オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊取町で天井にポタポタと雨漏りが発生しコーキングで応急処置


熊取町の雨漏りの応急処置のご紹介です。
T様よりご相談のお電話をいただき、先日降った大雨の時に2階のお部屋の天井に雨漏りが発生し、雨水がポタポタと落ちてるので見にきてほしいとのことでした。
熊取町の雨漏りの現地調査です
台風の時に他のお部屋で雨漏りが発生し、その時に応急処置をしてそのお部屋の雨漏りは止まったのですが、今度は別のお部屋で雨漏りしてしまいました。「雨漏りが止まるなら、簡単な応急処置でいい」とのご希望で、水が入りそうな箇所にコーキングを充填して防水する処置を施すことになりました。
熊取町の2階の洋室の天井に雨漏りしています
雨漏りしている2階の洋室の天井です。点々と雨染みが残っていました。ここから雨水がポタポタと落ちてきたそうです。

雨漏りは建物のあらゆるところから浸入します。「久しぶりに押入れの天袋をあけたら雨漏りの跡があった」というご相談も少なくありません。雨漏りを長い間放置し、天井板が腐食したり内部の構造部が傷んで建物の耐久性が低下していることもあります。
熊取町の屋根にズレや割れなどはありません
T様邸の屋根はオレンジの釉薬瓦です。釉薬瓦とは、粘土を瓦の形に形成し、表面に釉薬というウワグスリをかけて焼いた瓦のことです。ウワグスリをかける工程で青や緑、茶色など色を付けることができます。

屋根に上がって確認すると、瓦のズレや大きな浮き、割れなどはなく、通常なら雨水が入らない状態でした。お話をお聞きすると、雨漏りしたのは雨の量が多いときだった、とのことです。

熊取町の棟の冠瓦の穴
瓦のズレや割れの他に、問題がある可能性があるのは「棟」部分です。
棟とは屋根と屋根との頂点の水平部分のことです。屋根同士の取り合いになりますので、必ず隙間ができることから、そこから雨水が入らないように瓦を積み上げるなどして防水しています。棟の仕舞は使用される屋根材によって異なりますが、T様邸のように陶器瓦の場合は、のし瓦という四角い瓦を積み上げて軒先方向に雨水が流れるように勾配を付けて、一番上に冠瓦を固定していることがほとんどです。棟は屋根の面よりも突き出ていますので風や地震の影響を受けやすく、銅線やステンレス線を通して固定するのですが、T様邸は冠瓦にあらかじめ開けられている穴に銅線を通さず固定しており、穴がむき出しの状態でした。雨の量が多いときはこのように小さな穴からも雨水が入ってしまいます。
熊取町の棟の内側に雨水が入った形跡があります
棟の中に雨水が廻っている形跡もありました。
黄色い矢印部分の黒い筋は、どこからか雨水が慢性的に棟の内側に浸入し、瓦の隙間から出てきていることを表しています。この黒い筋は、棟を固定している銅線が変色して雨水と一緒に流れ出ている跡です。以前から雨水が棟の内側に浸入し、銅線が変色している状態を表しています。
熊取町の棟に雨水が最近入った形跡もあります
雨漏りしているお部屋の上にある屋根面にも先ほどと同じように棟の内側に水が廻った形跡がありました。
よく見ると、まだ銅線のアクは出ていませんが、筋ができています。これを何度も繰り返すと、雨水と一緒に銅線の色が流れ出て黒い筋になってきます。このように棟の中に水が廻った形跡を見つけても、雨漏りが部屋内に出てこない場合がありますが、他に原因がありませんので、棟を重点的に応急処置することになりました。
熊取町の冠瓦の穴にコーキングを充填して穴を塞ぎます
棟を解体し積み直す工事は費用がかさんでしまいますし、簡単な処置で、とご希望されていましたので、雨が入っている可能性がある棟の冠瓦の穴にコーキングを充填して防水させていただきました。
熊取町の冠瓦の継ぎ目にもコーキングを充填します
棟の冠瓦の継ぎ目からも雨水が入ることがありますので、継ぎ目にもコーキングを充填して防水しました。
棟瓦の取り合いの隙間をコーキングですべて埋めてしまうと、万が一棟の中に雨水が入った時に抜ける道が無くなり溜まって、かえって雨漏りする危険性がありますので要所要所に充填させていただきました。
熊取町の雨漏りの応急処置完了
コーキングを充填し、雨漏りの応急処置完了です。
その後、大雨が何度か降りましたが、雨漏りされていない、とのことで良かったです。

雨漏りを放置し続けると建物の耐久性が低下したり、カビの発生で健康に悪影響を及ぼす可能性もあります。雨が降るたびに同じところから雨漏りするようでしたら、きるだけ早急に業者に見てもらい、必ず修理しましょう。
街の屋根やさん岸和田店は雨漏りの現地調査、お見積り、修理を承っておりますのでお困りの方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

泉佐野市の陸屋根のドレン周りから雨水が浸入!応急処置しました!

泉佐野市のドレン補修前
泉佐野市のドレン補修後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シールプライマー、シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
なし
工事費用
施工事例

泉佐野市の雨漏り修理でパラペットの笠木を交換しました!

泉佐野市の台風で剥がれた笠木
泉佐野市の台風で剥がれた笠木の交換
工事内容
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板 シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約16万円 笠木交換費用・・11.2万円(それぞれ税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の樋掃除・雨樋が詰まるとどうなるの

泉佐野市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。雨樋から水が溢れてお困りの方はいませんか?雨樋から雨水が溢れてバシャバシャと大きな音をたてて気になっている方もいるかもしれません。雨樋から水が溢れる主な原因は「雨樋の詰まり」「雨...........

貝塚市の家事室で雨漏りしているとのご相談

貝塚市にお住いのO様より「雨漏りか水漏れか分からないんですが、1階のところから水が出てくるんです」というご相談をいただき現地調査にお伺いしました。雨漏り、水漏れ、どちらにしても天井から水がポタポタ落ちてくると気持ちがいいものではありません。...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747