忠岡町の釉薬がかかったシルバーの陶器瓦が飛散し調査しました


泉北郡忠岡町にお住いのF様邸の台風被害箇所の現地調査のご紹介です。
F様邸のお隣の家に現地調査中に「うちも屋根の瓦が落ちたので一緒に見てくれないですか?」とお声をかけていただいたのがきっかけです。
忠岡町の屋根とテラス波板のご相談です
F様邸は増築されており、カラーベスト(薄型の平らな屋根材)の屋根と陶器瓦の屋根があります。そのうちの陶器瓦の屋根の袖瓦が台風の強風で落下していました。また、棟(屋根の頂点)にモルタルをたくさん塗りつけており、かえって雨仕舞が悪い状態でしたので、撤去して固定するご提案をさせていただきました。

現地調査状況

忠岡町のスレート屋根と瓦屋根
F様邸は屋根が二棟あり、三角屋根のほうに視線がいってしまいますが、隣の瓦屋根に被害がありました。
三角屋根の方はカラーベストで、台風での被害がなく良かったのですが、2階のテラス屋根の波板がすべて飛んでしまい、洗濯物を干す時に不便だと、お困りの様子でした。
忠岡町の袖瓦が飛散しています
瓦屋根の上にのって調査を行いました。
F様邸は釉薬がかかったシルバーの陶器瓦です。簡単に言うと、釉薬という釉を塗布して焼いた、表面がツルっとした瓦です。
袖瓦が強風の影響で落下してしまい、土のうとシートで応急処置されていました。
袖瓦とは、屋根の三角になった面の一番端に葺く瓦のことで、外壁よりも突き出ていることが多く、更に一番端の瓦ですので風や地震の揺れの影響を受けやすい箇所です。台風の被害のご相談でも、袖瓦が落下している住宅がほんとうにたくさんありました。
忠岡町の棟にモルタルを詰めています
屋根全体を点検すると、他にも問題がありました。

屋根と屋根の取り合いである「棟」部分に、モルタルをたくさん塗られており、かえって雨仕舞が悪くなっている状態でした。
冠瓦とその下ののし瓦の間にはもともと隙間があり、雨水が棟の中に入った時に抜けるようにいるのですが、その部分をモルタルで塞いでいるので雨水が抜ける通り道がなくなってしまいます。
忠岡町の棟がモルタルに堰き止められて雨水が溜まります
そうすると、雨水がモルタルでせき止められて棟の中で溜まり、雨漏りの原因になることがあります。
隙間をモルタルで埋めると、雨水が入らなくなって雨漏りを防止できるイメージがあるかもしれませんが、隙間をがっちりと塞いでしまうと換気性も悪くなり、やはり悪影響を与えてしまいます。
このモルタルは一度撤去して、しかるべき位置にコーキングを充填して固定するご提案をさせていただきました。
忠岡町の瓦がズレています
瓦がズレて波打っている箇所もありました。
土葺きの屋根は、瓦を固定する際に粘り気のある葺き土を用います。その土は月日とともに乾燥して痩せてきますので、瓦を固定している力が低下し、風や地震の揺れで動きやすくなってしまいます。
忠岡町の雨樋に苔などが溜まっています
雨樋には苔や泥が堆積していました。
このように雨樋に汚れが溜まると雨水がきちんと流れず溢れたり、雨樋が詰まってしまうことがあります。
屋根の点検時には必ず雨樋の中も点検させていただきます。
忠岡町のテラスの波板が飛散しています
2階のテラス屋根の波板はすべて飛散していました。
「雨漏りしてないので、家の屋根の修理はいつでもいいんですが、テラスの波板がないと不便で・・・。先に波板だけでも張替えてくれると助かります」
F様はたいへんお困りの様子でした。

後日、各所修復のご提案をお預けし、後日工事を行いました。
次は工事の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の瓦が割れています

泉南市の台風被害に遭った屋根修理で、割れた瓦の差し替えや飛散しやすい袖瓦の固定の様子をご紹介します。T様邸は台風の強風で降り棟(軒先方向に降りる棟)の一部が崩れて飛散し、地瓦(屋根面の瓦)が数枚割れてしまいました。崩れた降り棟を修復し、台風...........

泉南市の棟の漆喰の詰め直しなどを行います

泉南市の大屋根(一番高い屋根)の水平棟の修理及び再固定の様子をご紹介します。T様邸は台風の強風で降り棟の一部が飛散し、瓦が割れるなどの被害に遭いました。

泉南市の飛散した降り棟を修復します

泉南市の台風被害に遭った瓦屋根の修理です。T様邸はシルバーの釉薬瓦で、降り棟(屋根の流れの方向に降りる棟)一部が崩れたり、瓦が割れる被害に遭いました。この記事では降り棟の修復と漆喰の詰め直しの様子をご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747