オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市の雨漏りしていた瓦屋根をコロニアルグラッサに葺き替え


泉佐野市の屋根葺き替え工事でスレート葺きの様子をご紹介します。H様邸で使用するのはケイミュー株式会社の「コロニアルグラッサ」です。

前回までに既存の屋根の解体・撤去や野地板とルーフィング施工の様子をお伝えしました。
H様邸は2階の天井の広範囲で雨漏りが発生し、雨漏りを完全に止めて安心して暮らせるようにと大屋根(一番高い屋根)を葺き替えることになりました。土葺きの瓦屋根から軽い化粧スレートに葺き替えます。
土や瓦を下ろして軽い屋根材に葺き替えることで屋根を軽量化することができますので、地震の揺れを受けた時に建物が倒壊するリスクを低減できます。頭の部分が大きくて下が細くなっているコップが倒れやすいのと同じで、重みを下にすることで安定するのです。スレートは厚みが約5mmほどの軽い屋根材ですので、重い瓦屋根よりも地震の際に有利になります。
泉佐野市の屋根に屋根材や板金を荷揚げ
既存の瓦屋根を解体・撤去し、角材で屋根の下地を設置した後、野地板を張り、その上にゴムアスルーフィングという防水シートを敷きました。次はいよいよスレート葺きです。

スレートは厚みが約5mmほどの薄い板状の屋根材です。厚みが薄くても耐候性などの性能を確保しており、多くの住宅で使用されています。束にまとめられたスレートを屋根の上に荷揚げして一定間隔で広げて配置しました。左奥に見えるのはスレート専用の大きなカッターで、屋根の形状に合わせてスレートをカットしながら葺きます。
H様邸はケイミュー株式化一社の「コロニアルグラッサ」というスレート(カラーベストとも言います)を採用しました。
泉佐野市の屋根に谷樋を取付け
スレートを葺く前に谷樋を取付けました。

谷樋とは屋根の谷になった部分に設置する雨樋のことです。
谷には雨水が集中しますので劣化しやすいことから、錆に強く耐久性のあるガルバリウム鋼板製の谷樋を使用しています。
泉佐野市の屋根の谷樋板金を固定
谷樋を取付ける際に釘やビスを谷樋に直接打ち付けるとそこから雨水が浸入する可能性があり雨仕舞が悪くなってしまいますので、細長くカットしたガルバリウム鋼板を谷樋の水返しに引っかけて谷樋の外側で固定させていただきました。
水返しとは谷樋に流れてきた雨水が外側に出ないように折り曲げて加工された部分のことです。
泉佐野市の屋根の軒先から順に釘で固定
谷樋や軒先水切り、ケラバ水切りを取付けた後、スレートを葺いていきます。
軒先水切り、ケラバ水切り共に雨水が内部に浸入するのを防ぐための板金部材のことです。雨水が浸入しやすい箇所に板金を取付けてきちんと雨仕舞してからスレートを葺きます。

スレートは1枚につき2カ所で供御留めして葺きます。
泉佐野市のスレートの継目が揃わないように葺きます
軒先から順に、上に重ね代をとって葺くことで固定している釘がスレートで隠れる形状になっています。

スレートの継ぎ目から雨水が流れますので、継ぎ目を揃えると内側に雨水が廻ってしまいます。そのため、必ず継ぎ目が交互になるように葺かないといけません。
泉佐野市のカラーベストをカットして葺きます
屋根の谷や棟(屋根の頂点部)は形状に合わせてスレートをカットして葺きます。

すべてのスレートが釘留めされている為、ズレや落下しにくい形状になっています。
泉佐野市の屋根の貫板と棟板金取り付け
軒先から棟までスレートを葺いた後、棟に板金を取付けます。
板金を取付けるための下地の長い板(貫板)を屋根の両側に取付け、その上にガルバリウム鋼板製の棟板金を被せて固定します。
泉佐野市の屋根葺き替え完了!
貫板と棟板金を取付け、屋根葺き替え完了です。

写真で見ると分かるように、H様邸の屋根は形状が複雑ですので、その分雨漏りのリスクが高いと言えます。
雨漏りしないように、ひとつひとつの工程を確実に行い、防水性の高いスレート屋根に生まれ変わりました。見た目もシンプルで美しく仕上がっています。
before1
泉佐野市の葺き替え前の屋根
既存の屋根は土葺きの瓦屋根で雨漏りが発生していました。
谷樋も錆が進行し、いつ穴があいてもおかしくない状況だったので、部分的に修理するよりも葺き替えることになりました。
horizontal
after1
泉佐野市の屋根葺き替え後
雨漏りを完全に止めるためにスレートに葺き替えました。
今回は大屋根のみの葺き替えで、庇や下屋の瓦はそのまま残っていますが、スレートの色を瓦の色に近い色にしたのでそれほど違和感なく仕上がっています。
「雨が降るたびにまた雨漏りしてるんじゃないかと気苦労が絶えなかったけど、これで雨の日も安心です」
H様が安心して暮らせるようになり、本当に良かったです。
ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市の雨樋の掃除で屋根の漆喰が剥がれて樋に詰まっていました

泉佐野市の樋に漆喰が詰まっています
泉佐野市の樋を掃除して雨水が流れるようになりました
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング
築年数
築約35年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
3.3
施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の瓦をめくると棟の土が濡れていました

泉佐野市の屋根葺き替え工事の中の野地板張りとルーフィング敷きの様子をご紹介します。H様邸は2階の和室の天井や階段室の天井に雨漏りが発生し、棟(屋根の頂点の水平部分)から雨水が浸入している形跡があったので、雨漏りを完全に止めるために屋根を葺き...........

泉佐野市の大屋根のみを葺き替えます

泉佐野市の屋根の葺き替え工事で既存の屋根の解体の様子をご紹介します。H様邸は2階のお部屋の天井の広範囲で雨漏りが発生し、雨漏りを完全に止めるために大屋根(一番高い屋根)を葺き替えることになりました。足場を全周に設置し、昇降機を足場にくくり付...........

泉佐野市の雨漏りのご相談

泉佐野市のH様より「2年前の台風の時に隣の家の瓦が飛んできて1枚割れて、その瓦は自分で修理したんですが、漆喰がポロポロ剥がれてきてるんです。それと、他業者に屋根の上に設置しているソーラーを撤去してもらったんですが、その後から2階の部屋の天井...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747