岸和田市のケラバの袖瓦と棟の冠瓦が飛散!しっかりと調査しました


岸和田市の屋根の修理の現地調査
岸和田市で「台風で屋根に被害が出てるので見積と修理をお願いできますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。

街の屋根やさん岸和田店は、お問い合わせをいただいた時に、ある程度の被害状況とご心配されていることをお聞きし、必ず実際に現地を確認してから修理のご提案をさせていただいております。
「屋根の上が見れてないので心配なんです」「天井裏でポタポタと雨音がするんです」「隣の家で作業していた業者の人に、屋根がめくれてるから雨漏りするよ、って言われたんです」など、気になっていることがございましたらお気軽にお伝えください。

岸和田市のケラバの袖瓦が飛散したそうです

K様邸の屋根は日本瓦・土葺きで、ケラバ(屋根の雨樋のついてない三角の面)の袖瓦がたくさん飛散しており、下地の土がむき出しになっていたので雨が直接当たらないようにシートをかけて養生されていました。

ケラバの袖瓦や軒先の瓦は、外壁より突き出ていることがほとんどなので、吹上げの風が吹いた時にめくれ上がる可能性が高く、被害に遭いやすいと言えます。
岸和田市・袖瓦は風の影響を受けやすい箇所です

被害の状況をきちんと確認するため、養生のシートをそっとめくらせていただきました。
袖瓦が数枚飛散し、下地の土がむき出しでした。

屋根に被害があると、雨漏りが心配で早急にシートで応急処置されるので、担当者がお伺いした時にはすでにシートがかけられていることがあります。シートをめくっても同じように復旧可能な場合はこのようにそっとめくらせていただき被害状況を確認します。
岸和田市の袖瓦・反対側はすべて飛散していました!
反対側の袖瓦はすべて飛散していました。

先ほどもお伝えしましたが、袖瓦や軒先瓦は風の影響を受けやすいので、台風でこのように飛散している事例が多く発生しています。飛散しなくてもズレていることがありますので、下から確認してみましょう。
岸和田市の棟の冠瓦も飛散
棟を固定している銅線が切れて、冠瓦(一番上に施工する瓦)が飛散していました。

棟とは屋根と屋根が合わさる三角になった部分で、のし瓦という四角い瓦を数段積み上げ、上に冠瓦をのせてつくられています。屋根よりも高く積み上げられていますので、棟も風をまともに受けてしまい、風被害に遭いやすい箇所です。K様邸の棟は冠瓦のみが飛散しており、棟自体に被害が及んでいなかったので、冠瓦の復旧のみで修理が出来ます。
岸和田市の袖瓦が割れています
飛散した棟のすぐ横の袖瓦が一枚割れていました。
割れた部分が残っていたので、防水テープを貼って応急処置します。
袖瓦を復旧する時は、飛散を防止するために釘で固定します。
岸和田市の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています
他にも、鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれている箇所がありました。
漆喰は瓦と瓦の隙間を埋めて接着する役割がありますので、このように剥がれてくると雨水が入ったり、鬼瓦が動いてしまいます。
岸和田市の屋根のシートを元に戻しました!
被害状況を確認した後、養生シートと土のうを元に戻しました。
土のうは月日と共に傷んできて穴が開いて裂けてきてしまいますので、永久的に使用できるものではありません。
ですので、必ず本復旧工事を行いましょう。

岸和田市の棟も養生
シートを折りたたんで、棟も養生しました。
すぐそばで割れていた袖瓦には防水テープを貼って応急処置しました。
岸和田市の波板が飛散しています
波板の張替のご相談もありました。
1階のテラス屋根の波板が一部飛散しており、この機会に全て張り替えたいとのご希望でした。
以前は多くの住宅で使用されていた塩ビ製の波板ですが、紫外線に弱いので経年で硬化し、非常に割れやすくなります。同時に変色も著しいので、見た目も古い印象を与えてしまいます。
新しく張り替える波板はポリカーボネートという耐衝撃性に優れた波板なので、物がぶつかっても割れることなく変色も少ないので長持ちします。

街の屋根やさん岸和田店は、ご心配されていることをよくお聞きし、その上でよりよいご提案をさせていただいております。
屋根のことでお困りの方はお気軽にご相談くださいね。

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の台風被害の現地調査

貝塚市のK様より「台風で屋根から板金が落ちてきたんです。心配なので調査してもらえますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。K様邸はカバー工法の屋根で、大屋根の棟板金と、1階の出窓の上の棟板金が飛散している状態でした。

和泉市の壁際水切りを取付け

和泉市の雨漏り修理及び台風被害箇所の修復工事のご紹介です。U様邸は鉄骨造で屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。お隣さんと外壁がつながっている形状で、お隣さんの方が建物が高いため、U様邸の屋根が外壁の取り合いになっています。U様邸は台...........

和泉市の天井のクロスが剥がれています

和泉市にお住いのU様より「台風で雨漏りしてるので見に来てもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。U様邸は鉄骨造で、屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。