「工事まで雨が降ったら心配なので、応急処置してもらえませんか?」とご希望されたので、後日処置させていただきました。
剥がれた軒天井板を持ち上げて防水テープで仮止めし、上がれた破風板部分にも防水テープを貼りました。さらにその上から透湿防水シートをかぶせて貼ったので、工事まで安心です。

次は工事の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市摩湯町の破風板・鼻隠しをガルバリウム鋼板で巻き屋根も塗装!

岸和田市摩湯町の破風板と鼻隠し現況
岸和田市摩湯町の屋根メンテナンス完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根塗装
使用素材
屋根:推奨遮熱塗材 /破風板・鼻隠し: ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
屋根塗装(高圧洗浄・仮設足場含む)約56万円(税込) 破風板・鼻隠しガルバリウム鋼板巻加工 約16万円(税込)
施工事例

岸和田市で剥離した軒天井板を美しい木目の杉の無垢材に張替

岸和田市 既存軒天井板
岸和田市 軒天井板張替完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
その他の工事
使用素材
杉板の無垢材
築年数
20年
建坪
35坪
保証
15年
工事費用
11万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の屋根の調査に伺いました

岸和田市の屋根点検のご紹介です。現在お住いになっていない住宅ですが、心配なので屋根の状態を見てほしいとのご依頼です。

岸和田市のケラバ水切りが外れています

以前、街の屋根やさん岸和田店で雨漏り修理などをしていただいた岸和田市のT様より「台風で屋根の鉄板が剥がれて垂れ下がってるんです。風が吹いたらバタバタと音がしてうるさいので見に来てもらえますか?」とのご相談があり現地調査後、復旧工事を行いまし...........

貝塚市の片流れの屋根の破風板と軒天井板が剥がれています

貝塚市のS様より、台風後の屋根の点検のご依頼があり、調査を行うと増築部の片流れの屋根の軒天井板と破風板が剥がれていることが判明しました。後日、修理工事を行ったので今回は軒天井と破風板の修理の様子をご紹介します。