貝塚市の片流れの屋根の軒天井と破風板を修理し塗装で仕上げました


貝塚市のS様より、台風後の屋根の点検のご依頼があり、調査を行うと増築部の片流れの屋根の軒天井板と破風板が剥がれていることが判明しました。
後日、修理工事を行ったので今回は軒天井と破風板の修理の様子をご紹介します。
貝塚市の片流れの屋根の破風板と軒天井板が剥がれています
屋根の被害状況です。

増築部の片流れの屋根の軒天井と破風板が剥がれています。

軒天井とは、屋根の軒先の裏側のことで、破風板は屋根の先の側面に取付ける板のことです。
貝塚市の破風板の下地も外れています
軒天井板を留め付けている下地の角材も一部外れていました。
下地が外れるほど強い強風が吹いたのでしょう。
貝塚市の軒天井の下地を固定しました!
下地の角材が外れていたので、周辺も含めてしっかりと固定しなおしました。
下地が弱いと、強風が吹いたときにまた剥がれる可能性があります。
貝塚市の軒天井板に接着剤塗布
軒天井と破風板には既存と同じケイ酸カルシウム板を使用します。
ケイ酸カルシウム板は、水回りは半外部(軒天井・庇の天井など)で使用する耐火性のあるボードです。
ケイ酸カルシウム板を張る前に接着剤を塗布します。
貝塚市の破風板も固定します

軒天井板と破風板ともにタッカーという工具を使い、大きなホッチキスの針のような釘で固定していきます。

この時、軒天井板よりも破風板の方が下に出るように張ります。軒天井板の切り口が見えると、破風板から伝ってきた雨水が染み込んでしまいますし、継ぎ目がむき出しになるので雨仕舞がよくありません。また、この方が見た目もきれいに見えます。
貝塚市の軒天井と破風板を塗装して仕上げます
軒天井板と破風板の復旧完了です。
このままでもきれいに見えますが、保護を兼ねて塗装して仕上げます。
貝塚市の破風板の継ぎ目などをパテ処理

軒天井板、破風板ともに、継ぎ目と釘留め箇所にパテを塗って処理します。

パテを塗ると継ぎ目の溝や釘留め箇所の凹凸が埋まり、塗装がきれいに仕上がります。
貝塚市の軒天井は白で塗装
外壁に塗料が付かないようにマスキングテープを貼って養生してから塗装します。
軒天井は既存と同じ白で塗装します。
貝塚市の破風板は黒で仕上げます
破風板も既存と同じ黒で塗装します。
色はお好みで選ぶことができますが、一部だけ色を変えると目をむく可能性があるので現状復旧することがほとんどです。
貝塚市の破風板・軒天井修理完了
軒天井と破風板の修理完了です。
塗装してきれいに仕上がりました。軒天井と外壁の取り合いや、軒天井と破風板の取り合いにはコーキングを充填して防水しました。

「見えない部分が傷んでいると思うと、風が吹いたり雨が降った時に心配でしたが、これで安心できます。ありがとうございました」

S様に喜んでいただけてとても嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

街の屋根やさん岸和田店は、軒天井や破風板のご相談も承っておりますので何か気になることがございましたらお気軽にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市摩湯町の破風板・鼻隠しをガルバリウム鋼板で巻き屋根も塗装!

岸和田市摩湯町の破風板と鼻隠し現況
岸和田市摩湯町の屋根メンテナンス完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根塗装
使用素材
屋根:推奨遮熱塗材 /破風板・鼻隠し: ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
屋根塗装(高圧洗浄・仮設足場含む)約56万円(税込) 破風板・鼻隠しガルバリウム鋼板巻加工 約16万円(税込)
施工事例

岸和田市で剥離した軒天井板を美しい木目の杉の無垢材に張替

岸和田市 既存軒天井板
岸和田市 軒天井板張替完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
その他の工事
使用素材
杉板の無垢材
築年数
20年
建坪
35坪
保証
15年
工事費用
11万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の屋根の調査に伺いました

岸和田市の屋根点検のご紹介です。現在お住いになっていない住宅ですが、心配なので屋根の状態を見てほしいとのご依頼です。

岸和田市のケラバ水切りが外れています

以前、街の屋根やさん岸和田店で雨漏り修理などをしていただいた岸和田市のT様より「台風で屋根の鉄板が剥がれて垂れ下がってるんです。風が吹いたらバタバタと音がしてうるさいので見に来てもらえますか?」とのご相談があり現地調査後、復旧工事を行いまし...........

貝塚市の屋根などの調査に伺いました

貝塚市の台風後の屋根点検のご相談があり現地調査にお伺いしました。「雨樋が外れたり、カーポートの接続部分がズレたりしているのは見えてるんですが、屋根の上はどうなってるのか分からないので点検してもらえませんか?」とのことでした。