オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市の雨漏りを確実に止めるために葺き替えのご提案になりました


泉佐野市のH様より「2年前の台風の時に隣の家の瓦が飛んできて1枚割れて、その瓦は自分で修理したんですが、漆喰がポロポロ剥がれてきてるんです。それと、他業者に屋根の上に設置しているソーラーを撤去してもらったんですが、その後から2階の部屋の天井に雨漏りしだしたんです」とのご相談をいただき、屋根の調査にお伺いしました。
泉佐野市の雨漏りのご相談
H様邸は木造の2階建てで、土葺きの瓦屋根です。
お話で聞いていた漆喰の方はそれほど傷んでいませんでしたが、棟から雨水が浸入している形跡がありました。
雨漏りしているのは2階の和室二間と廊下で、広範囲に渡っていることから、雨漏りの原因の可能性がある棟をすべて積み直すか、屋根を葺き替えるご提案になりました。
棟をすべて積み直すにもかなりの費用が掛かりますし、それならと、雨漏りを完全に止めて安心して暮らせるようにと大屋根(一番高い屋根)を葺きかえることになりました。
土葺きの重い瓦屋根から軽いスレートの屋根に葺き替えます。
泉佐野市の和室の天井に雨漏り発生
雨漏りしている和室の天井です。

台風の時には雨漏りしなかったそうですが、屋根に設置しているソーラーを撤去してから雨漏りするようになったそうです。
屋根を点検しましたが、ソーラーの撤去の有無は雨漏りとは関係が無いという見解です。
泉佐野市の天井の広範囲で雨漏りしています
同じ和室で、他にも雨漏りしている箇所がありました。

和室の隅の方と真ん中付近に大きな雨染みが残っています。
同じ部屋で雨漏り箇所が点在している場合、屋根の高いところから浸入した雨水が軒先に向かって流れていく過程で部屋内に出てきた可能性があります。
雨漏り箇所の上には降り棟がありました。
泉佐野市の天井板をめくって確認されたそうです
隣にあるもう一つの和室の天井にも雨漏りしたので、天井板を一部めくって小屋裏を確認されたそうです。

ご自身で小屋裏の中の様子を見たそうですが、何がどうなっているか分からなかったとのことでした。
泉佐野市の階段室の天井でも雨漏りしています
2階の階段室の天井にも雨漏りしていました。

雨漏り箇所が一カ所だけでなく点在していますので、瓦がめくれたり割れるなどの被害が無い場合は、雨漏りの原因をつきとめるのが難しいことがあります。
泉佐野市のいぶし瓦の屋根です!
屋根の上に上がって全体的に確認させていただきました。

H様邸の屋根は下地に土を載せている土葺きの屋根で、使用しているのはいぶし瓦です。
屋根を確認しましたが、瓦の割れやズレなどの目立った被害はありませんでした。
泉佐野市の棟の内側に雨水が廻った形跡があります
水平棟(横方向の棟)を確認すると、棟の内側に雨水が廻っている形跡がありました。

棟とは屋根の頂点の取り合い部のことで、屋根面同士の隙間を埋めるために瓦を積み上げている箇所です。(使用している屋根材によって異なります)
棟の内側に雨水が廻っている形跡とは指をさしている部分の黒い筋のことです。
泉佐野市の屋根全体に雨水が入っている形跡があります
棟の内側に入った雨水が瓦の隙間から出てくる時に、土のアクや瓦の成分などと一緒に出てきますので、それを何度も繰り返しているとこのように瓦の表面に黒っぽい筋が残ります。
瓦の表面だけに雨水が流れている時はこのような筋が残りません。H様邸は屋根面のほとんどに黒い筋が残っており、棟から雨水が浸入している状態でした。
棟の内側には多かれ少なかれ雨水が入ることがあります。慢性的に雨水が入ると、小屋裏まで雨水が染み込んで、更に入る雨水の量が多いと部屋内まで達してしまいます。雨水が入る経路ができてしまうと、その後から繰り返し雨水が浸入し、部屋内に雨漏りしてしまいます。

H様邸完全に雨漏りを止めるために大屋根を葺き替えることになりました。
泉佐野市の谷樋が錆びついています
もう一つ、屋根を葺き替えた方がいいとご提案したきっかけは屋根の谷樋です。
谷樋とは屋根の谷になった部分に設置する雨樋のことで、H様邸の谷樋は劣化して錆ついていました。現状は谷樋に穴は開いていませんでしたが近い将来に錆が進行して穴があく危険性があります。屋根を修理して雨漏りが止まっても将来的に谷樋に穴があくとまた雨漏りしてしまいます。そのような問題を抱えたまま現状を打破するために屋根を部分的に修理してもまた足場を組んで谷樋の交換をしなくてはなりません。ですので、屋根を葺き替えて谷樋も交換して雨漏りしない屋根にする方が安心だと判断して、葺き替えのご提案をさせていただきました。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根工事のご提案をするときに、様々な方向から検討しております。
屋根のことで心配なことがございましたらお気軽にご相談ください。

次は屋根の葺き替えで既存の屋根の解体の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市の雨樋の掃除で屋根の漆喰が剥がれて樋に詰まっていました

泉佐野市の樋に漆喰が詰まっています
泉佐野市の樋を掃除して雨水が流れるようになりました
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング
築年数
築約35年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
3.3
施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の屋根に屋根材や板金を荷揚げ

泉佐野市の屋根葺き替え工事でスレート葺きの様子をご紹介します。H様邸で使用するのはケイミュー株式会社の「コロニアルグラッサ」です。前回までに既存の屋根の解体・撤去や野地板とルーフィング施工の様子をお伝えしました。H様邸は2階の天井の広範囲で...........

泉佐野市の瓦をめくると棟の土が濡れていました

泉佐野市の屋根葺き替え工事の中の野地板張りとルーフィング敷きの様子をご紹介します。H様邸は2階の和室の天井や階段室の天井に雨漏りが発生し、棟(屋根の頂点の水平部分)から雨水が浸入している形跡があったので、雨漏りを完全に止めるために屋根を葺き...........

泉佐野市の大屋根のみを葺き替えます

泉佐野市の屋根の葺き替え工事で既存の屋根の解体の様子をご紹介します。H様邸は2階のお部屋の天井の広範囲で雨漏りが発生し、雨漏りを完全に止めるために大屋根(一番高い屋根)を葺き替えることになりました。足場を全周に設置し、昇降機を足場にくくり付...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747