オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

忠岡町の台風被害に遭い雨漏りした住宅の現地調査に伺いました


平成30年に関西方面に上陸した台風21号で屋根に被害があり、
部屋内に雨漏りが発生した住宅の屋根の調査の様子をご紹介します。

台風21号は大型の台風で、当時は「まさかこんなことになるなんて・・・」
と思われた方が多かったと思います。
台風の最中、とてつもない強風と雨におびえながら家の中で台風が過ぎるのを待ち、
静まったあと表に出るとあちこちで飛散物が散乱し、瓦が飛散したり、電線が切れていたり、
電柱が倒れている光景が広がっていたのを覚えています。

この記事では、台風の被害で部屋内に雨漏りした事例をご紹介します。



強風・雪・雹(ひょう)などの自然災害でお困りの方へ
↓↓↓↓


忠岡町の台風被害・雨漏りの調査

◇◆◇ K様邸は木造・2階建ての住宅です ◆◇◆

◆ 築40年前後
◆ 屋根・・土葺きの青い釉薬瓦

◆  ご相談内容 ◆
台風で2階の和室の天井と縁側に雨漏りが発生し、ご自身で応急処置はされたそうですが、修理ができていない

台風被害に遭った屋根の現地調査の様子

「台風で2階の和室と縁側に雨漏りして、自分で応急処置はしたんですが修理ができてないんです」
とのご相談で、現地調査にお伺いしました。

部屋内に雨漏りしているので、まずは雨漏り箇所を確認しました。


忠岡町の2階の和室の天井に雨漏り発生
2階の和室の天井に発生した雨漏りの状況です。

台風の最中、天井から雨水がポタポタと落ちてきたそうです。

忠岡町の1階の縁側でも雨漏り発生
同じく1階の縁側の天井にも雨漏りしています。

和室の雨漏りに気づき、部屋中確認すると縁側でも雨漏りしていたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨漏りはその時の風向きや雨の量によって、目に見えるところに出てきたり出てこなかったりします。

「台風や強風を伴う雨、長雨の時に雨漏りして、通常の雨の時は雨漏りしない・・・」
という声をよく聞きます。

強風を伴う雨や大雨、長雨が続いた時には、通常の雨なら当たらない部分に雨水があたったり、
内部でじわじわと雨漏りしていた部分が長雨によって部屋内に出てくることがあります。

忠岡町の事例・雨漏りを放置すると様々な被害を引き起こします!
雨漏りを放置すると、見えない部分で重要な木部が腐食し建物の耐久性を脅かしたり、白蟻がついて二次被害を引き起こしたり、カビの発生で健康を害することがあります!

雨漏りを見つけたらできるだけ早めに業者に相談しましょう。


被害を拡げないためにも雨漏りには早急な対応が必要です!
↓↓↓↓

忠岡町の釉薬瓦の屋根です

◆◇ 部屋内に発生した雨漏りの状況を
確認した後、屋根の調査を行いました ◇◆

K様邸は土葺きで青い釉薬瓦を葺いています。

釉薬瓦とは・・粘土を瓦の形に形成し、釉薬といううわぐすりをかけて焼いた瓦のことで、表面がガラス質で覆われています。

忠岡町の屋根の袖瓦が飛散していました
K様は、部屋内に雨漏りしたのでご自身で応急処置をされたそうです。

お話の通り、被害箇所をブルーシートで覆っていました。

写真は屋根のケラバ部分で、手で触って確認すると袖瓦が飛散していました。

ケラバとは・・屋根の妻側の一番端
袖瓦とは・・屋根の勾配方向の一番端に葺く瓦

忠岡町の棟瓦を養生テープで補強しています
棟瓦や鬼瓦、棟巴がズレたのか、飛散を防止するためか分かりませんが、養生テープを貼って固定されていました。

養生テープは防水用のテープではないので、雨水にあたると粘着力が弱くなり剥がれてしまいます。また、固定力も強くないので、長くはもちません。

この状態からすると、応急処置をし直すか、早めの修理が必要です。
忠岡町の反対側の棟巴も固定されています
反対側の棟巴にも養生テープを貼って固定していました。

台風直後はその被害の大きさから、どの業者も忙しく「応急処置にも来てくれない」という声をたくさんお聞きしました。

そのため、K様のようにご自身で応急処置をされる方がいましたが、屋根の上での作業は大変危険ですので、絶対に上らないでください。
万が一落下して怪我でもすると元も子もありません。

忠岡町の下屋の袖瓦も割れていました
下屋にも被害がありました。

玄関屋根の袖瓦が割れており、下に防水シートを敷いてテープを貼って処置されていました。

忠岡町の谷樋もテープで固定されています
被害箇所を近くで見ると、割れた袖瓦の下にある谷樋板金がめくれ上がったのか、防水シートを下に挟んで瓦の上にブロックを置いて押さえていました。


⚠ 瓦が割れたりズレて隙間があくと、そこから雨水が浸入して雨漏りしてしまいます!

忠岡町の下屋の軒先瓦が落下したそうです

下屋の軒先瓦も落下したそうです。

軒先瓦の裏側が軒裏の場合は、瓦が落下しても部屋内に雨漏りする可能性は少ないですが、お部屋がある場合は部屋内に雨漏りする危険性があります。

特に軒先は屋根の上から流れてきた雨水が集まる箇所ですので、注意が必要です。

忠岡町の壁際の瓦が割れています
下屋の壁際の瓦も数枚割れていました。

K様邸の縁側の天井の雨漏りは、この壁際が原因の可能性が高いです。

台風の影響で下屋に被害が遭った住宅がたくさんあり、そのほとんどが上の屋根から瓦が落ちてきたり、隣の住宅の瓦が落ちてきて被害に遭ったケースです。

忠岡町の壁際ののし瓦が抜け落ちています
2階の庇の壁際に施工しているのし瓦が抜け落ちていました。

2階の和室の天井に発生した雨漏りは、この部分が原因の可能性が高いです。

普段は雨水があたることはほとんどないですが、台風の強風を伴う雨の影響で雨水が入った可能性があります。
この部分は応急処置していないですが、通常の雨なら雨水があたらないので、その後雨漏りしていないのでしょう。


K様邸の屋根修理のご提案内容

◆ 足場の設置 ◆ 飛散した瓦と割れた瓦の復旧 ◆ 自然災害に備えて被害に遭いやすい瓦をビスとシーリングで補強

内装の工事は、屋根の修理後に検討されるとのことで、今回はお見積書の中には含まれておりません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台風や地震などの自然災害は時に想像を超える被害を引き起こすことがあります。

「多分大丈夫だろう」と、軽視せず、できることから備えましょう。


台風の被害に遭う前に!台風に備えて屋根とお住いの対策をしておきましょう
↓↓↓↓

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

阪南市の屋根のスレートが強風で飛ばされ修理工事を行いました!

阪南市の強風で剥がれたスレート
阪南市の強風で剥がれたスレートを差替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミュー株式会社/化粧スレート・コーキング
築年数
約13年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約3.5万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町の納屋の波型スレートの屋根葺き替え工事

忠岡町の納屋の波型スレートが破損
忠岡町の破損した納屋の波型スレートを張り替え
工事内容
屋根葺き替え
台風
使用素材
波型スレート(大波)・役物・傘釘・雨樋
築年数
約25年
建坪
約3坪
保証
3年
工事費用
約19.6万円(税込・雨樋交換費用含む)
施工事例

忠岡町の基礎巾木の補修!基礎の剥がれは表面だけ?内側から?

忠岡町の破断した基礎巾木
忠岡町の破断した基礎巾木補修完了
工事内容
防水工事
使用素材
アイカ工業・ジョリシール アイカ工業・防錆プライマー
築年数
約28年
建坪
建坪18坪
保証
2年
工事費用
4.7万円(税込み)
施工事例

忠岡町で軒樋から雨漏り発生!内吊りの軒樋を交換しました!

18213c9c0eae57697dd4ee4bb3df5d77
忠岡町の雨樋交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
台風
使用素材
軒樋・じょうご・止まり・エルボ・内吊り金具他
築年数
約31年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約12万円 雨樋交換・清掃費用・・8.6万円(ともに税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の屋根の瓦が軒先方向にズレています

貝塚市にお住まいの方で雨が降ると天井裏から「ポタポタ」という雨音が聞こえてきて心配されている方はいますか?貝塚市にお住いのF様より「雨が降ると、天井裏からポタン・ポタンという雨の音が聞こえてくるんです」というご相談をいただいたので早速雨漏り...........

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747