高石市で雨漏りが発生し屋根葺替えや外壁塗装、防水工事を行います!


高石市の2階の天井で雨漏りしています
高石市にお住いのK様より「大雨が続いた日に2階の天井に雨漏りの跡が付いていて、天気のいい日に小屋裏を確認したら、日差しが入ってきているのが見えたんです。家自体が古くなってきているし、この機会に屋根を葺き替えようと思っているので相談にのってもらえませんか?」とご相談いただき、現地調査にお伺いしました。

K様邸は築50年の住宅で、土葺きの瓦屋根です。
大阪北部地震が発生した時に、重い屋根が心配になり、今後安心して暮らせるように屋根の葺き替えをご検討されていました。
高石市の玄関の天井にも雨漏り発生
この写真では分かりにくいですが、雨漏りは玄関の天井にも発生していました。

この玄関の上にはベランダがあり、メンテナンスをしていないとのことで、ベランダの防水もご検討されていました。
ベランダは外部に面していますので、屋根と同様に雨や風、紫外線などの影響を受けて日々劣化しています。ベランダから雨水が浸入しないように防水を施していますが、その防水が切れたり傷んでくると雨漏りの原因になります。
高石市の小屋裏を確認しましたが問題ありません
雨漏りに気づいた後、小屋裏を確認したら日差しが入ってきていて、欠陥住宅ではないのかと心配されていました。
築50年を過ぎる住宅で、土葺きの屋根の場合、経年劣化でどうしても瓦がズレたり、下地の土が流れたりして僅かな隙間が開いてしまうことがあります。また、下に防水紙を敷いていれば雨漏りすることはないのですが、防水紙が敷かれていないことがあります。また、防水紙を敷いていても、その防水紙が破損していると雨漏りすることがあります。
少しややこしいのですが、防水紙を敷いていなくて屋根に隙間が見えても雨漏りしない場合もあるのです。このことから、雨漏りは風向きや雨の量などが大きく影響していると言えます。

小屋裏を確認させていただきましたが、梁や柱などの重要な木部は腐食していなかったので安心していただいていいでしょう。
高石市の屋根を葺き替えます

こちらが屋根の状態です。
一見何ともないように見える屋根で雨漏りの原因を明確に見つけることは困難です。
その場合、怪しい箇所をひとつひとつ潰して(修理して)いくしかありません。
今回は、屋根を葺き替えることになり、屋根自体が新品になるのと同じですので雨漏りの心配が無くなります。
高石市の棟の内側に雨水が浸入

K様邸の屋根で雨漏りの原因の可能性が高い箇所を参考にご紹介します。
それは屋根の棟部(屋根の頂点にある水平部分)です。
写真は棟の下にある地瓦の様子ですが、茶色い筋が入っているのが分かります。これは、棟の中に侵入した雨水が土や瓦を固定している銅線のアクと一緒に流れ出ていることを表しています。棟の中に雨水が入るということは、瓦の内側に雨水が流れることになりますので、屋根の高い位置から入った雨水が下に向かって伝っていき、傷んだ箇所から部屋内に浸入します。
高石市の外壁にクラックが発生
屋根を葺きかえる時に作業用の足場を設置しますし、外壁の塗り替え時期にきていることから、同時に塗装も行うことになりました。

外壁にはクラック(ひび割れ)が発生していました。
このように横方向に走るクラックは、外壁を伝ってきた雨水を受ける形になりますので壁の内側に雨水が廻る可能性が高いと言えます。(ひび割れの大きさにもよります)
高石市の誘発目地が割れています
また、外壁の誘発目地も割れていました。
誘発目地とは、クラックが発生しそうな個所にあらかじめ目地を設けて、そこにクラックを集めるためのものです。
誘発目地にクラックが集中するので、他に発生しにくくなる仕組みです。
割れた誘発目地はそのままにしておけないので、動きに追従するシーリングを充填して防水します。
高石市の外壁のチョーキング
外壁の塗装はチョーキングを起こしていました。
「チョーキング」とは、塗膜の劣化のサインで、外壁を手で触ると白くなる現象です。
これは劣化した塗膜が粉状になって素地から剥がれてきていることを表しています。チョーキングを起こした塗膜は、雨水を弾いてくれないので、外壁に雨水を含むことになり劣化を進めてしまいます。
塗装の際には、高圧洗浄でこの浮きあがってきている塗膜も洗い落とし、塗装面をできるだけきれいに整えます。
高石市のテラスの波板が飛散
テラスの波板の張替えも行います。
強風で波板が大きく飛散し、ベランダに雨水が直接あたっている状態でした。
このままでは見た目も悪いですし、洗濯物を干す時にも不便ですね。
新しい波板は既存の波板よりも割れにくく丈夫なので長持ちします。
高石市のベランダを防水します
ベランダの防水も行います。
冒頭でお伝えしましたが、このベランダの下にある玄関天井で雨漏りしているので、しっかりと防水しないといけません。
防水方法はウレタン防水で、床面や立ち上がり部にゴム状の防水層を形成して雨水の浸入を防ぎます。
雨漏りを放っておくと、重要な木部が腐食したり、カビの発生で人体に悪影響を及ぼすことがあります。また、湿った木部は白蟻が好みますので、被害に遭ってしまいます。
雨が降るたびに雨漏りするようでしたら放置せず必ず処置しましょう。

街の屋根やさん岸和田店は、雨漏りの調査・修理も承っておりますので、雨漏りでお困りの方はお気軽にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市上松町のスレート瓦の屋根葺き替え工事 

岸和田市上松町でスレート屋根の葺き替え工事着工
岸和田市上松町の屋根スレート瓦の下屋部分の葺き替え作業完了
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
スレート瓦コロニアルクァッド
築年数
築30年
建坪
約60坪
保証
工事費用
約182万円(税込)
施工事例

岸和田市土生町で屋根の洋瓦(エアルーフフレンチ)葺き替え工事

岸和田市土生町で屋根の洋瓦葺き替え工事
岸和田市土生町で屋根の洋瓦葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
エアルーフフレンチ
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
20年間
工事費用
約170万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

高石市千代田のベランダの波板が飛んで不便だったので張り替えました!

高石市千代田の二階ベランダの飛んでしまった波板現況
高石市千代田の二階ベランダのテラス波板張替え完了
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック
築年数
建坪
保証
工事費用
約4.8万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

高石市の屋根に野地板設置完了です

高石市の屋根葺き替え工事のご紹介です。前日、既存の瓦と葺き土の撤去からゴムアスルーフィング張りまでの様子をご紹介しました。(上の写真はその時の様子です)今回は、屋根材を葺いている様子をご紹介します。K様邸は土葺きの瓦屋根でしたが、雨漏りが発...........

高石市の足場を組み立てます

高石市で大雨の日に雨漏りが発生し、今後の地震にも備えたいとのことで屋根を葺き替えることになりました。土葺きの重い瓦屋根からカラーベストに葺き替えるので、建物の重心が下に下がり、地震の揺れが発生した時に重い屋根よりも安定して有利になります。今...........

岸和田市の雨水の浸入を防ぐルーフィングです

岸和田市の屋根葺き替え工事で前回までに、屋根の下地の構造用合板の設置とルーフィング敷きまでをご紹介しました。今回はその続きで、屋根の瓦葺きをお伝えします。既存の瓦は洋瓦で、新しく使用する瓦はカラーベストコロニアル・グラッサです。