オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市で屋根を守る田島の改質アスファルトルーフィングを使用


岸和田市の耐震工事に伴う屋根葺き替え工事で今回は、改質アスファルトルーフィング敷きや水切り板金、谷樋の取付の様子をご紹介します。
既存の瓦や屋根の葺き土を撤去し、野地板を上張りして強い下地を設置しました。その上に改質アスルーフィングという防水シートを敷きます。
岸和田市で屋根の形状に合わせて野地板を張りました
前回の記事(下のリンクよりご覧になってください)で、既存の瓦と葺き土の撤去及び野地板張りの様子をご紹介しました。
野地板が傷んでいると屋根材を真っすぐに葺くことができないですし、せっかく葺いた屋根の耐久性も低下してしまいます。そのため、野地板の入替や上張りは屋根を長持ちさせるためにも重要な工程です。
岸和田市で使用するゴムアスルーフィングです
上張りした野地板の上に、改質アスファルトルーフィング(ゴムアスルーフィングとも言います)を敷いていきます。

改質アスファルトルーフィングは、アスファルトにポリマーなどを加えて防水性を向上させた耐久性のある防水材です。
薄いシートですが、屋根を雨からしっかりと守ってくれます。
岸和田市でゴムアスルーフィングを下から順に敷いていきます
改質アスファルトルーフィングを軒先から順に上部に重ね代をとって敷いていきます。
棟(屋根の頂部)から敷いていくと雨水を受ける形になりますので、雨漏りや野地板が腐食する原因になります。
使用したのは田島の改質アスファルトルーフィングです。

岸和田市の下屋にもルーフィングを敷きます
下屋にも同じように改質アスファルトルーフィングを敷き、しっかりと防水します。
T様邸は庇も瓦葺きでしたが、今回の工事でガルバリウム鋼板という錆に強い鋼板に葺き替えます。庇も防水しないといけないので、このルーフィングを使用しました。
岸和田市のルーフィング敷き完了です
屋根全体に改質アスファルトルーフィングを敷きました。
ルーフィングはただ敷いているだけでなく、タッカーという工具で釘留めしています。タッカーは、分かりやすく言うと木工や建築用のホッチキスのようなものです。ホッチキスの針と同じコの字型の釘を打ち込んで使用します。
改質アスファルトルーフィングは追従性がありますので、タッカーで打ち込んだ釘に密着して密閉してくれます。
雨水の浸入を防止するのがルーフィングの役割、すなわち屋根を水から守っているのもルーフィングなのです。ですので、屋根材が破損しても下に敷いているルーフィングが傷んでいなければ雨漏りすることはありません。逞しい存在ですね。
岸和田市で使用する屋根材と板金
続いて、屋根で使用する資材を荷揚げします。

写真は、棟や軒先、谷樋などの板金とコロニアルグラッサという屋根材です。
屋根が葺ける状態になったのでこれらを荷揚げして作業を進めます。
岸和田市で昇降機で荷揚げします
屋根の解体時にはクレーン車を横付けしましたが、この先は昇降機という電動梯子を使用して荷揚げや荷下ろしを行います。
梯子に架台がついているので、そこに資材を積み込んで屋根まで荷揚げします。重い屋根材を手で運ぶとなると危険ですしとても時間がかかってしまいます。
岸和田市の屋根に屋根材を並べます
T様邸で使用する屋根材はケイミュー株式会社のコロニアルグラッサです。
厚みが5mm前後の、板状の薄い屋根材で、化粧スレート、カラーベストとも言います。一束ごとに屋根全体に広げて配置します。
岸和田市で軒先水切りを取付けます
屋根材を葺く前に、先に取付けないといけないのが軒先水切りや谷樋です。
写真は軒先水切りを取付けている様子です。
軒先水切りは文字通り、軒先に伝ってきた雨水が内部に浸入するのを防ぐためのもので、雨水が溜まらず下に落ちる仕組みになっています。水切りがないと雨水が染み込んで野地板が腐食する原因になります。
岸和田市の谷樋を取付けました
谷樋も取付けました。
谷樋とは屋根の谷部分に取り付ける雨樋のことです。
谷部分には二つの屋根からの雨水が集中するため、雨漏りなどの弱点になりやすい箇所です。錆に強くて耐久性のあるガルバリウム鋼板の谷樋なので、錆による穴あきの心配はありません。
岸和田市の棟の頂点を墨出しします
谷樋とは逆の形状である棟は、二つの屋根がぶつかる山状の頂点部分です。
屋根の取り合いになりますので、その形状に合わせて屋根材を加工しないといけません。先に、棟の位置を墨出しして屋根材を葺く準備をしました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の屋根に屋根材や板金を荷揚げ

泉佐野市の屋根葺き替え工事でスレート葺きの様子をご紹介します。H様邸で使用するのはケイミュー株式会社の「コロニアルグラッサ」です。前回までに既存の屋根の解体・撤去や野地板とルーフィング施工の様子をお伝えしました。H様邸は2階の天井の広範囲で...........

泉佐野市の瓦をめくると棟の土が濡れていました

泉佐野市の屋根葺き替え工事の中の野地板張りとルーフィング敷きの様子をご紹介します。H様邸は2階の和室の天井や階段室の天井に雨漏りが発生し、棟(屋根の頂点の水平部分)から雨水が浸入している形跡があったので、雨漏りを完全に止めるために屋根を葺き...........

泉佐野市の大屋根のみを葺き替えます

泉佐野市の屋根の葺き替え工事で既存の屋根の解体の様子をご紹介します。H様邸は2階のお部屋の天井の広範囲で雨漏りが発生し、雨漏りを完全に止めるために大屋根(一番高い屋根)を葺き替えることになりました。足場を全周に設置し、昇降機を足場にくくり付...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747