泉大津市のカラーベスト・棟板金の飛散とアンテナ倒壊の現地調査


泉大津市の屋根材の飛散などの現地調査です
泉大津市で台風被害に遭った屋根の点検を行いました。
近所で屋根の修理を行っていた業者の方に「瓦が剥がれてるから放っておいたら雨漏りするよ」と教えてもらい、その後に街の屋根やさん岸和田店にご相談いただきました。
テレビのアンテナが倒れているのは下から見えていたのですが、屋根の被害は確認できていなかったので、心配されていました。
泉大津市のテレビのアンテナが倒れています
下から屋根の方を見上げると、テレビのアンテナが突き出ているのが見えます。
こちら側の屋根は離れたところから見ると確認できるので、アンテナが倒れているのは分かっていたそうです。
ですが、屋根には被害があるようには見えず、近所で工事をしていた業者の方に教えてもらったのは反対側の見えにくい屋根の方でした。
泉大津市の屋根を裸足で調査します
こちらの屋根は、塗り替えをして間もない屋根だったので、靴と靴下を脱いで裸足で調査をしました。

カラーベストの屋根は塗り替え後は塗料で大変滑りやすくなっています。雨や朝露などで少しでも濡れていると絶対に上がれません。また、乾いていても滑りやすいので裸足で屋根の上を歩くことにしました。
泉大津市の棟板金が飛散

屋根の被害状況です。
棟の板金が剥がれて飛散しており、下地の板がむき出しになっていました。

カラーベストの屋根には、棟(屋根と屋根が合わさる頂点)の仕舞で板金を被せて取付けています。
その板金は釘で固定しているのですが、長年風に晒されているうちに緩んで抜けてきてしまいます。そのような状態の時に台風の強風が吹くと写真のように板金が飛ばされてしまうことがあります。
泉大津市の下り棟の板金もめくれかかっています

下り棟の板金も浮いてめくれかかっていました。

下り棟とは、軒先に向かって降りる棟のことです。
板金を留めている釘が抜けている箇所があり、今にも飛びそうになっていました。

棟の板金が飛散しても、屋根材の下にはルーフィングという防水シートを敷いていますので、すぐに雨漏りすることはありませんが、ルーフィングが破れていたり、長雨が続くと雨漏りすることがあります。
泉大津市の屋根材がめくれています
カラーベストの屋根材は、一枚一枚釘で固定していますので、飛散する時は割れることがほとんどです。

屋根材が割れると、瓦の下に隠れていた釘留めしている箇所が露になることがあります。
本来この釘は瓦の下に隠れていますので、雨に直接あたるとじわじわと雨水が入ることがあります。
泉大津市のタスペーサーです
屋根の上に点在している黒い部材はタスペーサーという屋根の縁切りのための部材です。
屋根の塗り替えを行う時に、塗料で屋根材の隙間が塞がるのを防止するために屋根材の間に挿入する部材です。
屋根材がめくれたので、隙間に挿入していたタスペーサーが抜けてしまっていました。

修理のご提案は、テレビアンテナと棟板金の復旧、飛散した屋根材の差し替えです。
カラーベストが一部飛散した場合、1枚から張り替え可能ですので、お困りの方は街の屋根やさん岸和田店までお気軽にご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の屋根の瓦が大きくズレています

泉南市のI様邸の風雨災害に伴う各所修復工事の様子をご紹介します。泉南市で屋根の現地調査をしているときにお隣に住むI様に「うちも瓦が割れてるんです」とお声をかけていただいたのがきっかけです。

泉南市の台風被害の現地調査

泉南市で台風被害に遭った住宅の現地調査を行っているときに、お隣に住むI様に「うちも屋根の瓦がズレてるんです。一緒に見てもらえませんか?」とお声をかけていただき、調査をさせていただきました。

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。