オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市のモニエル瓦のズレを戻しコーキングで固定し漆喰も詰めました


岸和田市のモニエル瓦屋根の修理です。
O様の初めのご相談は、「台風で波板が剥がれたり、物置が壊れたりしているので見に来てほしい」とのことで、調査の時に確認できていないという屋根も見させていただくと、瓦のズレや漆喰の剥がれがありました。
岸和田市のモニエル瓦がズレています
屋根の被害状況です。
O様邸の屋根はモニエル瓦で、葺き土を使用せず屋根に打ち付けた桟に瓦を引っかけて施工しています。その地瓦(屋根面に施工する瓦)が数カ所でズレている状態でした。

モニエル瓦はコンクリート瓦のことで、セメントと砂を混ぜて形成した瓦のことです。コンクリートの瓦ですので重量があり、落下すると大変危険です。
岸和田市の袖の役物瓦がズレています
屋根の袖(雨樋が付いていない三角になった端の部分・ケラバとも言います)に施工しているL字型の役物瓦もズレていました。
ケラバ瓦は屋根の端に施工する瓦ですので、動きやすいのでビスで固定されているのですが、台風の強風でズレが生じていました。
岸和田市の漆喰の剥がれ
ケラバを全体的に確認すると、際にある地瓦がズレていました。また、地瓦とケラバ瓦との隙間を埋めるためにつめられている漆喰も強風に晒されてポロポロと剥がれてきていました。

瓦のズレを戻し、漆喰を詰め替え、今後の台風や地震に備えてコーキングで瓦同士を繋げて固定することになりました。
岸和田市のズレた瓦を戻してコーキングで固定
ズレた瓦を戻して、瓦同士の取り合いにコーキングを充填してつなげて固定させていただきました。
瓦のズレや飛散を防止するために、このように瓦同士をコーキングで繋いで固定することを瓦のラバーロック」といいます。台風の強風や地震の揺れを受けた時に、瓦同士が繋がっている状態ですので、バラバラに飛散するのを抑えることができます。
岸和田市の屋根の雨水が流れる箇所はコーキングを充填してはいけません
屋根には雨水が直接落ちてきますので、その雨水が軒先方向へきちんと流れるように瓦がへこんだ形状をしています。その部分は雨水が流れる水路になっているため、下端をコーキングで塞いでしまうと、万が一雨水が瓦の内側に入った時に雨水が溜まって雨漏りする危険性がありますので、下端は必ずあけておきます。実際、雨漏りのご相談で調査にお伺いすると、瓦の周囲にコーキングを充填されていることが原因だったケースもございます。
岸和田市のケラバの役物瓦はしっかりとビス留め
ケラバのズレた瓦は、長いビスでしっかりと固定させていただきました。
ビスは釘に比べて抜けにくいですが、経年で緩むことがあると強風を受けた時に瓦がズレることがあります。
岸和田市の既存の漆喰を剥がします
ケラバと地瓦の隙間を埋めている漆喰も剥がれてきていたので、この工事ですべて詰め直すことになりました。
既存の漆喰の上から新しい漆喰を詰めた場合、下に残っている漆喰と一緒に剥がれる可能性がありますし、新しい漆喰が少ししか詰められないので、既存の漆喰を剥がしてから施工します。O様邸は以前屋根塗装をされたので、漆喰が屋根の色と同じ色になっていますが、今回は通常の白い漆喰を使用します。
岸和田市の新しい漆喰を詰めました
ケラバの既存の漆喰を剥がして新しい漆喰を詰めました。
漆喰は瓦の隙間を埋めて防水したり、瓦を固定する役割を担っています。漆喰の剥がれは防水性の低下にもつながりますので、劣化を感じることがあれば一度業者に見てもらいましょう。
岸和田市の棟もコーキングで固定
屋根の頂点には棟があります。この部分に発生する隙間を埋めるために瓦を被せています。(使用する屋根材によって変わります)棟は屋根面よりも高い位置にあることから、風や揺れの影響を受けやすいとされ、銅線などを用いて固定されていますが、この台風で少しズレてしまいました。
屋根面と同様に、瓦のズレを戻してから、コーキングを充填してしっかりと固定させていただきました。
岸和田市のテラスの波板を張り替えました
台風の影響で、テラス屋根の波板が数枚飛ばされる被害がありました。
飛ばされた波板は塩ビ製の波板で、経年で硬化して物が当たったり強風などで割れる可能性があり、実際に飛ばされてしまったので、この機会に耐久性のあるポリカ波板にすべて張替えました。
岸和田市のカーポートの波板もきれいです
カーポートの波板も塩ビ製で、一部フレームから外れたり、波板を固定しているフックが割れてばたついていたので、テラスと同様にポリカ波板に張り替えました。
ポリカ波板は、柔軟性があるため加工しやすく、衝撃にも強いのでほとんど割れる心配はありません。また、経年での色褪せも少ないため長くご使用いただけます。
「雨漏りしてないから、屋根は大丈夫かな、と思ていたので被害があることを知って驚きました。見えない部分なので、きちんと修理してもらって良かったです」

O様のお力になれて良かったです。
見えない屋根の上に被害があるのでは・・・、と心配されている方は街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747