オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え


工事のきっかけ

岸和田市の屋根葺き替え工事の施工事例です。N様邸は築50年以上が経過し、屋根の傷みが気になられていました。陶器瓦とスレート(厚さ5mm程度の薄い屋根材)葺きの屋根があり、どちらも平屋建てです。ご相談があったのは陶器瓦の屋根で、軽量の化粧スレートに葺き替えます。工事のきっかけは、2018年に大阪に上陸した強い勢力の台風21号です。その時は雨樋が飛ばされただけで屋根に被害は無かったそうですが「怖い思いをしたので、安心して暮らせるように」と屋根の葺き替えをご決断されました。また、別棟のスレート屋根と、瓦屋根の方を含めた外壁が塗り替え時期にきていたので、この機会に塗装して外装をメンテナンスすることになりました。工事後、お話をお聞きすると「屋根も外壁もすごくきれいにしてもらって、本当にありがとうございます。台風で瓦が飛ばされないか心配だったので、工事して良かったです」と、嬉しいお言葉をいただきました。

岸和田市 屋根葺き替え,雨樋交換,平屋

ビフォーアフター

before
岸和田市の屋根葺き替え前
horizontal
after
岸和田市の屋根葺き替え後

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,雨樋交換,平屋
施工期間
10日間
使用材料
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
施工内容その他
築年数
約50年
保証年数
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
建坪
約45坪
ハウスメーカー
岸和田市のスレート屋根と瓦屋根
N様邸はスレート屋根と陶器瓦を葺いた屋根があります。もともとは陶器瓦の建物だけだったそうですが、後にスレート葺きの建物を増築されたそうです。

屋根を葺き替えるのは陶器瓦の方で、瓦と葺き土を下ろして化粧スレートに葺き替えます。また、スレート屋根と瓦屋根の建物を含めた外壁が塗り替え時期にきていたので、同じ工事で塗装することになりました。
岸和田市の青い釉薬瓦です
葺き替えるのは青い釉薬瓦(陶器瓦)を葺いた屋根です。

粘土を瓦の形に形成し、釉薬という上薬をかけて焼いた瓦のことを釉薬瓦と言い、表面がガラス質の膜で覆われるので無釉薬の瓦よりも耐久性があるとされています。

釉薬瓦はリサイクルできないので、無釉薬瓦よりも廃棄処分費用が高くついてしまいます。
岸和田市の屋根瓦が凍て割れを起こしています
パッと見た感じでは全体的にきれいな屋根に見えますが、調査を進めると数カ所で「凍て割れ」が発生していました。

瓦の凍て割れは「凍害」とも呼ばれていて、字の通り瓦が凍ることによって誘発される被害のことです。
瓦が雨水などの水分を吸いこんで、気温が低い日にその水分が凍って体積が膨張して瓦の内側から割れる現象のことです。
岸和田市の屋根の葺き土が痩せています
土葺きの屋根は、水分を含んだ粘り気のある葺き土を下地にして瓦を葺いているのですが、経年で土が乾燥したり痩せてくると瓦が動きやすくなってしまいます。葺き土の劣化が進んだ屋根の上を歩くと瓦が動いて「カタカタ」と音がします。N様邸の屋根も瓦が動いている傾向だったので瓦を1枚めくって確認すると、土が痩せていました。
岸和田市の下屋はスレートで苔が生えています
瓦屋根の軒先の下には化粧スレートを葺いた下屋があり、表面の塗膜が剥がれて苔が生えている状態でした。

スレートはもともと水分を吸収する性質があるため、表面を塗装して防水性を加えています。塗膜が傷んでくると、スレートが水分を含むようになり、汚れが付きやすくなり、苔も生えやすくなってしまいます。
このスレート屋根は、瓦屋根を葺き替えた後に塗装してメンテナンスします。


岸和田市のスレート屋根は塗装します
増築した建物のスレート屋根の塗膜も劣化して色褪せていました。

この工事で、スレート屋根や外壁の塗装もすることになっていますので、建物全体がきちんとメンテナンスされることになります。スレート屋根や外壁を塗装すると防水性が向上して建物の劣化を遅らせることに繋がります。
岸和田市の足場設置完了
工事で使用する仮設足場を建て物の周囲に設置しました。

N様邸は両方とも平屋建てですが、増築した方の建物は天井高が高いので通常の平屋よりも高くなっています。
屋根の葺き替えや塗装工事では、軒先まで工事範囲がありますので、職人の安全を確保して品質のいい工事をするためにも足場を設置させていただきました。
岸和田市の屋根の瓦をめくります
屋根の葺き替え工事です。

この日は屋根の上に職人が6人、下で1人、クレーン車のオペレーターが1人ついて屋根の解体を行いました。

既存の瓦をめくって解体していきます。めくった瓦は落ちないように屋根の上で重ねて保管し、ある程度たまったらクレーン車で地上に荷下ろしします。

岸和田市の屋根葺き替えでクレーン車で荷下ろしします
N様邸は家の前にクレーン車を配置することができたので、解体した瓦や葺き土の荷下ろしをクレーン車で行うことができました。

家の周囲にクレーン車を配置するスペースが無い場合は、トラックを横付けして、電動梯子を何度も往復させて荷下ろしする方法をとります。
岸和田市の荷下ろしした瓦です
クレーン車のアームの先に吊るしたバケットという鉄の箱に解体した瓦を積みこんで荷下ろしします。
瓦がたくさん入るように細かく割って積み込みました。

この一連の作業を何度も繰り返し、屋根を解体していきます。荷下ろしした瓦は、直接トラックの荷台に積み込み、荷台がいっぱいになったら産業廃棄物処理場まで運びます。
岸和田市の葺き土も撤去します
瓦をめくると、下地の葺き土が出てきます。

葺き土は瓦を葺くためのもので、屋根の上にトン単位の土が載っています。乾燥している葺き土を下ろす際には土埃がたくさん舞いますので、周囲の住宅にご迷惑をかけないように屋根の上まで足場を立ち上げてメッシュシートで養生して作業します。葺き土は小さな袋に詰めて小分けして荷下ろしします。
岸和田市の軒先のモルタルをカットします
岸和田市の軒先を真っすぐに
瓦のめくり作業がある程度進んだ時点で、一人の職人が次の工程を進めていきます。
N様邸の軒天はモルタル仕上げで、軒先の鼻隠し部分にもモルタルを塗っていました。(鼻隠しとは雨樋を取付ける下地になる部分で屋根の垂木などの鼻先を隠す役割があります)
瓦の形状のままモルタルが立ち上がっていますので、この上に野地板を張ることができません。野地板を設置するために、突き出たモルタルをカットしないといけません。グラインダーという電動カッターで軒先のモルタルを端から端までカットしていきます。この作業を終えていると、瓦と葺き土を撤去した後にすぐに野地板を張ることができます。
岸和田市でこの上に野地板を張ります
瓦と葺き土を撤去すると、下地の野地板があります。
既存の野地板はバラ板という不揃いの杉板でした。

この上に構造用合板という強度のある合板(野地板)を張ります。
岸和田市の屋根に継ぎ目をずらして野地板を張ります
カットした軒先のモルタルの高さに合わせるために軒板を張る前に木下地を設置しました。
木下地で野地板の高さを調整し、その上に野地板を張ります。野地板は継ぎ目が揃わないようにずらして張ることで、地震などの力が加わった時にその力が集中するのを防ぐことができ、耐久性のある下地になります。
岸和田市で使用するルーフィングです
野地板を張った後、ゴムアスルーフィングという耐久性のある防水シートを敷きます。

ルーフィングは屋根の下葺き材のことで、屋根を雨水から守るためのものです。屋根材はあくまでも仕上げで、防水しているのはルーフィングになります。
岸和田市の屋根にルーフィングを敷きます
ゴムアスルーフィングは改質アスファルトルーフィングとも言います。夏場、屋根が高温になっても溶けにくく、冬場に低温になっても割れにくいという特徴があり、温度差にも対応できます。また、弾性を持ち合わせていますので、ルーフィングを固定する釘(コの字型のホッチキスの芯のような釘)に追従して隙間を塞いで雨水の浸入を防止してくれます。軒先から順に、重ね代をとってルーフィングを施工しました。
岸和田市の入母屋にも合板を張りました
N様邸の屋根の片側には入母屋(いりもや)があります。

入母屋にも化粧スレートを葺くので、野地板を張ってからルーフィングを敷いて防水しないといけません。

岸和田市の入母屋にもルーフィングを敷きます
入母屋に野地板を張り、ルーフィングを敷いて防水しました。
この上に化粧スレートを葺きます。
ここまでの作業を終えていると、急に雨が降っても部屋内に雨漏りすることはありません。そのため、屋根の解体からルーフィング敷きまでの工程を1日で終わらせる工程を組みます。
岸和田市で使用する屋根材を搬入
N様邸で使用するのはケイミュー株式会社の化粧スレート、コロニアルグラッサです。

化粧スレートは「スレート」「カラーベスト」「コロニアル」とも呼ばれています。
セメントと繊維質を主に圧縮加工された平らな板状の屋根材で、厚みが約5mmほどになります。
岸和田市の屋根にスレートを葺きます
スレートは軽い屋根材ですが、何枚も重ねて持つと重量があります。そのため、10枚ほどに分けて束ねられて梱包されています。
屋根の上に荷揚げしたスレートを屋根面に並べて配置し、軒先から順に葺いていきます。
岸和田市でケラバ水切りを取付けます
スレートを葺く前に、軒先やケラバなどに水切り板金を取付けます。

ケラバとは屋根の流れの一番端のことで、雨水が内部に浸入するのを防ぐために取り付ける板金をケラバ水切りと言います。


先にケラバ水切りを取付けるための下地を設置しました。
岸和田市で軒先から順にスレートを葺きます
下地にケラバ水切りを被せて取付けてからスレートを葺きます。

ケラバ水切りはケラバから雨水が浸入しないように加工された板金で、コの字型のような部分にスレートを差し込むようになっています。
ケラバ水切りにスレートを差し込んで、軒先から順に専用の釘で固定して葺いていきます。
岸和田市のスレートを上にスレートを重ねて葺きます
軒先から順にスレートを釘留めし、上に重ね代をとって葺いていきます。

スレートが重なる部分で釘が隠れますので、釘頭から雨水が浸入することはありません。
岸和田市の谷樋の際は形状に合わせてカットします
N様邸は以前増築されていて、二つの建物を繋いでいます。
二つの建物の取り合いに設置されている谷樋(谷の部分に設ける雨樋)はそのまま再利用します。
谷樋の際に葺くスレートは形状に合わせてカットします。

岸和田市の屋根の棟まで葺きます
軒先から順に作業を進め、屋根の頂点(棟)まで葺き上げます。

スレートの継ぎ目は上下に揃わないように、交互に葺かないと、継ぎ目部分に浸入した雨水がスレートの内側に流れ込んでしまいます。

岸和田市で棟板金を取付けます
軒先から棟までスレートを葺き、最後に棟の雨仕舞を行います。(雨仕舞とは雨水が内部に浸入しないようにすることです)
棟は屋根の頂点で、屋根面同士の取り合い部になります。その隙間を埋めるために板金を取付けます。
両方の屋根面に貫板と呼ばれる下地の長い板を取付け、その上にガルバリウム鋼板を加工してつくった棟板金を取付けます。
岸和田市で壁際水切り取付
屋根の入母屋部分にもスレートを葺きました。

壁際から雨水が浸入しないように水切り板金を取付けてきちんと防水しました。
岸和田市の屋根葺き替え完了
屋根葺き替え完了です!

土葺きの重い瓦屋根から軽量のスレート瓦に葺き替え、見た目もスッキリしました。
屋根を軽くすることで、建物の重心が下がりますので、地震の揺れが発生した時に建物の揺れが少なくなります。(屋根が重いと建物の重心が上になり、振り子のように大きく揺れてしまいます)
南海トラフ地震はもはやいつ発生してもおかしくない状況です。

屋根が重く、心配されている方は街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。



【工事完了後】

岸和田市の下屋は塗装
N様邸の葺き替えた屋根の軒先にある下屋はもともとスレートを葺いていましたが、塗膜が傷んできていたのでこの工事で塗り替えてメンテナンスしています。
苔が生えていた屋根も美しく仕上がりました。
岸和田市の屋根塗装
増築した建物のスレート屋根も同時に塗り替えています。
塗膜が色褪せ、防水性が低下していた屋根が美しく蘇りました。
岸和田市の外壁塗装
外壁も塗装したので、外装がすべて一新されました!
向かって右側の建物が葺き替えた方の屋根です。
二つの建物の屋根が同じスレート葺きになったので、見た目に統一感が生まれてスッキリとした外観になりました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市上松町のスレート瓦の屋根葺き替え工事 

岸和田市上松町でスレート屋根の葺き替え工事着工
岸和田市上松町の屋根スレート瓦の下屋部分の葺き替え作業完了
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
スレート瓦コロニアルクァッド
築年数
築30年
建坪
約60坪
保証
工事費用
約182万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・10年(メーカー保証)
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダにウレタン防水を施工しました!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート、プライマー、トップコート、シーリング材他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約19.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の屋根に屋根材や板金を荷揚げ

泉佐野市の屋根葺き替え工事でスレート葺きの様子をご紹介します。H様邸で使用するのはケイミュー株式会社の「コロニアルグラッサ」です。前回までに既存の屋根の解体・撤去や野地板とルーフィング施工の様子をお伝えしました。H様邸は2階の天井の広範囲で...........

泉佐野市の瓦をめくると棟の土が濡れていました

泉佐野市の屋根葺き替え工事の中の野地板張りとルーフィング敷きの様子をご紹介します。H様邸は2階の和室の天井や階段室の天井に雨漏りが発生し、棟(屋根の頂点の水平部分)から雨水が浸入している形跡があったので、雨漏りを完全に止めるために屋根を葺き...........

泉佐野市の大屋根のみを葺き替えます

泉佐野市の屋根の葺き替え工事で既存の屋根の解体の様子をご紹介します。H様邸は2階のお部屋の天井の広範囲で雨漏りが発生し、雨漏りを完全に止めるために大屋根(一番高い屋根)を葺き替えることになりました。足場を全周に設置し、昇降機を足場にくくり付...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747