岸和田市で台風で雨漏りが発生し、めくれた屋根瓦を並べ直して処置!


岸和田市の雨漏りの現地調査
岸和田市のR様より「台風で雨漏りしてるんです。ベランダの防水も考えてるので見に来てもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。
1階のお部屋と2階のお部屋の天井に雨漏りが発生しており、屋根の点検もまだ行っていないので応急処置もしていないとのことでした。

台風で急に雨漏りが発生し、どうしていいのか分からずお困りの方がたくさんおられました。
雨漏りすると、雨が降るたびに心配ですし、気が気じゃないと思います。更に雨漏りは、カビの発生や建物の重要な部分を腐食させるなど、いい影響を与えません。
岸和田市の1階のお部屋で雨漏り
雨漏りのご相談では、まず初めに、可能であれば雨漏りしている箇所を確認させていただきます。
この写真は1階のお部屋の天井に発生した雨漏りで、雨漏りしている位置からおおよその原因を予測して調査します。
この上にはベランダがあるので、ベランダの防水に問題がある可能性が高いです。
岸和田市の2階の押入れの天井にも雨漏り発生
2階の和室の押入れの天井にも雨漏りしていました。
この押入れは、1カ所だけでなく、全体的に雨漏りしているようで、数か所に雨染みがありました。

2階のお部屋の天井の雨漏りは、上が屋根の場合、屋根に問題があることがほとんどです。
岸和田市のベランダの防水が傷んでいます

1階で雨漏りしていたお部屋の上にはこちらのベランダがあります。
R様も、雨漏りの原因がベランダにあるとお考えで、ベランダの防水をご検討されていました。

ベランダは外部にあり、建物に付帯している部分なので必ず防水を施しています。その防水が劣化してくると雨漏りの原因になることが多いです。
R様邸のベランダは、ひび割れやトップコート(表面の塗装)の剥がれなどがあり、防水のやり替えなどのメンテナンスが必要でした。
岸和田市の屋根の瓦がめくれています

台風で雨漏りが発生し、その後屋根の上を点検していないということで、とても心配されていたと思います。
屋根に詳しい担当の者がしっかりと調査をしました。

屋根にあがると、瓦が大量にめくれ上がっている状態でした。
昔の屋根は瓦を下地の土で固定していますので、下地の土が乾いて痩せてくると、風や地震の揺れでズレやすくなってしまいます。
岸和田市の屋根の土が雨に流されてしまいます
瓦がめくれて下地の土がむき出しになっていました。
このまま放っておくと雨が土に直接あたって少しづつ流れてしまいます。土が流れて少なくなると、瓦を固定している力が弱くなりますので、更にズレやすくなってしまいます。
岸和田市の片方の屋根に被害が集中
屋根全体の写真です。片方の屋根に被害が集中していますね。
瓦のめくれ方や被害状況で、風がどの方向から吹いて、どのあたりを通ったかある程度分かります。
岸和田市の屋根から雨水が浸入して下に伝っていきます
屋根の棟(屋根の一番高い位置の水平部分)のすぐ下の瓦が割れている箇所がありました。

瓦が割れると、そこから入った雨水が軒先に向かって流れていきます。その流れていく過程で部屋内に雨漏りするので、屋根の高い位置で被害がある場合、雨漏りのリスクが高くなるので注意が必要です。
岸和田市の鬼瓦がズレています
鬼瓦も1か所外れかかっていました。
鬼瓦は針金と漆喰で固定していますが、針金が切れたり漆喰が剥がれてくるとズレてしまいます。
今回の台風でも、鬼瓦が下におじぎしているのをよく見かけました。
復旧工事では、丈夫なステンレス線で固定し、漆喰も塗り直します。
岸和田市の割れた瓦をくっつけます
雨漏りがひどいので、急遽応急処置を行うことになりました。
雨漏りいている付近の屋根で瓦が割れている箇所があったので、コーキングで繋げました。
岸和田市のズレた瓦を並べます

めくれあがった瓦を1枚1枚並べ直します。
瓦の隙間にしっかりと差し込みますが、本復旧工事の時には下地の土も新しくして瓦を固定します。

下地の土は、初めは粘り気があるので瓦を密着できますが、経年で乾燥してくると動きやすくなるので、今回のように強風でめくれてしまいます。
瓦を並べ直すと一見きれいに見えますが、固定している力が強くなるわけではありませんので、下地の土から復旧しないといけません。
岸和田市の屋根の軒先側に欠損部を集中させました

めくれ上がっていた瓦を上から順番に並べました。
瓦が数枚割れていたので、どうしても欠損してしまう箇所が出てきてしまいます。軒先側に欠損部分を集めておくと、雨漏りのリスクが低くなりますし、万が一雨漏りしても部屋内には入りにくいのでこの方法をとらせていただきました。
岸和田市のテレビのアンテナを固定

R様邸は建物がふたつあり、被害があった建物ではない方のテレビのアンテナがベランダの手すりに取付られていました。
台風で、アンテナが飛びそうになって怖かったのできちんと固定してほしいとのご依頼もありました。

冒頭でもお伝えしましたが、雨漏りはカビの発生など建物にとって悪影響を及ぼしますので、放置せず必ず処置しましょう。

街の屋根やさん岸和田店は、雨漏りのご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の屋根の調査にお伺いしました

岸和田市で「台風で屋根に被害があったので見てほしい」とのご相談で、現地調査にお伺いしました。O様邸の屋根は化粧スレート(平型の薄い屋根材)で、下から見上げるとケラバの水切り板金が剥がれているのが分かりました。屋根に上がって確認すると、被害は...........

貝塚市のベランダをきれいに清掃します

貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。ベランダは外部にありますので、防水...........

岸和田市の棟板金が飛散

岸和田市の方形屋根の棟板金などの復旧工事のご紹介です。台風21号の強風で、屋根の棟板金がすべてめくれ上がり、下地の貫板も一部飛ばされてしまいました。棟板金とは、屋根の山状になった頂点部分にかぶせる板金のことで、下地の貫板に向かって釘留めされ...........