オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉南市の台風被害で瓦が落下した屋根の現地調査にお伺いしました!


泉南市の屋根の現地調査です。近所で屋根の修理を行っていた時に「うちの屋根も瓦が落ちたので見てくれませんか?」とお声をかけていただきました。T様邸は木造2階建ての住宅で屋根は釉薬瓦を葺いています。2年前の台風で屋根の瓦が落下したそうですが、当時はどこの業者も忙しくて来てくれず、応急処置もできないままの状態で過ごされていたそうです。屋根の被害は棟に集中していました。棟とは屋根の頂点の水平部分のことで、屋根面の取り合いになるため瓦を積み上げて雨仕舞しています。棟に向かって降りる棟が台風の強風で崩れて瓦が落下していました。原因はいくつかありますが、棟瓦を固定している銅線が緩み、切れたことで瓦がバラバラに飛散していました。修理工事では、崩れた棟を修復し、太い銅線を通して固定しなおします。また、今後の台風や地震に備えてシーリングで棟の瓦を繋いで補強することになりました。
泉南市の木造2階建ての住宅の屋根調査
T様邸の外観です。
下からは屋根に被害があるのを確認できませんが、台風の後に家の周囲を確認すると、屋根の瓦が数枚落ちていたそうです。

屋根の上の状況は、下から確認できる時と全く見えない時があります。目に見えない部分で被害があると状況が分からない分不安になりますし心配です。業者に点検してもらおうと思っても、台風の後は問い合わせが殺到し、どの業者も手がいっぱいでした。
泉南市のオレンジの釉薬瓦の屋根です
T様邸は土葺きの屋根で、オレンジ色の釉薬瓦を葺ています。
釉薬瓦とは粘土で瓦の形に形成した後、釉薬という釉をかけて焼いた瓦のことです。瓦の表面がガラス質の膜で覆われている為、釉薬をかけないで焼いた瓦よりも耐水性・耐久性があると言われています。
釉薬により色付けすることが可能ですので、洋風の建物にも使用されています。
泉南市の降り棟が崩れています
T様邸の屋根の被害状況です。

降り棟(軒先方向に向かって降りる棟)の瓦が台風の強風でめくれて崩れている状態です。
飛散した瓦が屋根面に散乱しており、次に台風がきたら落下する危険性があります。
泉南市の悪露棟の同線が切れて瓦がバラバラにめくれました
崩れたり棟を近くで見た様子です。

平らなのし瓦や一番上に施工する半丸状の冠瓦が飛ばされて下地の葺き土がむき出しになっていました。
その後の雨で葺き土が流れています。このように雨で葺き土が流れると下に控えている軒樋(横方向の雨樋)に溜まり、雨水の流れが悪くなって溢れたり、詰まってしまうことがあります。
泉南市の水平棟の瓦がズレています
水平棟(横方向の棟)にも被害がありました。

棟の冠瓦が1枚飛散し、周辺の瓦も強風の影響でズレていました。
棟は屋根面よりも突き出る形状になっている為、風をまともに受けてしまいます。そのため、瓦がバラバラに崩れないように銅線を通して固定されているのですが、その銅線が切れている状態でした。
泉南市の棟の銅線が切れています
瓦が飛散しなかった部分の棟も確認すると、棟を固定している銅線が緩んだり、切れていました。
銅線が緩むと、台風時のような強風を受けた時に瓦が動いてズレたりめくれ上がる危険性があります。
泉南市の屋根の被害
棟のかき合い部分にも被害がありました。

かき合いとは、複数の棟が合流する部分のことです。かき合いの瓦が飛散し、取り合いに詰められている漆喰も剥がれていました。鬼瓦の取り合いの漆喰は残っていましたが、経年で密着力が低下していつ剥がれてもおかしくない状態です。

漆喰は、瓦と瓦の隙間に詰めて雨水の浸入を防止したり、瓦同士をくっつける役割があります。経年で傷んでくると密着力が弱くなり、雨や風でポロポロと剥がれてきますので、定期的なメンテナンスが必要です。実際に、鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれて雨漏りに発展した住宅もありますので、軽く見ず、きちんと処置しましょう。
泉南市の棟の補強
工事の内容は、崩れたり棟を修復し、降り棟・水平棟共に太い銅線でしっかりと固定します。また、今後の台風に備えて瓦の継ぎ目にシーリングを充填して補強することになりました。
泉南市の鬼瓦の取り合いの漆喰は詰め直します
かき合い部分と鬼瓦との取り合いの漆喰は全て剥がして詰め直します。この部分は雨水が直接あたりますので、足場を建てた時にメンテナンスすることになりました。
「建ててから何十年も屋根の点検をしていない」「最近、強い雨の時に天井裏で雨音がする」「雨漏りで困っている」等、屋根のことで気になることがございましたら街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。

次は屋根修理の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

泉南市男里の劣化した軒天井板の貼替・修理工事

泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
工事内容
その他の工事
使用素材
軒裏天井用化粧合板
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
工事費用
約20万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で部分足場を設置

忠岡町の台風被害に遭った屋根の修理と補強工事です。H様邸は木造2階建てで、屋根は土がのっている瓦葺きの屋根です。台風で瓦が数枚割れて、漆喰も剥がれてしまいました。また、屋根に設置されているソーラーパネルも台風の飛散物の影響で破損している状態...........

忠岡町の屋根の調査

忠岡町の台風被害に遭った屋根の調査にお伺いしました。H様邸は木造2階建てで、土葺きの瓦屋根です。屋根の上にソーラーパネルを設置していて、台風の時にパネルが割れる被害に遭ったということです。台風の後にご自身で屋根の上に上がって割れた瓦にテープ...........

貝塚市の下屋の瓦が飛散

貝塚市の台風被害に遭った各所修理工事です。Y様邸は以前、街の屋根やさん岸和田店でテラスの波板張替えなどの工事をしていただいたことがあり、今回は台風での被害箇所の修理です。Y様邸は土葺きの瓦屋根で、下屋のケラバの瓦が1枚飛散し、壁際ののし瓦が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747