オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の庭に落ちていた棟板金を再利用してビスで復旧!


工事のきっかけ

岸和田市のS様より台風の後「棟板金と屋根材が庭に落ちていた」というご相談をいただき、スレートの復旧と棟板金の固定工事を行いました。

S様邸は木造・2階建ての住宅で、屋根にはスレートを葺いています。

台風の強風で棟板金が貫板と一緒に飛ばされて、スレートも数枚割れてしまいました。

「既存の板金を再利用してほしい」
とのご希望で、貫板だけを交換し、そこに板金をビスでしっかりと取付けました。

割れたスレートも差し替えた棟板金固定工事の様子を詳しくご紹介しています!!


岸和田市 棟板金交換,台風

ビフォーアフター

before
岸和田市の棟板金飛散
horizontal
after
岸和田市の棟板金取付完了

工事基本情報

施工内容
棟板金交換,台風
施工期間
3日間
使用材料
仮設足場、スレート、貫板(左右4m2本)、既存棟板金加工・固定、コーキング
施工内容その他
築年数
築約21年
保証年数
1年
工事費用
屋根修理費用・約13万円(税込み)足場費用・9.3万円(税込み)
建坪
約18坪
ハウスメーカー
皆さまこんにちは!

街の屋根やさん岸和田店の小南です。

今回は、スレート屋根に取り付けられている「棟板金」を修理した
岸和田市S様邸の事例を詳しくお伝えしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


早速ですが「棟板金・むねばんきん」って、どの部分のことか分かりますか?

まずは「棟板金」について下記の写真を参考にご説明させていただきます。

「棟板金」って何?どこにあるの??

岸和田市の棟板金

●● 棟板金は屋根の「棟」に取り付ける板金のことです ●●

棟とは・・屋根の頂点の水平部分のこと。また、軒先に向かって
斜めに下りる棟を「降り棟」と言います。

棟は屋根面と屋根面がぶつかる取り合いなので、その隙間部分を防水しないといけません。

棟の隙間を塞いで防水し、屋根材を固定する目的で取付ける部材を「棟板金」と言います。

☆ 簡単にお伝えすると、屋根のてっぺんの隙間を塞いでいる金属の部材が棟板金になります。


棟板金と貫板

棟板金は屋根面に直接取り付けられているのではなく、
「貫板・ぬきいた」と呼ばれる長い下地板の上に取り付けられています。

棟板金を屋根面に直接打ち付けると、屋根の下地まで釘が貫通し、
釘頭に雨水が染み込んだ時に下地に廻ってしまいます。

そのため、先に貫板を取付け、その上に棟板金を被せて、貫板に向かって固定しています。

そうすることで、板金を固定している釘が貫板だけにとどまり、なおかつ屋根の
下地まで貫通している貫板を固定している釘は板金で隠されるので雨仕舞のいい屋根になります。

雨仕舞(あまじまい)とは・・雨水が内部に浸入しないように工夫すること


⚠ 棟板金は屋根の隙間を塞いで防水する重要な役割があります!
「棟板金についてもっと詳しく知りたい」という方は下記のリンクからご覧になってください
↓↓↓↓


それでは、岸和田市S様邸の台風で飛散した棟板金の修理工事の様子をお伝えします!


台風の強風で棟板金が飛ばされていました!

岸和田市の棟の板金が飛散!
● こちらが、台風の後に庭に落下していた棟板金です。

台風の後、表に出て周囲を確認すると、大きな板金が落ちていて大変驚かれたそうです。


岸和田市の棟板金は3枚の板金です
● 棟板金は規格サイズが決まっていて、S様邸では3枚の板金を繋げて取付けられていました。

その板金が繋がったままで落ちていました。また、下地の貫板もくっついた状態で飛ばされたので、重量がありとても危険です!


岸和田市の剥がれたスレートが散乱!

● 庭をくまなく確認すると、割れたスレートが散乱していたそうです。

スレートは厚みが5mm程の平らな屋根材で、釘で固定されていますが、スレートの隙間に風が吹き込むと、このように割れてしまうことがあります!

スレートは1枚から差し替えができるのでご安心ください。

岸和田市の棟板金と貫板が飛ばされています

● 屋根に上がって確認すると、降り棟(軒先方向に斜めに下りる棟)の
貫板と棟板金が剥がれていることが分かりました。


◇◆◇ 棟板金が飛ばされるとどうなるの? ◇◆◇

棟板金が剥がれると、棟の隙間がむき出しになるので
「雨漏りするかも!」と心配されている方が多いと思います。

棟板金が剥がれても、下には「ルーフィング」という耐久性のある
防水シートを敷いているのですぐに雨漏りする可能性は少ないといえます。

ですが、屋根を防水しているルーフィングの劣化が進んでいたり破損していると、
内部に雨漏りしてしまいます!業者に相談した後、雨が降った日に天井裏で雨音がしないか確認したり、
天井に雨染みがついていないか確認して様子を見ましょう。


岸和田市のスレートが剥がれています

● 棟板金が飛ばされた部分の際のスレートが飛散していました。

スレートは1枚1枚釘留めされていますが、隙間に台風などの強い風が吹き込むと割れて飛散することがあります。

S様邸の場合は、降り棟の貫板が飛ばされた時に、下にあるスレートが割れて一緒に飛ばされたのでしょう。
(貫板を固定しているビスはスレートを貫通している為)


岸和田市の棟板金が変形

● 降り棟の頂部には水平棟(横方向の棟)との取り合いがあります。

降り棟の板金が強風でめくれ上がったのか、取り合いの水平棟の板金がグニャっと変形していました。

「板金はまだ使えそうなので、再利用してほしい」
というS様のご希望で、取り合い部の板金も形を整えて繋ぎ直すことになりました。


岸和田市の下り棟を防水テープを貼って応急処置完了

● 降り棟とスレートがめくれた部分に防水テープを貼って応急処置しました。

台風直後はお問い合わせが殺到していたので、順番に、調査と修理を進めている状態でした。

S様邸の工事もまだ先になるので、工事着工まで安心してお過ごしいただけるようにきちんと応急処置させていただきました。

S様邸の棟板金とスレートの修理の様子

岸和田市のスレートを復旧しました

● 台風の強風で剥がれてしまったスレートを復旧しました。

スレートは、スレートが重なる部分で釘留めされているので、部分的に交換する場合は釘留めできない場合があります。(釘留めする部分が既存のスレートで隠れている場合)

その場合、シーリング材を充填してスレートを密着させて固定する方法を取ります。

岸和田市の棟に新しい貫板を設置
● 続いて降り棟に新しい貫板を取付けました。

貫板の劣化が進んでいると、棟板金を固定する時に釘やビスが効かないのでしっかりと固定することができません。

次の台風で「また同じ箇所が飛散した!」とならないように、新しい貫板を使用しました。

岸和田市の板金の継ぎ目はコーキングで防水
● 軒先から順番に棟板金を取付けていきます。

飛散した棟板金は3枚が繋がった状態だったので、シーリングを切ってバラバラにしました。

その板金を貫板に向かって横方向からビスで固定します。


岸和田市の棟板金・残りの2枚も復旧完了

● 棟板金をビスで固定し、継ぎ目にコーキングを充填して防水しました。

既存の棟板金は釘で固定されていましたが、この工事で抜けにくいビスで
しっかりと締め付けたのでご安心ください。

板金同士の継ぎ目から雨水が入ると、貫板に水が廻って腐食する
恐れがあるため、コーキングできちんと防水しています!

岸和田市の棟のかき合い部分も防水

● 棟の「かき合い」部分にもコーキングを充填してしっかりと防水完了!

かき合いとは、複数の棟が合流する部分のことです。

形状が複雑で、雨漏りの弱点にもなりやすい部分なので、必ず防水処置しないといけません。

また、コーキングで板金を繋げておくと、板金がバラバラに飛散するのを防ぐこともできます。

・・・・・・・・・・・・・・・・


この施工事例の現場ブログを初めから
↓↓↓↓

工事後のS様の声

岸和田市の棟板金復旧完了

「台風の後、混みあっている中、対応してくれて助かりました。工事まで日にちがかかるのでどうなることかと思いましたが、応急処置をしてもらったので安心して過ごすことが出来ました。感謝しています。ありがとうございました」

屋根は下から見えない分、被害に遭うと心配になると思います。
これからも、何かお困りのことがありましたらいつでも駆け付けますので、お声かけくださいね!

街の屋根やさん岸和田店に安心してお任せください
・・・・・・・・・・・・・・

「棟板金がめくれてる!」

「棟板金が庭に落ちていた」

「棟板金の釘が緩んでいないか確認してほしい」

等、気になることがありましたらお気軽にご相談くださいね。


◆◆ ご相談・点検・お見積りは無料です!どんな小さなことでも構いません ◆◆
↓↓↓↓

お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!

【工事完了後】

岸和田市の棟板金復旧完了
「棟板金を再利用してほしい」というご希望で、飛ばされた棟板金の形を整えて復旧しました。

棟板金の破損がひどい場合は交換しないといけないですが、それほど変形していなくて、見た目を気にしなければ形を整えて再利用することも可能です。

ご希望の通りに孤児を終えることができ、S様にお喜びいただけました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金が浮いているとのご相談

忠岡町で棟板金の固定工事を行いました。お隣の方に「窓から板金が浮いているのが見える」と教えていただき、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり...........

岸和田市の板金が飛散し貫板も割れています

岸和田市の棟板金と貫板の交換工事です。台風で棟板金と貫板が飛散し、スレート(平らな板状の屋根材)も一部剥がれてしまいました。棟は屋根の上部の三角になった取り合い部のことで、二つの屋根面との隙間ができる箇所です。その隙間を埋めて屋根の仕舞をす...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747