オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の屋根・外壁の点検/鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれていました


岸和田市の屋根・外壁の現地調査
岸和田市で「屋根から白い塊がいっぱい落ちてきてるんです。外壁の塗装も考えているので見に来てもらえませんか?」とご相談をいただき現地調査にお伺いしました。
F様邸は平屋建てで和瓦の住宅です。

F様邸のように平屋建てや2階建ての住宅の場合、梯子で屋根の点検を行うことができますが、2階以上の建物だったり、屋根が急こう配だったりすると屋根に上がることができないことがあります。その場合、工事を見越して先に作業用の足場を設置するか、ドローンを使っての調査になります。
岸和田市の屋根の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています
屋根を点検すると、鬼瓦の取り合いに施工している漆喰が傷んで剥がれてきていました。

屋根の漆喰は、瓦と瓦の隙間を埋めて接着するため用いられており、雨ざらしでも長持ちしますが、やはり長年にわたり
風雨や寒暖、直射日光に晒され続けているうちに少しづつ劣化して写真のように剥がれてきます。

岸和田市の鬼瓦の取り合いから雨水が入ってしまいます
漆喰が剥がれると、その隙間から雨水が浸入し、雨漏りの原因になることがあります。また、漆喰は瓦と瓦を接着しているので、その漆喰が剥がれると瓦を固定している力が弱くなり、風や地震の揺れでズレやすくなってしまいます。
ですので、このうような状態になると、必ず漆喰の詰め直しを行いましょう。
近年、台風や竜巻、集中豪雨などの気象災害が多く発生しています。いつ発生してもいいようにできるだけの備えをしたいですね。
岸和田市の外壁のチョーキング

同時に外壁の塗装のご相談もありました。

F様邸の外壁はモルタルの塗り壁、塗装仕上げです。
外壁の塗膜の劣化を見極める簡単な方法で、外壁面を手で触ってみる方法があります。
手が白くなると、劣化した塗膜が剥がれてきている状態なので、塗り替えが必要な時期に来ているということです。
この現象を「チョーキング」と言います。
(塗料の種類によってはチョーキングを起こしにくい塗料もあります)
岸和田市の雨戸もチョーキング
雨戸もチョーキングを起こしていました。

スチール製の雨戸は表面を塗装して仕上げていますので、外壁と同様に塗膜が傷んでくるとチョーキングを起こしてしまいます。
雨戸のスチールの部分は塗装できますので、塗り替え時に一緒に塗装することがほとんどです。
岸和田市の外壁のひび割れ
外壁にはひび割れがいくつかありました。
幅が広いひび割れなど、補修が必要なひび割れは、塗装の前にきちんと処置します。
このようなひび割れの上から塗装すると、塗った直後はきれいに見えますが、後に必ずまた同じところからひび割れが顔を出します。そうなると、せっかく塗装したのに建物の防水性能が改善されたことにならないのでもともこもありません。
岸和田市の外壁の横方向のひび割れ
また、写真のように横方向に走るひび割れは、壁を伝ってきた雨水を受ける形になりますので、雨水を吸い込みやすいと言えます。壁の内側には重要な木部がありますので、濡れて腐食すると建物の耐久性にも影響してきますし、部屋内に雨漏りすることもあります。

建物の傷んでいる部分をきちんと修繕し、その上で塗装することで初めて防水性能が高まるということです。
岸和田市の外壁の誘発目地が割れています

また、外壁の誘発目地もひび割れていました。
モルタルにはもともと水を含んでおり、その水分が蒸発する時に必ずひび割れが発生してしまいます。
ですので、ひび割れしそうな個所にあらかじめ目地を設けておくことで、ひび割れをその部分に集中させ他を割れにくくする方法をとります。これを「誘発目地」と言います。
誘発目地は割れるものなのですが、割れたまま放置できません。ここには弾力のあるコーキングを充填して補修します。
岸和田市の樋がボコボコです!
玄関屋根の銅製の樋のご相談もありました。
銅製の樋は昔多くの住宅で使用されていましたが、近年の酸性雨や雨による摩耗により穴が開いてしまいますので、丈夫な塩ビ製の樋を使うことがほとんどになっています。
F様とご相談し、今後のメンテナンスの面もふまえて塩ビ製の樋に交換することになりました。
岸和田市の外構のフェンスを入れ替えます
同時に外構のフェンス入替のご相談もありました。
鉄製のフェンスの劣化が進んでおり、錆びもひどくなってきたのでこの機会にすべて交換することになりました。
屋根や外壁は常に外気に晒されており、劣化しやすいので定期的なメンテナンスをしないと防水性能が低下してきます。
そうなると、雨漏りの発生などのリスクが高くなってしまいますので、劣化が進む前にできるだけ手を加えてあげましょう。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の点検なども承っておりますので、メンテナンス時期などで気になる方はご相談くださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・10年(メーカー保証)
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダにウレタン防水を施工しました!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート、プライマー、トップコート、シーリング材他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約19.5万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市で丸瓦を密着させて葺きます

岸和田市の外壁の聚楽壁及び漆喰壁の塗り替えです。A様邸は2階建ての和風の住宅です。土葺きの瓦屋根で、外壁には白い漆喰を塗り、2階の外壁には黒い漆喰を塗って仕上げている形状です。台風の雨風を受けて、漆喰壁と聚楽壁の表面がポロポロと剥がれてしま...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

泉大津市の袖瓦がズレています

泉大津市の屋根修理です。陶器瓦の屋根と棟違いで板金の屋根があり、両方の屋根に被害がありました。瓦屋根の方は袖瓦や地瓦がズレて、板金屋根の方は棟の板金が一部飛散してしまいました。瓦のズレを戻してからシーリングを充填してしっかりと固定し、風や地...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747