オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の陸屋根のパラペットのめくれた笠木の固定工事


皆さまこんにちは!

街の屋根やさん岸和田店の小南です。


早速ですが「笠木・かさぎ」という言葉を聞いたことがありますか?

今回は、台風の強風でめくれたパラペットの笠木の固定の様子をお話したいと思います。

いきなり「パラペットの笠木がめくれた!」と言われても
何のことだか分からない方が多いかもしれません。

まずは、パラペットと笠木について簡単にご説明させていただきます。


パラペットと笠木・・聞きなれないけど、どの部分??

岸和田市のパラペットと笠木

「パラペット」とは、陸屋根やバルコニーなどの周囲に設けられた低い立ち上がり壁のことです。

「笠木」とは、パラペットや手すり壁などの天端の仕上のことを表しています。

笠木は、パラペットや手すり壁の天端から雨水が浸入するのを防ぐ役割があり、
更に、雨水が伝って外壁を汚したり劣化するのを抑えるために取り付けられています。


岸和田市の陸屋根の笠木の一部がめくれたということです

● 笠木はどんな役割があるの?

笠木は、パラペットや手すり壁の天端から雨水が浸入するのを防ぐ役割があり、更に、雨水が伝って
外壁を汚したり劣化するのを抑えるために取り付けられています。

手すり壁などの上部は天を向いている為、雨水を直接受けてしまいます。そのため、劣化すると雨漏りの原因になることがある部位になります。


☆ 雨漏りの弱点になりやすい天端を防水するための仕上が「笠木」なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「パラペット」「笠木」について簡単にご説明しましたがご理解いただけたでしょうか。

笠木についてもっと詳しくご説明していますので、下記のリンクよりご覧になって下さい。
↓↓↓↓


では実際に街の屋根やさん岸和田店で行った「笠木のめくれの修理」の様子をご紹介したいと思います。

H様よりご相談があった陸屋根のパラペットの笠木の固定工事の様子をお伝えします

岸和田市のマンションの台風で笠木がめくれ上がったとのご相談です

「台風で陸屋根の鉄板がめくれ上がってしまったんです」

というご相談をいただき、現地調査にお伺いすると、すでに応急処置が済んでいて
釘で仮に固定している状態でしたが、あくまでも応急的な処置なので、
今後まためくれ上がらないようにビスでしっかりと固定することになりました。

岸和田市の笠木を釘で固定

● 台風直後、陸屋根の笠木がめくれ上がっているのに気づき、元に戻して釘で固定されたということです。

H様邸の笠木はカラー鋼板という表面を塗装した鋼板の仕上でした。

釘を打っただけの状態だったので、釘頭から雨水が入り込む可能性があります!


岸和田市の笠木の鋼板が錆びつきシーリングが剥がれています

● 笠木の鋼板がめくれ上がった影響で、継ぎ目に充填しているシーリングが破断している状態でした。

⚠ このままでは継ぎ目から雨水が浸入して雨漏りする危険性があります!

工事の際は既存のシーリングを剥がしてきちんと充填しなおしますのでご安心ください。

また、笠木の鋼板が錆びついていたので、これ以上錆が広がる前に錆止めを塗布して
塗装のメンテナンスも行うことになりました。


岸和田市の笠木の鋼板の形を整えます
● 台風で笠木の鋼板めくれ上がり、元に戻して釘で固定されていましたが、変形していたので、形を整えました。

めくれ上がった鋼板は、幸い破損していなかったので形を整えて再利用します。

岸和田市の笠木の鋼板の形を整えます
● 笠木の表面に木材を添えて金づちで叩いて形を整えます。

笠木の鋼板が破損していなくて、見た目も気にしない、という場合は、このように形を整えて再利用させていただきます。


岸和田市の笠木の継ぎ目の際でしっかりとビス留め

● 鋼板の継ぎ目の際の2カ所でビス留めしてしっかりと固定しました。

台風時などの強風を受けた時に弱点になるのが継ぎ目部分です。

継ぎ目を頑丈に固定すると、めくれにくくなります。

念のため、継ぎ目付近でも数カ所で固定させていただきました。

岸和田市のすべての笠木を固定しました

● 台風で被害に遭わなかった部分も今後めくれ上がる可能性があるため、すべてビスで補強させていただきました。

ビスは下地にねじ込む形で留め付けられているので、釘よりも頑丈で抜けにくいので安心です。

岸和田市の笠木の継ぎ目の既存のシーリングを撤去します
● 板金の継ぎ目に充填されていたシーリングを撤去して打ち替えます。

このシーリングは笠木の鋼板の継ぎ目から雨水が浸入するのを防止するために充填されています。

笠木を固定している釘頭にもシーリングが充填されていました。



岸和田市の残ったシーリングをカッターできれいに取り除きます
● 鋼板にくっついて残ったシーリングもカッターできれいにそぎ落とします。

シーリングは紫外線の影響で次第に硬くなって、割れたり剥離するなどの劣化症状が出てきます。

そうすると防水性能が低下してしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。


岸和田市の笠木を固定したビス頭にシーリングを充填

● 鋼板の継ぎ目や、鋼板を固定したビス頭にもシーリングを充填してきちんと防水しました。 

 笠木を固定すると強度を維持できますが防水性が確保できません。 

 補強工事で笠木が飛ばなくなっても雨漏りしたら元も子もないので、きちんと防水処置させていただきました。


岸和田市の笠木の補強完了

● 陸屋根の笠木全てをビスで固定し、補強完了です!

笠木部分は雨漏りの弱点になりやすいので、
「耐久性」「防水性」を向上させ、今後の自然災害に備えました。

「笠木が浮き上がっているけど、剥がれていないし・・・」と修理を先送りにすると、
強風でめくれ上がったり、飛散する危険性があるため、異変に気づいたら早めに業者に相談しましょう。


次は、笠木の塗装のメンテナンスの様子をお伝えします。





街の屋根やさん岸和田店 代表山中真二

☆ お住いのことで、何かお困りのことがありましたら街の屋根やさん岸和田店にご相談ください!

屋根や建物の構造に詳しいものが調査にお伺いして、状況を確認し、プロの目線でアドバイスさせていただきます!

もちろん調査・お見積りは無料です!

お気軽にお声かけ下さいね。

お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りの原因はテラスの倒壊!アルミ製のテラスで復旧です!

貝塚市のベランダ現況
貝塚市のベランダにテラス屋根設置
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
台風
使用素材
三協アルミ・レボリューA
築年数
約38年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)
施工事例

忠岡町で軒樋から雨漏り発生!内吊りの軒樋を交換しました!

18213c9c0eae57697dd4ee4bb3df5d77
忠岡町の雨樋交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
台風
使用素材
軒樋・じょうご・止まり・エルボ・内吊り金具他
築年数
約31年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約12万円 雨樋交換・清掃費用・・8.6万円(ともに税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

岸和田市の笠木は目立ちませんが重要な役割があります

皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。今から17年前の今日、2月4日は「Facebook」が開設された日なんだそうです。時代とともに暮らしがどんどん便利になっていきますね!・・・・・・・・・・・・・・・・・・さて、前回のブログ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747