岸和田市の屋根を軽量化する葺き替え工事・コロニアルグラッサを使用


岸和田市の雨水の浸入を防ぐルーフィングです
岸和田市の屋根葺き替え工事で前回までに、屋根の下地の構造用合板の設置とルーフィング敷きまでをご紹介しました。
今回はその続きで、屋根の瓦葺きをお伝えします。
既存の瓦は洋瓦で、新しく使用する瓦はカラーベストコロニアル・グラッサです。
岸和田市のルーフィングの上に瓦を葺きます
写真は前回ご紹介した、屋根にルーフィング(改質ゴムアスファルトルーフィング・防水シート)を敷いた様子です。
このルーフィングが破損しない限り、屋根の内側に雨水が浸入することはありません。

このルーフィングの上に新しい瓦を葺いていきます。
岸和田市の屋根の上に瓦を並べました
瓦と言えば、日本瓦のような厚みのある瓦をイメージされると思いますが、カラーベスト(スレート・コロニアルとも言います)は平型に形成された薄い瓦です。
厚みは5~6㎜ほどで、陶器の瓦よりも軽いので、土を降ろして葺き替えることで屋根が軽くなります。

数枚ごとに束ねられた瓦を屋根全体に広げて並べておくと、瓦を葺くときに移動しないで済みますので作業がスムーズに進みます。
手前に見えている工具は瓦を切断するカッターで、要所要所で瓦を加工しながら葺いていきます。
岸和田市の屋根に谷樋を取付けました

続いて、屋根の谷樋を設置しました。
谷樋とは、屋根の谷になっている部分に設ける雨樋で、谷の両側にある屋根から流れ落ちてくる雨水を受けて軒樋に流す役割があります。
谷樋は雨水が集中するので劣化しやすく雨漏りの原因になることが多いので、錆びに強くて長持ちするガルバリウム鋼板を加工した樋を谷に取付けました。

谷樋の両側には瓦が上に乗るので屋根の全体の谷樋を先に取付けます。
岸和田市の軒先から順に瓦を葺きます

谷樋の他に、屋根のケラバ(雨樋が付いていない方の屋根面)と軒先に唐草という板金部材を取付けてから瓦を葺きます。
唐草は、雨水が軒天井などに染み込むのを防ぐ部材です。

続いて、瓦を軒先から順に葺いていきます。
下から順に、上に葺く瓦の重なり部分で釘留めして固定します。
岸和田市の屋根の谷樋周辺は瓦をカットして葺きます
谷樋付近の瓦は形状に合わせてカットして葺きます。
カットすると、谷樋に沿って瓦が真っすぐそろい、見た目がきれいですし、雨水もスムーズに切れます。
岸和田市の屋根の棟には板金を取付けます
屋根の棟にも板金を取付けます。
棟とは屋根と屋根とが合わさる部分・山状の部分で、一番高い位置にある水平部分を「大棟・おおむね」と言い、軒先に向かって下りている棟を「下り棟・くだりむね」と言います。
棟の部分には隙間ができますので、雨水が入らないように板金を被せると言う訳です。
岸和田市の屋根の棟にヌキを取付け
屋根の瓦を葺いてから、棟板金の下地の木材を取付けました。
これは棟板金を固定するための下地で「貫・ぬき」と言います。
岸和田市の屋根の棟板金を取付けます
貫に向かって、棟板金を釘留めして固定します。
この棟板金は、谷樋と同じガルバリウム鋼板を加工してつくりました。

岸和田市の棟板金とケラバ水切り取付
棟板金と屋根のケラバにも板金で水切りを取付けました。
(水切りとは雨水が内部に浸入するのを防ぐ部材です)
岸和田市の棟板金の継ぎ目はシーリングで防水
棟板金の継ぎ目にはシーリングを充填して防水しました。
継ぎ目がむき出しのままだと、そこから雨水が浸入して、下地の貫を腐食させたり雨漏りの原因になることがありますので、きちんと防水しました。
岸和田市の下屋にも瓦を葺きました
下屋も同じように瓦を葺きました。
壁際の取り合いから雨水が浸入するのを防ぐために壁際水切りを取付けます。
岸和田市の壁の取り合いをシーリングで防水
屋根から壁の立ち上がり部分にかけて板金で包み込み(壁際水切りと言います)、上部にシーリングを充填して防水しました。
before1
岸和田市の屋根葺き替え前
葺き替え前の屋根です。

既存の瓦は洋瓦で、経年劣化で屋根全体の瓦がズレていました。
今後発生するかもしれない地震に備えて、屋根を葺き替えることになりました。
horizontal
after1
岸和田市の屋根葺き替え後
葺き替え後の屋根です。

以前よりも屋根が軽くなったので、地震の揺れが発生した時に有利になりました。(屋根が軽くなると建物の重心が下に下がり安定するので)
街の屋根やさん岸和田店は、地震に備えて屋根を軽量化する葺き替え工事、また、耐震新診断士による耐震診断のご相談なども承っておりますので、ご検討されている方はお気軽にお声掛け下さいね。




同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市上松町のスレート瓦の屋根葺き替え工事 

岸和田市上松町でスレート屋根の葺き替え工事着工
岸和田市上松町の屋根スレート瓦の下屋部分の葺き替え作業完了
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
スレート瓦コロニアルクァッド
築年数
築30年
建坪
約60坪
保証
工事費用
約182万円(税込)
施工事例

岸和田市土生町で屋根の洋瓦(エアルーフフレンチ)葺き替え工事

岸和田市土生町で屋根の洋瓦葺き替え工事
岸和田市土生町で屋根の洋瓦葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
エアルーフフレンチ
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
20年間
工事費用
約170万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

高石市の屋根に野地板設置完了です

高石市の屋根葺き替え工事のご紹介です。前日、既存の瓦と葺き土の撤去からゴムアスルーフィング張りまでの様子をご紹介しました。(上の写真はその時の様子です)今回は、屋根材を葺いている様子をご紹介します。K様邸は土葺きの瓦屋根でしたが、雨漏りが発...........

高石市の足場を組み立てます

高石市で大雨の日に雨漏りが発生し、今後の地震にも備えたいとのことで屋根を葺き替えることになりました。土葺きの重い瓦屋根からカラーベストに葺き替えるので、建物の重心が下に下がり、地震の揺れが発生した時に重い屋根よりも安定して有利になります。今...........

高石市の2階の天井で雨漏りしています

高石市にお住いのK様より「大雨が続いた日に2階の天井に雨漏りの跡が付いていて、天気のいい日に小屋裏を確認したら、日差しが入ってきているのが見えたんです。家自体が古くなってきているし、この機会に屋根を葺き替えようと思っているので相談にのっても...........