オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市のタイルもクリア塗装した外壁の付帯部分の塗装をご紹介


岸和田市の外壁を吹き付けで下塗りします!
岸和田市の外壁の多彩模様仕上
岸和田市の多彩模様塗料を使用した外壁塗装工事のご紹介です。
外壁塗装は「壁を塗ったら終わり」と言う訳ではありません。建物の防水性能を高めるためには劣化した部分の補修も行いますし、雨樋や雨戸などの付帯部分の塗装も行います。
外壁に付帯する部分では他にも鉄部や木部などがあり、塗装することで、サビ・腐食を抑えることができるので、それらすべてを塗装して初めて、建物を長持ちさせることができるのです。
今回は、そんな「付帯部分」の塗装をお伝えします。
岸和田市の鉄部に錆止めを塗布して上塗りします

Y様邸のベランダは、外壁と同様に傷んできており、今回の塗装工事で床面にはウレタン樹脂塗膜防水を施します。
そのベランダの手すりが鉄製で、表面の塗膜が剥がれて錆ついていたので、サビを落としてから塗装します。
鉄部は雨と空気にふれるとサビが発生しますので、必ず塗装して保護しています。塗膜が劣化して剥がれてくるとそこからサビつき、放置するとどんどん広がって穴が開くことがあります。
鉄部に穴が開くと強度的にも影響しますので、サビが進む前に塗り替えてあげましょう。
岸和田市の他の鉄部も塗装します
鉄部がサビついている場合、必ずサビを落としてからサビ止めを塗布し、上塗りして仕上げます。
サビの上から塗装してもまたすぐに酸化してサビ付いてしまうからです。

写真は玄関先にあるデザイン性のある格子で、塗装が剥がれて色褪せてきていたので、塗装すると引き締まりますね。
岸和田市の庇の板金も塗装
窓の上の庇の板金も塗装しました。

「二階の窓から下を見ると、一階の庇が丸見えで、サビが発生して古くなってるのが気になるんです」
塗装のご相談の時にこういった心配の声をよくお聞きします。
確かに、傷んでいるのを目の当たりにすると気になりますよね。
庇も外壁の付帯部になりますので、塗装時には必ず一緒に塗装します。
岸和田市のベランダの側面のタイルはクリア塗装
ベランダの側面の壁には白っぽいタイルを貼っており、上にある手すりのサビが雨と一緒に流れてきてサビ汚れが付いていました。
先に薬剤でサビを拭き取って落としてからクリアで塗装しました。
岸和田市の玄関先のタイルは塗装でツヤツヤに
クリア塗装は字の通り透明な塗料です。
古くなったタイルをクリア塗装すると、艶が蘇って発色もよく見えます。
古びて見えていた部分をクリア塗装することで高級感が出ました。
岸和田市の雨戸は錆を落として塗装

雨戸も塗装します。
雨戸は外壁に比べると面積は小さいですが、古くなって白サビが発生したような雨戸をそのままにしておくと、周りがきれいになった分、すごく目立ってしまいます。
ですので、美観性を高めるためにも、特にご指定がない場合は雨戸も必ず塗装します。

雨戸の色はお好みでお選びいただけますし、調色して色をつくることもできます。
岸和田市の木製の雨戸は塗膜を落としてから塗装

Y様邸には木製の雨戸(ガラリ)がありますが、表面に施した塗膜が劣化してボロボロに剥がれてきてました。
先に剥がれてきてる塗膜を落としてから塗装します。

ガラリとは、窓やドアなどに取付ける換気口のことで、幅の狭い羽板をブラインドのように平行に取り付けた建具のことです。外部からの視線を遮りながら通風もできます。
岸和田市の小屋裏換気口も塗装
小屋裏換気口も塗装します。
Y様邸の換気口の蓋は木製で、雨戸と同様に色褪せてきていました。
塗装することで、木部に水が廻るのを防ぎ、腐食や劣化も抑えることができます。
岸和田市の樋もきれいになりました
雨樋もすべて塗装しました。
雨樋は塩ビ製なので紫外線に弱く、経年で色褪せて割れやすくなります。
外壁塗装時には、樋に割れや変形などが無いか確認し、再利用できそうな場合は塗装でメンテナンスします。
雨樋を塗装すると、塗膜が紫外線から守ってくれるのでまた長持ちします。
外壁の付帯部分には、雨樋や雨戸の他にも、破風・鼻隠し(屋根の軒先やケラバに取付ける部材)や、軒裏、換気扇のフードカバー、配管カバー、外構など多数あります。それらをきちんと塗装することで、建物全体の美観性が高まりますし、防水性能も確保できます。

せっかくお金をかけて塗装するのに、雨樋や樋などが古いままだと、仕上がりが悪くなって見るたびに嫌な気持ちになります。街の屋根やさん岸和田店は、細かい部分も丁寧に塗装させていただきますのでご安心ください。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の屋根の桟瓦が飛散

泉大津市にお住いのM様より「台風の影響で瓦が割れたりズレているので見に来てほしい」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。屋根に被害があり、2階の和室や階段室、1階の玄関の天井などに雨漏りが発生していました。台風後はどの業者も対応に追...........

岸和田市の破風板の塗膜が剥がれています

岸和田市の外壁塗装の付帯部の塗装です。付帯部とは、外壁にくっついている外壁以外の部分のことです。外壁を塗装すると、古くなった付帯部(雨戸や雨樋、軒天など)が目立ってしまいますので、同時に塗装することがほとんどで、事前に塗り替えのご提案もさせ...........

岸和田市の外壁などのご相談

以前、街の屋根やさん岸和田店で、屋根修理をしていただいた岸和田市のO様より「2階の外壁の一部が剥がれてポロポロと落ちてきてるみたいなんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747