泉大津市の雨漏り調査/屋根の棟板金と下地のヌキが落下していました


泉大津市の雨漏り現地調査
泉大津市の住宅にお住いのI様より「数年前から雨漏りしていて、先日の台風でひどくなったんです。屋根の葺き替えを検討しているんですが、見積もりをお願いできますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。
台風の影響で「以前から雨漏りしていて、台風でひどくなった」というご相談がよく寄せられます。雨漏りは長雨や台風時の吹き降りの雨などでひどくなるケースが多くあります。

台風が去った後、「屋根の棟板金が飛んでるよ」と隣の家の方が教えてくれて、確認したら板金と木の板が数枚飛んで落ちていたそうです。
I様は、この現状を目の当たりにして、建物への影響を心配されていました。
棟板金とは、屋根の頂点(三角になった部分)に被せる金属の部材の事です。

泉大津市の和室天井の雨漏りの跡です
まずは、雨漏りしている箇所を確認させていただきました。
二階の和室の天井に雨漏りの跡があり、台風でこの反対側の天井にも雨漏りが広がったそうです。
泉大津市の押し入れの天井にも雨漏り発生!
同じ和室にある押入れの天袋(押入れの上段にある小さな収納)の中は雨漏りがひどく、写真では見えませんが、大きなお鍋を置いて雨を受けていました。
雨の浸入状況を確認するため、こちらの押入れの中から小屋裏を確認しました。
泉大津市の小屋裏に雨が浸入!
小屋裏の中の状態です。
雨が浸入し、梁や柱が濡れているのが確認できました。この雨漏りは屋根から発生したものです。
今回、台風で棟板金や下地のヌキ(木の平板)が飛んだので雨漏りがひどくなったと思われます。
数年前から雨漏りしていたので、その原因は他にあるので調査します。
泉大津市の落下した板金・ヌキ
こちらが台風で飛ばされた棟の板金と下地のヌキです。
台風の時の強風で棟板金がズレたり浮いたり、落下することがあります。もし、隣の住宅の車の上や通行人に当たったら大変なことになるので、できれば定期的に屋根の状態を点検してもらうといいでしょう。
泉大津市の棟板金が飛んでいます!
屋根に上がって確認すると、やはり棟の板金が無くなっていました。
棟板金は屋根の頂点にあるので風の影響を受けやすく、劣化しやすい箇所です。雨風を受ける棟板金が無い状態が無い状態が続くと屋根全体を傷める原因になるので、できるだけ早めの修理をお勧めします。
泉大津市の屋根のヌキも飛んでいます!
棟板金の下にはヌキと呼ばれる木の下地があります。ヌキが濡れて腐食すると、板金を留めている釘がしっかりと留まらず、緩んでくるので板金が浮いたりズレたりする原因になります。
泉大津市の屋根の状態・苔発生
I様邸は屋根の傾斜が緩やかなので、雨の流れがゆっくりになり、棟板金付近に雨が溜まりやすい状態です。
ですので、吹き上げの雨の時などに棟板金付近に雨水が滞在する時間が長くなり、板金の隙間から雨が浸入して雨漏りしていたとの見解です。

数年前から雨漏りしており、今回は屋根の葺き替えをご検討されていました。
屋根からの雨漏りの場合は、屋根を葺き替えると止まるので、工事すると安心ですね。

屋根の点検、雨漏り修理、屋根工事は【街の屋根やさん岸和田店】にお任せください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市のベランダをきれいに清掃します

貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。ベランダは外部にありますので、防水...........

岸和田市の棟板金が飛散

岸和田市の方形屋根の棟板金などの復旧工事のご紹介です。台風21号の強風で、屋根の棟板金がすべてめくれ上がり、下地の貫板も一部飛ばされてしまいました。棟板金とは、屋根の山状になった頂点部分にかぶせる板金のことで、下地の貫板に向かって釘留めされ...........

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........