オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

忠岡町の塗装前に外壁のひび割れたシーリングの打ち替え工事


忠岡町の外壁塗装前のシーリング打ち替えです。K様邸の屋根は化粧スレートで外壁はサイディングです。サイディングとは外壁に張る仕上げ材のことで、継ぎ目にシーリングを充填して繋げています。シーリングはサイディングを繋げているだけでなく、継ぎ目から雨水が浸入するのを防止する役割も担っていますので、シーリングが劣化して割れたり剥がれてくると、そこから雨水が浸入して雨漏りしたり、サイディングの内側に雨水が廻って反りなどの劣化症状を引き起こす危険性があります。サイディングの塗り替え時期とシーリングが傷んでくる時期はほとんど同じくらいですので、同時にメンテナンスすることをお勧めしています。

この記事ではシーリング打ち替えの様子を分かりやすくご紹介します。
忠岡町の外壁の目地のシーリングが切れています
K様邸の外壁の目地のシーリングの劣化状況です。

シーリングが割れて隙間が生じています。シーリングを充填した当初は弾力がありますが、紫外線や外気の影響で次第に硬くなり、このようにひび割れてしまいます。そうすると、防水性能が低下し、雨漏りしたり、内部の木部を傷める原因になることがあります。
忠岡町の外壁のシーリングが剥離しています
シーリングが断面から剥離している箇所もありました。
これはシーリングの密着力が低下し、剥がれてきている状態です。日当たりのいい2階の外壁ではシーリングが剥離してめくれて垂れ下がっている箇所もありました。
忠岡町の外壁のサイディングが反って浮いています
シーリングが割れたり傷んでくると、そこから雨水が浸入し、サイディングの内側に廻ります。サイディングの内側は防水処理されておらず雨水を含むため、濡れたり乾いたりを繰り返すうちにサイディングが反ってきてしまいます。
K様邸のサイディングも目地の際から反ってきて目違いを起こしている箇所がいくつかありました。
忠岡町の外壁を釘留めしている箇所から割れています
サイディングは1枚1枚釘留めされているため、反ってくると釘留めしている箇所から割れてしまいます。
このまま塗装してもサイディングの反りや割れは修復できませんので、目違いを起こしている箇所をビスで締め付けて反りを戻さないといけません。また、割れている箇所はシーリングを充填して防水します。
忠岡町で足場を設置しました
屋根や外壁の塗装では足場が必要です。重い塗料の缶などの道具を持って地上から屋根まで何度も行き来しないといけませんし、塗装の際も安全に作業ができるように足掛かりが必要です。建物の周囲に足場を設置し、高圧洗浄時の汚れた水や塗料などが飛散して周囲の家にご迷惑をかけないようにメッシュシートを張りました。
忠岡町の既存のシーリングを剥がします
ここからはシーリング打ち替えの様子をご紹介します。

古くなり傷んだシーリングを撤去します。
シーリング工事は、既存のシーリングの上に新しいシーリングを充填する「増し打ち」、既存のシーリングを撤去してから新しいシーリングを充填する「打ち替え」があります。
シーリングの性能を発揮させるためには十分な厚みが必要ですので、打ち替えることがほとんどです。
忠岡町の外壁の目地にプライマーを塗布します
シーリングは外壁の目地だけでなく、換気口回りや窓周りなど、外壁に付帯している部分の取り合いの隙間を埋めて防水するために至る所に充填されています。
建物の防水性を高めるためにも、必要な箇所はすべて打ち替えないといけません。
既存のシーリングを撤去し、この後に充填するシーリングで周囲を汚さないようにマスキングテープを貼って養生しました。その後、プライマーという接着性のある塗料を丁寧に塗布します。プライマーはシーリングをしっかりと密着させるための工程ですので、塗りムラがあると、後のシーリングの剥離の原因になってしまいます。
忠岡町で使用する主剤と硬化剤を混ぜたシーリングです
塗装工事に伴うシーリング打ち替えの場合、上に塗り重ねる塗料がシーリングに密着するもの(ノンブリード)を使用しないといけません。塗料と相性の悪いシーリング(ブリード)を使用すると、塗膜を溶かしたり、シワが発生することがあります。
今回は、主剤と硬化剤とを混ぜて使用するノンブリードの変成シリコンを使用しました。肉痩せが少なく、耐候性に優れたシーリングです。
忠岡町の外壁の目地にシーリングを充填
主剤と硬化剤をよく撹拌したシーリングを専用のガンに詰めて充填します。
奥までシーリングが行き届くように後で押さえますので、目地からはみ出るくらい多めに充填します。
忠岡町で充填したシーリングを押さえバッカーで押さえます
シーリングを充填し、押さえバッカー(シーリングの仕上げで使用する道具)で押さえて奥まできちんと充填し、余分なシーリングは撤去します。
この時、シーリングの表面が美しく仕上がるように整えながら押さえないといけません。

忠岡町の外壁のシーリング打ち替え完了
充填したシーリングを押さえてしっかりと充填し、マスキングテープを剥がして完了です。
シーリングは充填してすぐに乾燥が始まりますので、充填してから押さえ、マスキングテープを剥がすまでの一連の作業を続けて行います。ですので、1か所ずつ仕上げていきます。
忠岡町のサッシ回りも打ち替え完了
サッシ回りのシーリングもきちんと打ち替えました。
サッシの下端はのぞき込まないと見えないですし、雨水は入りにくいですが、気密性を確保するためにもシーリングを打ち替えないといけません。
忠岡町の換気カバー回りも防水
換気カバー回りのシーリングも打ち替えました。
シーリングは隙間を塞いで防水する役割があるため、外壁のいたるところで使用されています。塗装するだけではこういった取り合い部の防水性を高めることができないので、シーリング工事をセットで行いましょう。
街の屋根やさん岸和田店では、シーリング打ち替え工事は防水専門の職人が作業を行っております。「せっかく塗り替えたのに、シーリングだけがボロボロになってきた!」とならないように、防水の実績がある弊社にお任せください。

次は屋根の板金の再固定や外壁のサイディングの補修の様子をご紹介します。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市のベランダのひび割れをシーリングで防水

岸和田市のベランダのウレタン防水工事です。K様邸のベランダは立ち上がり壁や床面にひび割れが生じるなど劣化が進み、ベランダの下端の軒天井や外壁に水が廻っている形成がありました。今回の工事で台風被害に遭った屋根を修理して屋根と外壁を塗装したので...........

岸和田市のベランダの下端の軒天井に水が廻っています

岸和田市のベランダ防水の躯体補修及び下地調整です。K様より台風で屋根などに被害が遭ったとのご相談をいただき、屋根修理と外装リフォームなどを行いました。現地調査でベランダの下端の軒天井に雨水が廻って木部が傷んでいることが確認されたので、ベラン...........

岸和田市の外壁塗装後

岸和田市の外壁塗装です。K様邸は台風被害に遭った屋根などを修理し、同時に屋根と外壁の塗装もされました。外壁にはALCパネルを張っていて、塗装前にパネルの継ぎ目に充填しているシーリングを増し打ちしてきちんとメンテナンスしました。その後高圧洗浄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747