岸和田市のガレージの屋根補修で棟や袖瓦等を修理しました!


岸和田市で台風でガレージの瓦屋根に被害があったとのご相談で現地調査を行い修理工事をさせていただきました。
地瓦の飛散や割れ、棟瓦のズレ、巴瓦の落下などの被害の修復です。
岸和田市のガレージの屋根の被害状況
屋根の被害状況です。
ここは、シートで応急処置されていた箇所で、工事を始める前に剥がしました。
地瓦(屋根の平場で使用する瓦)が数枚飛散し、割れている瓦もありました。
岸和田市の巴瓦が飛散しています
鬼瓦の先にある巴瓦(ともえかわら)も落下していました。

巴瓦とは丸瓦の先に巴が付いた瓦で施工する箇所によって名称が異なります。(軒巴、隅巴、半月巴など)
今回は、棟の先で使用しますので「棟巴」になります。
他にも棟瓦や屋根全体の瓦のズレも修復します。
岸和田市の屋根の養生テープを剥がします
応急処置のシートを防水テープでしっかりと貼られていました。防水テープは強力で粘着力が強いため、きれいに剥がすことができません。ある程度めくってから残ったテープをヘラで削り落としました。
この作業を行っても完全に剥がすことはできません。それくらい強力なのです。
岸和田市のズレた瓦を叩いて戻します
飛散した部分を復旧する前に、ズレている瓦をゴムハンマーで叩いて戻します。
土葺きの屋根は粘り気のある葺き土に瓦を押し付けて密着させていますが、経年で土が乾燥してくると強風や地震の揺れなどの影響で少しづつズレてきてしまいます。
岸和田市の飛散した瓦を復旧します
瓦のズレを戻してから飛散した部分の瓦を復旧します。
新しい葺き土をのせてから瓦を葺きます。
葺き土をのせないでそのまま瓦を差し込むだけだと、下の土が乾燥したままなのでまためくれる可能性があります。
岸和田市の巴瓦を復旧しました
落下した巴瓦(棟巴)も復旧しました。
下地の土をのせて、仕込んでおいた銅線を巻いて固定しました。
岸和田市の屋根修理完了
飛散した瓦の復旧完了です。
岸和田市の棟瓦のズレを修理

棟瓦のズレを修復します。
棟瓦とは屋根の頂点の取り合い部分に積み上げられた瓦のことで、風や地震の影響を受けやすいので銅線などで固定しています。
経年で銅線が緩んだり、下地の土が痩せてくるとズレが生じやすくなってしまいます。
岸和田市の棟瓦を固定します

棟を固定している銅線を取り外して、動いている冠瓦を一度めくり、新しい葺き土をのせて復旧します。

先ほどもお伝えしましたが、葺き土が痩せてくると瓦が動きやすくなってしまいます。
岸和田市の棟を銅線で固定しました
棟瓦のズレを修復し、最後に銅線でしっかりと固定しました。
棟は日々過酷な環境下におかれて劣化しやすい箇所です。
不具合が発生すると、雨漏りの原因にもなりますので、注意が必要です。
岸和田市の袖瓦はビスで固定
瓦屋根の被害で多かったのが棟や軒先部分ですが、袖瓦が飛散している建物も同じようにたくさんありました。
袖瓦は屋根の端にあり、上に瓦がのっていないこともあり周りの瓦に比べて動きやすい状況です。そのため、釘や銅線で固定しているのですが昔の建物の場合、固定されていないことがあります。N様邸の袖瓦も動いていたのでビスで留め付けました。
岸和田市の瓦をコーキングで固定
瓦が全体的に下にズレていたので、戻して一部コーキングを充填して固定しました。

「屋根がきれいになったわ~!あんなにガタガタやったのに。良かったわ~!」
N様にも大変お喜びいただいて、良かったです。

街の屋根やさん岸和田店は、台風被害の現地調査など順番にお伺いしておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談くださいね。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........

忠岡町で台風で雨漏り発生

忠岡町で台風で雨漏りが発生したとのご相談があり雨漏り調査及び屋根の点検にお伺いしました。K様邸の屋根は和瓦で、台風の強風で瓦がめくれ上がり飛散してしまいました。

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。I様邸は和瓦の屋根で、台風で棟の瓦が飛散し、近くに来ていた業者の方にシート養生(応急処置)してもらったそうですが、修理をしてくれる業者が見つからず街の屋根やさん岸和田店にお問合せいただきました...........