オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の木製テラスの波板張替えやフェンス・バスリブの交換!


熊取町の波板張替えとその他改修工事です。T様邸は木造2階建てで築年数が約90年を超えています。数年前から1階のお部屋に雨漏りが発生していて、最近、台風や大雨が多いので心配されて修理のご相談がありました。雨漏り修理では劣化が進んでいた下屋と離れの屋根を葺き替えることになり、同時にご相談があったテラスの波板の張替やお風呂の天井板の張替、裏の敷地の境界に設置されている傷んだ目隠しフェンスの交換、水槽の撤去なども行います。この記事では波板張替えやその他の修理の様子をご紹介します。既存の波板は塩ビ製で、色が変色して割れている箇所がありました。同じ塩ビ波板に張替ても何年か後にはまた変色や変形などの劣化症状が出てきますので、耐用年数が長いポリカ波板に張り替えるご提案になりました。ポリカ波板に張替え、屋根の下が明るくなり気持ちよくご使用いただけるようになりました。
熊取町の波板を張り替えます
T様邸は玄関横に木製のテラス屋根があり、波板を張っていて、経年で波板が変色して数カ所で穴があいていました。

既存の波板は塩ビ製(塩化ビニール製)の波板です。
塩ビ製の波板は年数が経つにつれて硬くなり、柔軟性が失われていきます。そうなると、非常に割れやすくなり、物がぶつかったり強風を受けた時に割れてしまいます。「猫が喧嘩をして波板の上に落ちてきて大きな穴があいてしまった」というご相談もいくつかいただいたことがあります。
塩ビ波板は安価で扱いやすいことから昔は多くの住宅で使用されていましたが、経年で割れやすくなり、変形や変色により見た目が悪くなってしまいますので、現在はそのような劣化症状が少ないポリカ波板が主流になっています。
熊取町の既存の波板を撤去しました
T様邸のテラスは木製です。事前の調査でテラス本体の木部の劣化や耐久性に問題が無いことを確認したので、波板の張替のみのご提案をさせていただきました。木製のテラス本体の劣化が進み強度が低下している場合は、補強や本体の入替のご提案になります。
熊取町の塩ビ製の波板です
既存の波板を剥がしました。

塩ビ製の波板は紫外線の影響で、劣化すると非常に割れやすくなり、波板を剥がす時に手で簡単にバリバリに割れてしまうこともよくあります。劣化が進むとそれくらい強度が低下してしまう波板なので、塩ビ製の波板を採用した場合は、ポリカ波板よりもメンテナンス時期が早くなります。
熊取町で使用するポリカーボネート製の波板です
新しく使用するのはポリカ波板(ポリカーボネート)です。

ポリカ波板は比較的安価で、衝撃に強い波板です。強度がある上に加工する時にハサミでカットできるとても優秀な建材です。また、透明度が高いので暗くなりがちな屋根の下も明るさを確保できます。
熊取町のテラスの波板を端から順番に貼りました
ポリカ波板を端から順に重ね代をとって張りました。

波板の山になっている部分で固定しないと雨水が入ってしまうので、山部分に下穴を開けてからビスでしっかりと固定しました。また、波板が重なる部分は波板の山がふた山半以上になるように重ねないと継ぎ目から雨水が漏れてしまいます。
熊取町の波板を木下地用のビスでしっかりと固定
T様邸のテラス屋根は木製ですので、無い板を固定する際には木下地用のビスを使用しました。ビス頭から雨水が入らないように四角い座金が付いたビスです。

テラス屋根は木製、アルミ製、鉄製と種類があり、波板を固定する時には下地に合ったフックやビスを使用しないといけません。
熊取町の屋根の下が明るくなりました
波板の張替完了です!

既存の波板は変色して見た目にも古い印象を与えていましたが、透明度の高いポリカ波板に張替て美観性が向上して屋根の下も明るくなりました。
ポリカ波板は耐用年数が長く変色や変形も少ないので以前よりも長くご使用いただけます。
熊取町の劣化した波板
熊取町の波板の骨組みを補強
T様邸はこの工事で家の裏側の下屋と離れの屋根を葺き替えました。下屋と離れの屋根の間には木製の骨組みの小さな波板屋根があり、その波板も割れて雨水が入ってきている状態でした。屋根を葺き替えてきれいになった分、部類波板屋根が目立ちますし、せっかく雨仕舞が良くなったのに波板屋根の雨水が漏れていると元も子もありません。ですので、同時に波板を張り替えることになりました。

波板屋根の本体が傷んで強度が低下していたので、補強の木材を設置してから波板を張り替えました。波板屋根の軒先に取り付けてた雨樋も破損していたのできちんと交換しています。
熊取町の水槽を撤去
同じ家の裏側に、お隣との境界に建てられていた目隠しフェンスが傷んでぐらついていたので、台風で倒れないように交換することになりました。工事をする際にフェンスの手前に置いているFRP素材の大きな水槽があると作業できないというご相談をすると、もう使用していないので水槽の撤去・処分もしてほしい、とのご依頼がありました。
熊取町でアルミ製のフェンスを取付け
先に水槽を切断して撤去し、廃棄処分してからフェンスの入替を行いました。

フェンスを建てる部分の地面の湿気が多かったので、柱を建てる際に深く掘り下げてセメントできちんと固定させていただきました。
アルミ製のフェンスを採用し、見た目もスッキリしましたね!
24444dc6898334476570f60b2e930920-columns1
「浴室の天井のパネルが波打ってるんです」とのご相談もいただき、この工事で張り替えました。

T様邸の浴室は在来のタイル張りで、天井にはバスリブという専用のパネルを張っています。バスリブも塩ビ製ですので、経年で変形している状態でした。「お風呂に気持ちよく入れるように」と、新しいパネルに張り替えて、浴室内も明るくなりました。

「屋根を葺き替えたのでもう雨漏りの心配をすることが無くなったし、お願いした部分すべてを丁寧にきれいにしてくれて嬉しいです。ありがとうございました」
工事後のT様の声です。

こちらこそ、工事中は大変お世話になりました。可愛いわんちゃんにもとっても癒されました。また何か気になることがありましたお気軽にご相談くださいね。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根のことはもちろん住まいのことでお困りのことがありましたらご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

阪南市の強風で飛ばされた波板の張替でポリカ波板を採用しました

阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板
阪南市のテラスの波板張替え後
工事内容
その他の工事
台風
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック・シーリング他
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約11万円(税込み)既存波板撤去・処分費用含む
施工事例

泉南市男里の劣化した軒天井板の貼替・修理工事

泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
工事内容
その他の工事
使用素材
軒裏天井用化粧合板
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
工事費用
約20万円(税込)
施工事例

高石市千代田のベランダの波板が飛んで不便だったので張り替えました!

高石市千代田の二階ベランダの飛んでしまった波板現況
高石市千代田の二階ベランダのテラス波板張替え完了
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック
築年数
建坪
保証
工事費用
約4.8万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の台風被害のご相談

泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりを...........

熊取町の雨漏りのご相談

熊取町にお住いのT様より雨漏りのご相談があり現地調査にお伺いしました。T様邸は築90年くらいの木造・2階建てで、40年ほど前に大屋根(一番高い屋根)を葺き替えたそうです。以前から下屋の下にある和室や土間の天井で雨漏りしていて、最近台風や大雨...........

泉大津市の外壁の塗膜が剥がれています

泉大津市の外壁塗装です。K様邸は台風で外壁の塗膜が一部剥がれ、軒天井も落ちかかってしまい、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。外壁にはパネルを張っていてその上に塗装をかけて仕上げている形状です。外壁の目地部分の塗膜が浮いてきてい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747