泉南市の玄関屋根の天井板のめくれで調査にお伺いしました!


泉南市の玄関屋根の調査
泉南市にお住いのK様より「台風で玄関屋根の天井板がめくれてしまって、見栄えが悪いので修理のお見積りをいただけませんか?」とご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。

台風の被害のご相談は、屋根だけでなく、波板やカーポートの平板の飛散、軒天井板のめくれなど、色々な箇所の被害が確認されています。



泉南市の玄関屋根の天井板がめくれています
こちらがご相談があった玄関屋根です。
K様邸の玄関屋根は木製で、屋根にはトタンを張って仕上げていました。

離れたところから見ても被害箇所が一目瞭然で、K様の言う「見栄えが悪い」ということがよく分かりました。
泉南市の玄関屋根に水が廻って腐食したいたのでしょう
近くで見ると、天井板が一部めくれて、下地の木が見えている状態でした。
屋根が傷んで、上から雨水が染み込むこともありますし、吹上げの雨の時は下から濡れることもあります。
泉南市のトタン屋根が錆び付いています
上から確認すると、トタンが錆びついて傷んでいるのが分かりました。
劣化の状態からすると、屋根から雨漏りして、板が少しずつ腐食したのでしょう。
トタンとは鉄板の表面に薄い亜鉛の膜をはったもので、表面の膜が傷んで剥がれてくると、鉄板が空気と水に触れて酸化し、錆が発生します。錆を放置すると、進行してやがて鉄板に穴が開いてしまいますので、早い段階で塗装するなど手を加えてあげると長持ちします。
泉南市の屋根の袖瓦がズレています

家の中に雨漏りはしていないですが、念のため屋根も点検してほしいとのことで、確認しました。

屋根にはそれほど被害はありませんでしたが、大屋根(一番高い屋根)の袖瓦がズレていました。
袖瓦は字の通り、屋根の一番端にある瓦のことで、風の影響を受けやすい箇所です。

泉南市の地瓦が割れています

他にも地瓦が2枚割れていました。
地瓦とは、屋根面に使用する瓦のことです。
物がぶつかったのか一部破損していました。
瓦は1枚から差し替え可能ですし、割れが少ない場合はコーキングを充填して簡易補修する場合もあります。
泉南市の玄関屋根を防水してから天井板を張替えます
今回の修理は、玄関屋根の傷んでいる部分にコーキングを充填して防水し、錆を落としてから錆止め塗装、そして天井板を張り替えるご提案をさせていただきました。

天井板を張り替えるだけでは根本的な解決(雨漏りなど)ができていないので、また同じように板が腐食する可能性があるため、屋根もメンテナンスするご提案です。

街の屋根やさん岸和田店は、玄関屋根の修理や防水工事も行っておりますのでお困りの方はお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の雨樋の修理にお伺いしました

以前屋根修理などを行った貝塚市のI様より「台風の後、玄関に出たら雨樋が落ちてたんです」とのご相談をいただき、調査及び修理にお伺いしました。

泉大津市の樋などの付帯部を塗装

泉大津市の塗装リフォームで今回は付帯部分の塗装の様子をご紹介します。付帯部分とは簡単に言うと建物にくっついている部分のことです。

泉大津市の外壁を上下で色分けします

泉大津市のY様邸は台風21号で外構のフェンスなどが飛散する被害に遭い、それらの修繕と同時に塗り替え時期に来ていた屋根と外壁も塗装することになりました。今回はサイディング外壁の塗装の様子をご紹介します。