オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の台風で剥がれた化粧スレートや棟板金の復旧工事


岸和田市の台風で剥がれた化粧スレートと棟板金の修復工事です。K様邸は木造・2階建てで、屋根には化粧スレートという平型で軽量の屋根材を葺いています。台風の強風でスレートが数枚剥がれてしまい、棟板金も一部飛散してしまいました。この工事では、剥がれたスレートの差し替えと棟板金の復旧、他、飛散した這樋の取付などを行います。また、玄関先の梁に施されたタイルも落下していたのでガルバリウム鋼板を巻いて修理させていただきました。
岸和田市の化粧スレートが剥がれています
屋根の被害状況です。

化粧スレートは厚みが5ミリ程度の薄い屋根材です。軽量ですので、地震の揺れには強いのですが、劣化が進むと割れやすくなり、反ってきたスレートの隙間に風が吹き込むと割れて飛散することがあります。
K様邸のスレートも台風の強風で一部飛散してしまいました。
岸和田市の棟板金も飛散
降り棟の板金が一部飛散していました。

棟とは屋根面と屋根面との取り合い部のことで、横方向の棟を「水平棟」、軒先方向に向かって降りる棟を「降り棟」と言います。棟から雨水が入らないように板金を被せているのですが、その板金が一部飛ばされていました。
岸和田市の屋根の板金と貫板を仮撤去
スレートは軒先から順に上に重ねて釘留めして葺いています。そのため、部分張り替えする時は釘を抜いてスレートを剥がし、固定する時はシーリング材で接着固定する方法をとります。
写真の被害箇所は張りじまいの棟まで達している為、棟板金と下地の貫板を仮撤去すると下から順に釘留めできます。
岸和田市の割れたスレートを剥がします
棟板金と下地の貫板を仮撤去し、割れたスレートの釘を抜いて剥がしていきます。
スレートは目地が揃わないように互い違いに固定していますので、屋根に残っているスレートの間に差し込んで固定します。
岸和田市のスレートを下から順番に固定します
割れたスレートを剥がし、下から順に新しいスレートを釘留めして復旧します。
1枚のスレートに付き、2カ所で釘留めします。
岸和田市の貫板を復旧
スレートを釘留めしてから、仮撤去していた貫板を復旧します。
貫板の飛散を防ぐためにビスでしっかりと固定させていただきました。
手前に見えているのは「棟換気」という、棟の中の通気性を確保する部分です。
岸和田市の棟板金を固定
貫板を固定し、その上に仮撤去していた板金を被せてビスで固定しました。
棟換気部分の板金も復旧・固定し、ビス頭から雨水が染み込まないようにシーリングを充填しました。

岸和田市のスレートをシーリングで固定
スレートの飛散は他の場所でもありました。
この部分は屋根の途中に位置しますので、釘留めで固定できません。そのため、シーリングを充填して接着・固定しました。
岸和田市のスレート差し替え完了
屋根の途中部分のスレート差し替え完了です。
既存のスレートとの新旧の差が出てしまいますが、屋根の上はほとんど見えないので大丈夫です、とご了承いただきました。
岸和田市の既存の貫板をビス留め
続いて、飛散した降り棟の板金を復旧します。
既存の貫板の飛散を防止するためにしっかりとビス留めしました。
岸和田市の降り棟の棟板金をビスで固定
既存の貫板をビス留めしたあと、その上にご用意した板金を被せて固定しました。
板金の横側からビス留めすることで、雨水が染み込みにくくなります。
岸和田市の板金の継ぎ目にシーリング充填
既存の板金との継ぎ目にシーリングを充填して繋いで固定します。
継ぎ目にシーリングを充填することで防水にもなります。
岸和田市の継ぎ目はシーリングで防水
棟板金を取付けた後、継ぎ目の上からもシーリングを充填してしっかりと防水しました。

スレート屋根は屋根材の下にルーフィングという耐久性のある防水シートを敷いていますので、屋根材や板金が飛散しても雨漏りしない場合が多いのですが、万が一ルーフィングが劣化していたり破損しているとすぐに雨漏りしてしまいますので、様子を見ましょう。
岸和田市のタイルを剥がして下地を張ります
台風の被害は屋根だけではありませんでした。
玄関先の大きな梁に施しているタイルが強風を受けて落下していました。
以前から、タイルの目地が割れてきているな、と心配されていたそうです。
現状と同じようにタイルを貼って復旧できますが、また剥がれると困るので別の方法で復旧してほしいとのご希望で、ガルバリウム鋼板を巻いて復旧することになりました。
写真は下地の合板を張っている様子です。
岸和田市で透湿防水シートを貼りました
下地の上に透湿防水シートを貼りました。
透湿防水シートは湿気は通しますが、水分は通さない防水シートです。下地が濡れて腐食しないようにきちんと防水しました。
岸和田市でガルバリウム鋼板で包みました
続いて板金の職人がガルバリウム鋼板を巻いて梁を包みました。
ガルバリウム鋼板は錆びに強く長持ちする板金です。
岸和田市の這樋が落下
下屋の上に這わせて固定していた這樋が台風の強風で外れて落下していたので新しい樋に交換します。

這樋とは、上階層の雨水を下層階の軒樋、またはじょうごに送るための長い樋のことです。
岸和田市の這樋を銅線で固定
新しくご用意した樋を下屋の上に這わせて、銅線を通してしっかりと固定しました。
這樋は長さがありますので要所要所で固定しないとズレたり飛散する危険性があります。そのため、銅線をくくり付けた樋の共材をスレートの隙間に差し込み、その銅線を這樋に回して固定させていただきました。
スレートや屋根の板金が飛散して雨漏りしていなくても、屋根の内側に雨水が廻ることでいつかは雨漏りする可能性があります。ですので、放置せず必ず修理するようにしましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ウレタン防水とは

阪南市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。皆さまはご自宅のベランダのメンテナンスのことをお考えですか?ベランダはお部屋の外に設置されているのであまり気にかけることが無いかもしれません。ですが、外部に設置されているからこそ、...........

泉大津市の波板張替え

泉大津市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。今回は泉大津市で行ったベランダの波板張替え工事の様子をご紹介していきたいと思います!泉大津市にお住いのK様より「ベランダの波板が古くなり、鳥がつついたりしてあちこちに穴が開いてい...........

貝塚市でスライドエルボを取付けて這樋を接続

貝塚市の皆さまこんにちは!皆さまのお家の雨樋は割れたり詰まっていたり、雨水が漏れていることはありませんか?雨樋は、屋根に落ちてきた雨水を集めて地上や地下に排出させるための設備で、現在は建物には必ず取り付けられています。雨樋が割れたり詰まって...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747