オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市で玄関先のタイルが剥がれてカラーベストも飛散していました


岸和田市のタイルの剥がれや屋根の点検
岸和田市のK様より「台風で玄関先のタイルが剥がれてしまったので、何かいい方法で修理できますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。

K様邸の玄関は変わったデザインで、柱と梁にタイルを貼っていました。
台風以前から「タイルの目地セメントが割れてきているな」と心配されていたそうです。
岸和田市で台風でタイルが落下

外壁は日々、雨風や紫外線にさらされて過酷な環境下にあります。タイルはそれらの影響を受けにくいと言われていますが、それはタイル自体のことです。
タイルの下にある下地は、気温が上がると膨張し、下がると収縮します。この膨張と収縮の動きを何度も繰り返していると、タイルを固定している接着剤が傷んできます。
タイルが健全でも、それを繋ぎ留めている接着部分が劣化すると、タイルが剥離してしまいます。

「あまり上を見上げることはないので、タイルで復旧しなくてもいいです。何か他にいい方法はありますか?」
とのことで、メンテナンスが簡単にできて、長持ちする材料でのご提案を検討することになりました。
岸和田市の樋が外れています
樋のご相談もありました。
竪樋が壁のつかみ金物から外れて動いている状態でした。

軒先の軒樋は受金物で、竪樋はつかみ金物で固定されています。どちらも樋をしっかりと固定しますが、台風などで予想外の風を受けると、金物と一緒に外れることがあります。
岸和田市の呼び樋が落下
外れていた樋の先にあった呼び樋(軒樋と竪樋を結ぶ樋)は地面に落下していました。
この呼び樋は下屋の上に這わせているのですが、屋根の上では金物が使えず、何カ所も固定できないのでズレたり外れることが多いです。
復旧時は、瓦の間に差し込んだ釘に針金(ステンレス線)を巻き付けてくくり付けます。
岸和田市の化粧スレートが剥がれています

「台風後、屋根の点検をしていないのでどういう状態か分からないんです」
と心配されていたので、屋根に上がって確認しました。

K様邸の屋根はカラーベスト(薄型の平たい屋根材)で、風の影響で数枚めくれていました。

このめくれかたを見ると、下から吹き上げた風が瓦の隙間に入って下から押し上げて瓦を割って飛散したようでした。

屋根材の下にはルーフィングというゴム状の防水シートがあるのですぐには雨漏りしませんが、屋根材が無くなっていると思うと気持ちがいいものではありませんね。
岸和田市のスレートの飛散
他の箇所でも屋根材の飛散がありました。
こちらは屋根材が抜け落ちたような飛散の仕方です。

工事の関係者が下から見ると、屋根材が飛散していることに気づくかもしれませんが、一般の方が見ても分かりにくい飛散の仕方です。
岸和田市の瓦が割れています
屋根に何かぶつかったのか、屋根材が割れて、その破片が屋根に残っていました。
カラーベストは、雨風や紫外線の影響で、年数と共に割れやすくなってしまいます。劣化が著しい場合は、屋根の上を歩くだけでヒビが入ることがありますので、屋根に上がる時には注意しないといけません。
岸和田市の棟板金も飛散
屋根の棟板金も飛散していました。
棟とは、二つの屋根の面が合わさる部分(山状になった頂点)のことで、棟板金とはその上に被せる板金のことです。
今回飛散したのは降り棟(軒先に向かって下りる棟)の板金で、一部残っていました。
棟の板金が無いと、そこから雨水などの水分が浸入し、屋根材の下に雨水が流れることになります。
先ほどもお伝えしましたが、屋根材の下には防水シートがあるのですぐに雨漏りに繋がりません。ですが、屋根の内側に湿気がこもって下地の野地板の劣化を進める場合もありますので、放置せず必ず復旧しましょう。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の点検・ご相談など承っておりますのでお気軽にご相談くださいね。


同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町で台風で屋根に被害が遭ったとのご相談

熊取町にお住いのO様より「台風で屋根に被害が遭ったので他の業者に依頼して応急処置してもらったんですが、工事がなかなか進まないので一度修理の見積もりをもらえませんか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。O様邸は木造2階建て、土葺き...........

泉南郡岬町の台風の被害箇所のご相談

泉南郡岬町で平成30年に上陸した台風21位号の影響でカーポートの屋根パネルが飛んだり、屋根も破損している、とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。M様邸は2階建てで、屋根は化粧スレート(平型の薄い屋根材)、外壁はモルタル塗り仕上げです...........

泉佐野市で足場を設置しました

泉佐野市の出窓に発生した雨漏り修理です。Y様邸は鉄骨造の3階建てで、3階にある洋室の出窓の天井から雨水が浸入しました。調査を行うと、出窓の天板とサッシとの取り合い部に充填しているシーリングが劣化し、割れて隙間があいていることが分かり、この工...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747