岸和田市の瓦屋根をスレート葺きにするご相談でお伺いしました


岸和田市にお住いのN様より「屋根の葺き替えを考えてるんです」とのご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。
N様邸は日本瓦とスレート(厚さ5mm程度の薄い屋根材)葺きの屋根があり、どちらも平屋建てです。今回は、土葺きの日本瓦の屋根から軽いスレート材への葺き替えをご希望されていました。
岸和田市の屋根葺き替えと塗装のご相談です
既存の瓦は青い釉薬瓦で、数カ所で凍て割れ(瓦が凍てて表面がはじけるように割れること)を起こしていました。また、瓦を1枚めくって確認すると、下地の葺き土も痩せている状態でした。近年、大型の台風が上陸していることもあり、今後安心して暮らせるように屋根を葺き替えて塗装も行うことになりました。
岸和田市のスレート屋根と瓦屋根
冒頭でもお伝えしましたが、N様邸は瓦屋根とスレート屋根があります。
瓦屋根はスレートに葺き替え、スレート屋根の方は塗装でメンテナンスします。同時に、両方の建物の外壁も塗り替えることになりました。
岸和田市の青い釉薬瓦です
葺き替える方の屋根は青い釉薬瓦です。
釉薬瓦は粘土を瓦の形に形成した後に釉薬(ゆうやく)というウワグスリを塗布して焼いた瓦のことです。
釉薬によって色んな色の瓦をつくることができますし、表面に膜ができるので耐水性もあります。
きれいな青い瓦ですが、葺き替えの際はすべてめくって処分します。
岸和田市の屋根瓦が凍て割れを起こしています
遠目で見るときれいな屋根に見えますが、調査を進めると数カ所で「凍て割れ」を起こしていることが分かりました。
瓦の凍て割れは「凍害」とも言います。簡単にご説明すると、瓦が水を吸い込んで(瓦が古くなると水を含みやすくなります)その水分が凍った時に体積が膨張して瓦の内部から割れてしまう現象です。
水が氷ると膨らむのと同じように、瓦が吸い込んだ水分が氷ると膨らんで瓦が破壊されてしまいます。
岸和田市の屋根の葺き土が痩せています
確認のため、瓦を1枚めくってみると、下地の葺き土が痩せていることが分かりました。
土葺きの屋根は、粘り気のある葺き土に瓦を密着させて固定していますので、土が乾燥して痩せたり、土が流れてしまうと瓦のズレや飛散の原因になってしまいます。
葺き土の劣化が進むと屋根の上を歩くと「カタカタ」と音がしますし、瓦が動くのですぐに分かります。
岸和田市の下屋はスレートで苔が生えています
瓦屋根の下には下屋があり、こちらはスレート葺きでした。
スレートは表面の塗膜が傷んでくると、水分を含むようになります。そうすると、苔が生えやすくなりますし、含水・乾燥を繰り返す過程の伸縮の影響でスレートが反ったり割れることがあります。それらの劣化症状を抑えて長持ちさせるために定期的な塗り替えが必要です。
こちらの下屋は、上屋根を葺き替えた後に塗装します。
岸和田市のスレート屋根は塗装します
別棟のスレート屋根も色褪せて苔が生えていました。
そろそろ塗り替えの時期に来ていますので、今回の屋根葺き替え工事と一緒に塗装でメンテナンスします。
表面を塗装してあげると、雨水を弾いてくれるので、スレートの劣化を抑えることができますし、屋根の防水性能も高まります。
岸和田市の屋根の板金を固定している釘が緩んでいます
スレート屋根は棟(屋根の頂点の水平部分)や軒先、壁際などに板金を被せて取付けています。N様邸の各板金はスクリュー釘で固定されていましたが、経年で緩んできていました。この釘が緩むと風で板金が飛ばされる危険性がありますので、しっかりと固定しなおします。
岸和田市の外壁がチョーキングを起こしています
外壁も屋根と同様に水による劣化症状を防止するために塗装されていますが、その塗膜が傷んで「チョーキング」を起こしていました。
チョーキングとは、外壁を手のひらでこすった時に、劣化して粉状になった塗膜が手につく現象のことです。チョーキングは塗膜の劣化を意味し、塗り替えの目安になります。
岸和田市の外壁にひび割れが発生
外壁にはひび割れも数カ所発生していました。
ひび割れはその大きさにもよりますが、建物にとっていい影響を与えません。ひび割れから雨水が浸入して雨漏りすることもありますし、幅が広く奥深いひび割れが基礎部分に発生すると建物の安全性を脅かす危険性があります。
処置が必要なひび割れは塗装前にきちんと補修させていただきます。
岸和田市の外壁の誘発目地が割れています
また、外壁の「誘発目地」にもひび割れが生じていました。
誘発目地とは、ひび割れを集中させるためにあらかじめ設けた目地のことです。
この目地が割れるのは想定内なのですが、放置はできませんので、シーリングを充填して補修します。シーリングは柔軟性がありますので、地震などの揺れが発生した時にある程度追従します。
2018年に大阪に上陸した台風21号では、瓦の飛散が相次ぎ、他の屋根材への葺き替えのご相談が殺到しました。
街の屋根やさん岸和田店は、お客様の不安や心配を解消できるようにスタッフ一丸となっています。屋根のことでお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

次は仮設足場設置の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市上松町のスレート瓦の屋根葺き替え工事 

岸和田市上松町でスレート屋根の葺き替え工事着工
岸和田市上松町の屋根スレート瓦の下屋部分の葺き替え作業完了
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
スレート瓦コロニアルクァッド
築年数
築30年
建坪
約60坪
保証
工事費用
約182万円(税込)
施工事例

岸和田市土生町で屋根の洋瓦(エアルーフフレンチ)葺き替え工事

岸和田市土生町で屋根の洋瓦葺き替え工事
岸和田市土生町で屋根の洋瓦葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
エアルーフフレンチ
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
20年間
工事費用
約170万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市のガレージの棟から雨水が入ってしまいます

和泉市のガレージの屋根の修理です。台風で屋根の波型スレートが割れて穴が開き、雨漏りしたのでご自身で上から波板を貼って応急処置されていました。角棟の役物も数枚飛散し、隙間があいているのでそこからまだ雨水が浸入するとのことで、修理にお伺いしまし...........

岸和田市の屋根修理の現地調査

岸和田市のスレート屋根の修理のご相談で現地調査にお伺いしました。台風で屋根の一部が剥がれたのですが、どこの業者も忙しくてなかなか見に来てくれず、雨漏りもしていなかったので落ち着くまで待とうと約1年近くそのままの状態だった、とのことです。

熊取町で屋根材と野地板が一部飛散しました

熊取町のI様邸の屋根修理です。I様邸は化粧スレートと言う平型の薄い屋根材を葺いた屋根で、台風の強風で、屋根の一部のスレートと一緒に下地の野地板も飛散してしまいました。屋根に穴が開き、台風時には大量に雨水が浸入してきたとのことで、ブルーシート...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747