オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和泉市のドーマーの棟瓦が崩れて下の和室で雨漏りしていました


和泉市で台風で雨漏りしたとのご相談です
和泉市の雨漏りの現地調査のご紹介です。
台風21号の時に2階の和室の天井から雨漏りが発生したとのご相談でお伺いしました。
和泉市の2階の和室の天井に雨漏りしています
部屋内に雨漏りしている場合、まずは雨漏りしている箇所を確認させていただきます。どのくらいの雨漏りなのか、位置はどのあたりかなどを把握している方が、原因箇所をつきとめやすいからです。
お話をお聞きすると、普段の少しの雨なら大丈夫ですが、強い雨の時には天井からポタポタと雨漏りするそうです。
和泉市の屋根の勾配がきつくて上がれません
続いて屋根の調査にうつるのですが、U様邸は屋根が急こう配なので屋根の上に上がることができませんでした。

下から見ると上がれそうな屋根でも、屋根の際まで行くとその勾配のきつさがよく分かります。屋根の上に何とか上がっても降りられない、ということになりかねません。また、万が一滑って落下するとご迷惑をおかけすることになりますし、命にもかかわりますので、安全第一で調査を行います。
屋根の上に上がって調査ができない場合は、はしごで屋根の軒先まで上がり、そこから見える範囲で調査をさせていただきます。被害が明らかで、修理が必要な場合は足場を先行して建てて、それからきちんと調査をすることも可能ですし、別途費用は掛かりますがドローンを飛ばしての調査も承っております。
和泉市の瓦が飛散しています
下から屋根をよく見ると、ドーマー(屋根から突き出るかたちで設置した屋根付きの窓)の横に瓦が飛散していることが分かりました。この下にはちょうど雨漏りした和室があります。
急こう配の屋根は周りに建物がなければ下から屋根面を見ることができます。
和泉市棟の冠瓦が飛散
カメラで大きく撮影して確認すると、ドーマーの棟の冠瓦(一番上に施工する瓦)が飛散しているようでした。

棟とは勾配の違う屋根面がぶつかり合う頂点部分のことで、そこに施工している一番端の棟巴という役物瓦と四角いのし瓦が飛散していました。
和泉市の棟が崩れています
ドーマーがある屋根面にはお隣の建物が接近しており、はしごが建てられないので、反対側にはしごを建てて軒先まで上がり確認すると、冠瓦だけでなく、のし瓦(四角く平らな瓦)も崩れていることが分かりました。
和泉市の漆喰も傷んでいます
アップにして写真を撮ると、周辺の漆喰も傷んでいることが分かりました。
漆喰は瓦と瓦の隙間を埋めたり、瓦同士をくっつける役割があります。また、漆喰を詰めることで下地の葺き土が流れ出るのを防いでいる箇所もあります。
漆喰は外気に晒されているうちに劣化して剥がれてきます。そうすると瓦を固定している力が弱くなりますので、その部分が弱点になってきます。
和泉市ののし瓦が外れています
ドーマーが干渉している棟とは別の棟で、のし瓦がひとつ抜け落ちている箇所がありました。

のし瓦は棟に落ちてきた雨水を屋根面に流すように勾配を付けて葺いている平らで四角い瓦のことです。葺き土や漆喰を間に挟んで固定されていますが、台風の強風でひとつ抜け落ちてしまったようです。
和泉市の軒樋が変形しています
他、軒樋(横方向の雨樋)が一部変形していました。ここから雨が漏れるそうなので屋根の修理と同時に部分的に交換することになりました。
雨樋は屋根に落ちてきた雨水を受けて排出する役割があります。その部分に不具合があると、普段は傷まない箇所に影響を及ぼす可能性があります。

今回の工事では、足場を設置してドーマーの崩れた棟瓦を修復し、今後の台風での被害を抑えるために周辺の弱点になりやすい箇所をコーキングでしっかりと固定します。

天井裏からポタポタと雨水が落ちる音が聞こえてきたり、天井に雨染みがつくと不安が募るばかりです。雨漏りを放置すると、建物の木部を腐食させて耐久性が低下したり、カビの発生で健康にも被害を及ぼす危険性がありますので、雨漏りでお困りの方は街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で昇降用の足場を建てました

忠岡町の棟瓦取り直し工事です。お隣の方が台風後にご自宅の屋根に上がった時にI様邸の棟の被害に気付き、めくれた瓦を応急的に元に戻してくれたそうです。I様邸の屋根は地上から全く見えないので、応急処置をしてもらっていましたが状況が分からず不安だっ...........

忠岡町で棟の瓦がめくれたとのご相談

忠岡町のI様より「台風で棟の瓦が剥がれたので調査をお願いします」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。I様邸はお隣の住宅との間が狭く屋根が接近しています。台風の後にお隣の方がご自宅の屋根に上がって状況を確認した時に、I様邸の棟の瓦が...........

泉南市の棟の漆喰の詰め直しなどを行います

泉南市の大屋根(一番高い屋根)の水平棟の修理及び再固定の様子をご紹介します。T様邸は台風の強風で降り棟の一部が飛散し、瓦が割れるなどの被害に遭いました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747