阪南市の台風で傷んだ瓦屋根の復旧!棟の修復や割れた瓦を差替え


阪南市の崩れた棟瓦を復旧します
阪南市の台風で傷んだ瓦屋根の復旧工事のご紹介です。
T様邸の屋根は和瓦で、台風の強風で棟が一部崩れ、地瓦も多数割れてしまいました。崩れた棟を修復し、割れた瓦は差し替えます。粘り気のある下地の土をのせて瓦をしっかりと密着させて復旧しました。

写真は崩れた棟瓦の様子です。
棟は屋根の頂点にある水平部分のことで、風の影響を受けやすい箇所です。そのため、銅線などで固定されていますが、銅線が傷んでくると切れてしまい、棟が崩れたりズレる原因になってしまいます。T様邸の棟も崩れている箇所の銅線は切れていました。
阪南市の冠瓦をめくります
棟の瓦はすべて積み替えることも可能ですが、崩れていない部分の棟の状態が悪くなかったので、今回は崩れている部分のみを修復することになりました。(そのほうが工事費用が抑えられます)

崩れている棟の際で動いている冠瓦(一番上にのせる瓦)があったので一旦めくりました。
阪南市の棟に下地の土をのせます
動いているのし瓦(四角くて平たい瓦)もめくり、新しい下地の土(葺き土)をのせて積み直します。

下地の土は、初めは湿っていて粘り気がありますが、経年で次第に乾燥してきます。土が乾燥すると、痩せてきて瓦を固定する力が弱くなり動きやすくなりますので、新しい土を足しました。
阪南市の冠瓦を密着させます

のし瓦を積み、その上に土をのせて、最後に冠瓦を密着させて復旧します。

棟は屋根からの雨漏りの原因になることが多いので、定期的に点検し必要であればメンテナンスをしましょう。
阪南市の棟の瓦を復旧しました
崩れた棟部分を復旧しました。
冠瓦が数枚割れていたので、新しい瓦をご用意しました。
阪南市の棟瓦を銅線で固定します
冒頭でお伝えしましたが、棟は屋根の高い位置にありますので、風の影響をまともに受けてしまいます。ですので、太い銅線でしっかりと固定しました。
阪南市の棟の漆喰も詰め直します
棟の漆喰は全体的に傷んできていたのですべて詰め直しました。
棟の漆喰は、瓦と瓦を接着し、下地の土が直接雨風に晒されるのを防ぐ役割があります。
漆喰は雨風や気温差、直射日光などの影響で経年で劣化して剥がれてきます。そうなると、瓦がズレたり雨漏りの原因になることがあります。
漆喰の劣化がそれほど進んでいない場合は、このように詰め直し工事を行い、劣化が著しく棟自体にもその影響が出ている場合は棟を積み直さないといけません。
阪南市の棟瓦復旧完了
棟瓦復旧完了状況です。
崩れた棟を積み直して修復し、棟全体を銅線でしっかりと固定!漆喰も詰め直したので見た目もきれいになりました。

棟は屋根の結合部ですので、雨の影響も受けます。そのため、棟瓦を施工することで雨水を下に流し、棟の内側に雨水が浸入するのを防いでいます。
阪南市の飛散した下り棟の瓦も復旧します!
下屋の下り棟(軒先に向かって下りる棟)も一部飛散していたので大屋根と同じように復旧します。
動いている瓦を一旦めくります。
阪南市の下り棟に下地の土をのせて瓦をしっかりと固定
新しい下地の土をのせて、瓦を押し付けてしっかりと密着・固定させます。
阪南市の下り棟に漆喰を詰めて完了です
下り棟も銅線で固定しました。
のし瓦の下の漆喰を詰めて復旧完了です。
阪南市の屋根現調・袖瓦は風の影響を受けやすい箇所です
大屋根の袖瓦も飛散していました。
袖瓦や軒先瓦は屋根の端にありますので風の影響を受けやすい箇所です。
T様邸の袖瓦も風で飛散し、下地の土がむき出しになっていました。
阪南市の袖瓦を復旧

新しい下地の土をのせて、瓦を復旧します。
袖瓦は屋根の端(ケラバ部分・屋根の三角になった面)で用いる瓦で、平場から向かって左を左袖、右を右袖と言い、それぞれ向きがあるので間違えないように準備しないといけません。
阪南市の袖瓦をビスで固定しました

飛散した袖瓦はすべて割れていたので、新しい瓦で復旧しました。
この先、飛散を防止するために1枚1枚ビスで固定したので安心です。
ビス頭から雨水が入らないようにコーキングを充填して完了です。
阪南市の割れた瓦は差し替えます
地瓦が多数割れていたので、新しい瓦に差し替えます。
地瓦とは屋根の平場部分で使用する瓦のことです。棟の瓦が崩れて下にある地瓦にあたって割れてしまったようです。

瓦が割れて隙間が開くと、そこから雨水が浸入して雨漏りの原因になりますので必ず修理しましょう。
阪南市の屋根に粘り気のある土をのせます
割れた瓦をすべて撤去し、粘り気のある下地の土をのせて瓦を差し込んで密着させます。

下地の土がむき出しになると雨や風の影響で土が流れたり飛ばされてしまいます。
阪南市の割れた瓦差し替え完了状況
割れた瓦を差替えました。
瓦の新旧の差はありますが、これで雨漏りの心配が無くなりました。
阪南市の下屋の割れた瓦も差し替えました
下屋の割れた瓦も復旧しました。
台風21号では瓦が飛散して、下にある瓦を割ってしまったり、お隣の屋根の瓦が飛んできて割れたりと被害が拡大していました。
阪南市の鬼瓦の取り合いの漆喰も復旧
鬼瓦の取り合いの漆喰が強風で剥がれてしまっていたので詰め直しました。
鬼瓦は銅線などで固定されていますが、漆喰が剥がれると瓦同士を繋ぐ力が弱くなりますし、隙間から雨水が入ってしまいます。
阪南市の軒樋に土が溜まっています
屋根の修理完了後、軒樋を確認すると土が大量に溜まっていました。
瓦が飛散すると、下地の土がむき出しになり、下に流れてしまいますので、必ず確認して掃除します。
阪南市の軒樋を清掃します
軒樋にこれだけ土が溜まっていると、雨水が溢れたり樋が詰まる可能性があります。
軒樋に溜まった土などを刷毛できれいに掃除して取り除きました。


「屋根の修理が終わり、ようやく安心して暮らせるようになりました」
T様の不安が解消されて良かったです。


街の屋根やさん岸和田店は、屋根の点検・お見積り・修理のご相談を承っておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の屋根の瓦が大きくズレています

泉南市のI様邸の風雨災害に伴う各所修復工事の様子をご紹介します。泉南市で屋根の現地調査をしているときにお隣に住むI様に「うちも瓦が割れてるんです」とお声をかけていただいたのがきっかけです。

泉南市の台風被害の現地調査

泉南市で台風被害に遭った住宅の現地調査を行っているときに、お隣に住むI様に「うちも屋根の瓦がズレてるんです。一緒に見てもらえませんか?」とお声をかけていただき、調査をさせていただきました。

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。