熊取町のベランダにウレタン防水材を塗布して雨水の浸入を防ぎました


熊取町のベランダ防水で防水層の形成の様子をご紹介します。
S様邸は去年の台風で1階のお部屋で雨漏りが発生し、その時のご相談で雨漏りの原因の可能性がある外壁のひび割れ補修などを行いました。約半年の間、強風を伴う雨に何度も見舞われることがありましたが、雨漏りは止まっている状態でした。その後、最近の雨で雨漏りが再発しているようだ、とご連絡をいただき、次に原因の可能性が高いベランダを防水することになりました。初めの調査の時にきちんとご説明していたので、S様もベランダ防水のことを視野に入れられており、工事に至ります。
熊取町のベランダのひび割れにもコーキングを充填
前回の記事でベランダの下地調整の様子をご紹介しました。 

S様邸のベランダの床面などにはひび割れがいくつか発生していたので、目地などの弱点になりやすい部分を含めてシーリングを充填してきちん防水させていただきました。
熊取町のベランダの下地調整完了
続いて、ベランダに新しい下地を施工しました。
ベランダに防水を施す前に新しい防水層の下地となる劣化した防水面を整えることが大切です。
今回は、カチオンクリートという下地調整材を用いて下地をリセットしました。
熊取町のベランダにプライマーを塗布します
カチオンクリートの下地を乾燥させてから次の工程に移ります。
次はプライマーの塗布です。プライマーは下地と防水層をしっかりと密着させるための塗料です。この防水工事で立ち上がり壁まで防水するので、外壁との取り合い部から刷毛でプライマーを塗布していきます。
熊取町のベランダにプライマーをムラなく塗布します
プライマーをローラーにたっぷりと染み込ませて、床面全体に塗布します。
プライマーは下地に防水層を密着させる働きがあるため、薄塗りの部分があったり、塗り残しがあるとその部分だけ密着力が弱くなり、後の剥がれの原因になることがありますので、ローラーを何度も転がして丁寧に塗布することがポイントです。
熊取町のベランダにプライマーが乾ききる前にウレタン樹脂を塗布します
立ち上がりの壁から床にかけてプライマーを丁寧に塗布しました。
これで、防水層を形成する準備が整いました。プライマーは完全に乾いてしまうと接着力が低下してしまいますので、乾ききる前にウレタン樹脂を流しこみます。
熊取町のベランダの立ち上がりの壁と笠木も防水層で覆います
立ち上がりの壁とその上にある笠木(手すり壁などの上部の仕上げ)が劣化してひび割れなどが生じると、雨漏りの原因になることが多いので、この部分も防水材で包み込んでしっかりと防水します。
熊取町のベランダの床面にもウレタン樹脂を均等に塗布します
床面にもウレタン樹脂を塗布します。
ウレタン樹脂は液体状ですので、立ち上がりの壁から床にかけて継ぎ目なく防水層を作ることができます。また、段差が数多くあるなど、複雑な箇所にも施工できる万能な防水材です。
熊取町のベランダに2回塗り重ねました
ウレタン樹脂は液体状ですが、乾燥すると弾力のある防水層(ゴムのようなイメージ)になります。ベランダを防水層で包み込んで雨水が内部に浸入するのを防ぎます。立ち上がりの壁まで防水することで、プールのような形状になり、雨水をベランダの外側でシャットアウトすることができます。
丈夫な防水層を形成するには、ウレタン樹脂に規定の厚みが必要です。厚みを持たせるために、1回目を塗布した後に乾燥させて2回目を塗り重ねて厚膜に仕上げました。
熊取町のベランダにトップコートを塗布します
ウレタン樹脂2回目の塗布後、乾燥させてからトップコートを塗布します。
ウレタン樹脂は紫外線に晒され続けると急激に劣化してしまうため、守ってあげないといけません。トップコートで覆い、紫外線が直接あたるのを防ぎます。
熊取町のベランダを紫外線から防水層を保護します
床面にもトップコートを塗布します。
実は、ウレタン樹脂は乾くとゴム状になりますが、ネバネバしているので上を歩くことができません。また、粘着力があるのでホコリやごみもくっついてしまいます。トップコートは防水面の上を歩行できるようにする役割もあるのです。
熊取町のベランダ防水完了です
トップコートを全面に塗布して防水完了です。
トップコートは永久的に使用できるわけではなく経年で必ず傷んできます。トップコートの劣化が進んで割れや剥がれの症状が出てくると、そこから紫外線が差し込み防水層を傷める原因になりますので、今後は定期的にトップコートの塗り替えが必要です。防水層が傷む前にトップコートを塗り替えてメンテナンスしておくと、トップコートのみの費用で済みますが、劣化が進んで防水層が傷むと今回のように一から防水層を形成する工事を行わにといけません。
雨漏りを防止するためにも、ベランダのメンテナンスを行いましょう。


この工事の現場ブログ

熊取町のベランダを防水します

2019/12/04/ 熊取町で雨漏りが再発しベランダを防水することになりました

熊取町のベランダ防水のご紹介です。S様邸は2018年9月に発生した台風21号で1階のお部屋の窓の上から雨漏りが発生しました。その時に初めてご相談をいただき、雨漏りの原因の可能性がある窓の上の外壁や庇の取り合いなどに発生したクラック(ひび割れ...........

熊取町の1階リビングの窓枠から雨漏り発生

2019/06/07/ 熊取町の1階の窓からの雨漏り修理でクラックにシーリングを充填

熊取町の雨漏り修理のご紹介です。台風21号で1階の窓の上から雨漏りが発生したとのご相談で現地調査を行い、窓の上に発生したクラック(ひび割れ)補修や目地シーリングの打ち替え、庇の取り合いのシーリング打ち替えなどを行いました。

熊取町のベランダのひび割れにもコーキングを充填

2019/12/05/ 熊取町のベランダにウレタン防水材を塗布して雨水の浸入を防ぎました

熊取町のベランダ防水で防水層の形成の様子をご紹介します。S様邸は去年の台風で1階のお部屋で雨漏りが発生し、その時のご相談で雨漏りの原因の可能性がある外壁のひび割れ補修などを行いました。約半年の間、強風を伴う雨に何度も見舞われることがありまし...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市のベランダを防水します

泉大津市のベランダ防水工事です。Y様邸は以前から時々、ベランダの下にある洋室の天井に雨漏りされていました。ご自身で修理しながら様子を見られていましたが、台風でひどくなったのでご相談をいただきました。Y様邸のベランダは防水層の上に保護モルタル...........

泉大津市の雨漏りのご相談

泉大津市のY様邸の雨漏りの現地調査です。以前からベランダの下にある洋室の天井に雨漏りしていたのですが、雨漏りする時としない時があり様子を見られていたそうです。台風の時に雨漏りがひどくなり、ご相談をいただきました。

熊取町の台風被害のご相談

熊取町の台風被害箇所の現地調査です。「台風で屋根の板金が浮いているのを見つけた」とのことでご連絡をいただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747