泉大津市の飛散したベランダの波板をポリカ波板に張替えました!


泉大津市で台風で屋根の板金や波板が飛ばされて、雨漏りしているとのご相談で現地調査にお伺いし、各所修理工事を行いました。
前回までに、屋根の修理やベランダ防水などの様子をご紹介しました。今回は、ベランダの波板張替えをお伝えします。
泉大津市のテラスの波板を張り替えます
K様邸のベランダの波板は塩化ビニール製で、経年で傷んできている状態でした。
塩ビ製の波板は昔多くの住宅で使用されていましたが、月日とともに硬化して割れやすくなってしまいます。今回の台風21号でも塩ビ製の波板が飛ばされる被害が多く発生しました。
K様邸はベランダの下のお部屋で雨漏りしていたので、ベランダをウレタン防水し、窓周りのシーリングも打ち換えました。波板が無い状態だとベランダに直接雨水が落ちるのであまりいいことはありません。
泉大津市のテラスの樋の中に苔などが堆積

テラス屋根に残っていた波板をすべてめくって張り替えます。
テラスの雨樋を確認すると、苔や泥が堆積していました。
テラスの雨樋は普段は波板で隠れていますので掃除することができないですし、湿気が溜まりやすいのでこのように苔が発生していることがほとんどです。
泉大津市の樋の中をきれいに掃除しました

雨樋に苔や泥が堆積すると、雨水がきちんと排出されずあふれてしまいます。
先ほどもお伝えしましたが、テラスの樋は波板で隠れていますので、波板を外した機会に掃除することがほとんどです。

K様邸のテラスの樋も波板を張る前にきれいに掃除しました。
泉大津市で使用したポリカ波板です
樋を掃除した後、新しい波板を張りました。
今回使用した波板はポリカーボネート素材です。
ポリカ素材は柔軟性があり、衝撃に強いので割れる心配はありません。また、透明度が高く変形や変色も少ないので安心です。
泉大津市の波板をポリカフックでしっかりと固定
波板を留めるフックも同じ素材のポリカフックを使用したので、見た目もすっきりと仕上がりました。
プラスチック製のフックは経年で割れて外れてしまいますので、最近ではポリカフックを使用することがほとんどです。
泉大津市の波板張替え完了です
波板の張替えが完了しました。
これでベランダに直接雨が落ちることが無く、洗濯物も安心して干すことが出来ますね。

「台風で雨漏りして心配なことがたくさんあったけど、これで安心して過ごせます。ありがとうございました。」

K様にお喜び頂けて本当に良かったです。

街の屋根やさん岸和田店は屋根修理はもちろん、波板の張替えなども承っておりますので気になることがございましたらお気軽にご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の雨樋の修理にお伺いしました

以前屋根修理などを行った貝塚市のI様より「台風の後、玄関に出たら雨樋が落ちてたんです」とのご相談をいただき、調査及び修理にお伺いしました。

泉大津市の樋などの付帯部を塗装

泉大津市の塗装リフォームで今回は付帯部分の塗装の様子をご紹介します。付帯部分とは簡単に言うと建物にくっついている部分のことです。

泉大津市の外壁を上下で色分けします

泉大津市のY様邸は台風21号で外構のフェンスなどが飛散する被害に遭い、それらの修繕と同時に塗り替え時期に来ていた屋根と外壁も塗装することになりました。今回はサイディング外壁の塗装の様子をご紹介します。