オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市/色分けしておしゃれに塗装!ALCパネルの外壁塗装のご紹介


貝塚市の塗装前の現況
貝塚市の外壁・屋根塗装で前回、屋根の洗浄から塗装までをご紹介しました。本日は、ALCパネルの外壁を色分けして塗装した様子をご紹介します。
写真は塗装前で、数種類の色の外壁でしたが、今回の塗装で色数を少し減らしてシンプルにまとめて塗装しました。
貝塚市のALCパネルの目地シーリング打ち増し
M様邸の外壁はALCパネルという外壁です。
ALCは簡単に言うと、高温で発泡加工した軽量のコンクリートのことで、壁材の中では断熱性の高い建材です。
ALCパネルの継ぎ目のシーリングは塗装前に打ち増ししました。ALCの目地はへこんだ形状なので、上から打ち増ししてもシーリングに十分な厚みを保てるのでこの工法が主流です。
貝塚市のALCパネルの汚れを洗浄
シーリングの打ち増し後、しっかりと乾くまで日にちを開けてから高圧洗浄を行いました。
高圧洗浄は字の通り強い水圧をかけることにより汚れを掻き落とす方法です。長年に渡り蓄積された汚れやホコリ、劣化した既存の塗膜などをできるだけきれいに洗い落とします。
洗浄をしないで塗装をすると、早期のうちに汚れと共にせっかく塗った塗装が剥がれてくる恐れがあります。
貝塚市の窓周りなど養生
高圧洗浄で全体をきれいに洗浄し、乾いてから養生の工程に入ります。養生は、塗装時に塗料の飛散などで窓や配管など、周りを汚してしまわないようにシートを貼って保護する作業です。建物の周りの土間は塗料が垂れやすいので必ず全体を保護します。(写真は養生後、下塗りを行っている様子です)
貝塚市のALCパネルの外壁の下塗り
窓周りなどを養生してから外壁の下塗りを行います。屋根も外壁も塗装工事では三回に分けて塗装します。
下塗りはこの後に塗る上塗り塗料の付着を良くする働きがあるので、念入りに丁寧に塗っていきます。下塗りが甘いと、早期での塗膜の浮きなどの症状が起こる可能性があるので注意しましょう。
貝塚市のALCの外壁下塗り
M様邸の外壁は色分けされていて、今回の塗装でも同じラインで色分けをするので、先に色分けするラインに印を入れておいてから下塗りしています。下塗りの時点では全体が白色になります。
貝塚市のベランダも下塗り
ベランダも下塗りしています。
今回の下塗り材は、微弾性機能があるので細いひび割れに追従し、きめ細かいので上塗り材の吸い込みが少なく、美しい仕上がりを得られます。
貝塚市の出窓も下塗り
建物の正面にある出窓も下塗りするので一旦は白くなりますが、上塗りでは屋根の色に合わせて黒に近い茶色で塗装します。
貝塚市のALCパネル中塗り
下塗り後、中塗りを行っています。
中塗りは上塗りと同じ材料で色も同じもので塗装するので、仕上がりの色分けの通りに塗装(色付け)していきます。
貝塚市のALCパネル中塗り
ローラーで丁寧に塗装しています。
中塗りがしっかりと乾いてから上塗りをすることで塗膜が二重になり、厚膜で丈夫な外壁に仕上がります。
貝塚市のALCパネル上塗り
中塗りが乾いてから上塗りを行っています。
中塗りの上から塗り重ねることで、中塗りでの塗りムラが無くなり、美しく仕上がります。
貝塚市のALCパネル上塗り
中塗りと上塗りの色を変えると、経年で塗膜が劣化した時に、表面の上塗りの塗膜が薄くなったら、中塗りの違う色が見えてきて見た目が悪くなってしまう可能性があるので、同じ色で塗装することをお勧めします。
貝塚市の出窓を中塗り
出窓も完成の色で中塗り・上塗りします。
この出窓は家のアクセント的な存在なので、どの色にするか迷われていましたが、最終的にシンプルに屋根に合わせることになりました。
貝塚市の取り合いなどは刷毛で塗装
玄関天井や軒天井などの取り合い部分や、細かい部分は刷毛を使って丁寧に塗装します。
貝塚市の雨樋など塗装
外壁の上塗り後、雨樋や配管、メーターなどの外壁に付帯する部分を塗装します。塗装時にはこの付帯部分も塗装しないと、新旧の差が出て古い部分が目立ってしまいますので、同時に塗装することをお勧めします。
貝塚市の玄関天井も塗装
玄関庇は庇の縁の赤い塗料が天井に滲んでいる状態でしたが、ここも三回塗装してムラのない真っ白な玄関庇になりました。
貝塚市のベランダトップコート仕上げ
ベランダはトップコートで仕上げました。
ベランダは常に外部と接しているので汚れが溜まりやすく、雨漏りの発生も多くあります。ですので、一度もメンテナンスをしたことがないベランダは、塗装工事のタイミングで点検して適切な処置を行いましょう。
貝塚市の機能ポールも塗装
玄関の機能ポールも塗装しました。
写真は下塗りをしている様子で、この後カレイドという多彩模様の塗料を吹き付けました。カレイドは汚れが付きにくく、そして汚れが目立たない塗料です。
貝塚市のALCパネルの外壁塗装完了
ALCパネルの外壁の色分けした塗装工事が完了しました。
色数を減らして、落ち着きのある飽きの来ない外観になりましたね!
最近では、一階と二階の色を変えて塗装をされる方も多く、おしゃれな外観のお家が増えています。
「色分けして塗装したいけど配色が分からない・・・」「色分けを考えけるんだけどセンスが無くて・・・」
など、外壁塗装の色分けをお考えの方、配色など、ご納得できるまで打ち合わせをおこないますので安心してご相談くださいね。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の老朽化した朝日ソーラーの太陽熱温水器を撤去した施工事例

貝塚市の太陽熱温水器
貝塚市の太陽熱温水器撤去完了
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング他
築年数
築39年
建坪
約23坪
保証
無し
工事費用
約6万円(太陽熱温水器撤去・システム用配管端部仕舞・瓦補強工他含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の外壁を塗装します

和泉市で行った外壁塗装工事のご紹介です。前回の記事でスレート屋根の塗装の様子をご紹介しました。◆◇◆ F様邸の情報 ◆◇◆◆ 築38年◆ 木造・二階建て◆ 屋根はスレート葺き・外壁はモルタル塗装仕上げ

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市Y様邸の外壁塗装

岸和田市Y様邸の外壁塗装が完了したので付帯部分の塗装を行いました。築26年が経過し、今までに外壁を一度塗り替えられていて、今回で2回目のメンテナンスになります。◆◇◆ Y様邸の情報 ◆◇◆■ 築26年■ 鉄骨造・3階建て■ スレート葺きの屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747