オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

忠岡町の屋根のトタンが剥がれてカラーベストも飛散していました


忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。
「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。
カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。
忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介
以前、A様邸の近所の住宅で屋根工事をさせていただいたことがあります。その時の近隣様への工事前のご挨拶でA様邸にもお伺いし、街の屋根やさん岸和田店のことを覚えていてくださりご連絡をいただきました。

「下から見たら屋根のてっぺんのトタン(棟板金)が剥がれているように見えたんですが、雨漏りしてないので落ち着くまで待てたんです」
台風直後は、被害に遭われた住宅が数多くあり、お問い合わせの電話が殺到している状態でした。
忠岡町の棟板金が飛散しています
屋根に上がって被害状況を確認すると、やはり棟板金が一部剥がれている状態でした。

カラーベストの屋根は、棟(屋根の山状になった部分の頂点)に隙間ができますので、雨水が入らないよう板金などを被せて防水しています。その板金が強風の影響で飛散していました。
忠岡町の板金の釘の緩み
屋根に施工する板金は釘留めされていますが、長年、風や揺れ、外気に晒されているうちに緩んで少しづつ抜けてくることがあります。A様邸の板金を確認すると写真のように釘が抜けてきている箇所がありました。
このように釘が緩んで抜けてくると、少しの風でも板金が飛んでしまう危険性があります。

忠岡町の貫板も飛散しています
棟板金は、貫板(下地の長い板)に向かって釘留めされているのですが、その貫板も飛散していました。
貫板は異なる傾斜の屋根面それぞれに取り付けられています。A様邸は片方の屋根の貫板が飛散していました。(黄色い点線部分)
忠岡町の棟板金が浮いています
貫板は板金で包まれていますが、雨の量や向き、屋根の勾配が緩やかな場合、屋根面との取り合いから少なからず雨水が浸入します。また、屋根の中の湿気などの影響で劣化して腐食することがあります。そうすると、板金を留めている釘が効かなくなり浮いたり飛散する原因になります。
貫板の劣化が進むと、A様邸のように強風で貫板が折れて飛散することもあります。
忠岡町の貫板を留めていた釘が屋根に残っています
貫板は屋根面に向かって釘留めされています。
A様邸は、貫板を固定している釘が屋根面に残っており、その状態から貫板が劣化して割れて飛散したと思われます。
釘は効いていますが、貫板自体の劣化が進んで割れてしまったのでしょう。
忠岡町のカラーベストもめくれています
棟の際のカラーベストもめくれていました。
カラーベストは軒先から順に釘留めしながら葺いています。棟部分は屋根の一番高い位置にあり、カラーベストの張りじまい(最後に施工する部分)ですので、復旧する時も釘留めすることが可能です。それ以外の、屋根面の途中で剥がれた場合はコーキングでの接着固定になります。(釘留めする際に上に被さっているカラーベストをめくらなくてはいけないため)
修理のお見積りをお預けし、後日、風雨災害に伴う各所修復工事を行うことになりました。
工事内容は、飛散したカラーベストを復旧し、劣化した貫板を交換した後に棟板金を取付ける工事となります。
忠岡町の屋根の全体的に板金が錆びついています
A様邸の板金はトタン製で、経年で全体的に錆が広がっていました。
トタンとは、鉄板の表面に亜鉛の膜をはって加工したもので、劣化すると写真のように錆が発生しています。錆を放置すると、錆が錆びを呼び、どんどん広がり穴が開いてしまいます。そうなると雨漏りの原因にもなりますので、定期的に塗装でメンテナンスしないといけません。
修理で使用する板金はガルバリウム鋼板という錆に強くて耐久性のある建材ですので、長持ちしますし、錆による美観性の低下もありません。
忠岡町のカーポートの平板が飛散
屋根の被害の他に、カーポートの平板も1枚飛散していました。
台風の影響で、カーポートやテラスの屋根材が割れたり飛散する被害もたくさんありました。
普段は何気なく使用している屋根ですが、いざ無くなると不便に感じられてお困りの方がほとんどでした。

この平板も今回の工事で復旧します。
トタンやガルバリウム鋼板のことを詳しくご紹介!・・・・こちらをクリック

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

泉北郡忠岡町の屋根葺き替えで瓦からスレートに葺き替えました

泉北郡忠岡町屋根現況
泉北郡忠岡町屋根葺き替え工事完了
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
築50年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
約230万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町で台風で屋根に被害が遭ったとのご相談

熊取町にお住いのO様より「台風で屋根に被害が遭ったので他の業者に依頼して応急処置してもらったんですが、工事がなかなか進まないので一度修理の見積もりをもらえませんか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。O様邸は木造2階建て、土葺き...........

泉南郡岬町の台風の被害箇所のご相談

泉南郡岬町で平成30年に上陸した台風21位号の影響でカーポートの屋根パネルが飛んだり、屋根も破損している、とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。M様邸は2階建てで、屋根は化粧スレート(平型の薄い屋根材)、外壁はモルタル塗り仕上げです...........

泉大津市の屋根の軒先から葺き直します

泉大津市の台風被害に遭った屋根の修理です。M様邸は平成30年に大阪に上陸した台風21号の影響で瓦がズレたり飛散するなどの被害を受け、室内に雨漏りが発生しました。屋根の応急処置をされていない状態でしたので、雨漏りが進行ており、この工事で内装も...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747