オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉佐野市のモルタル外壁の塗装でイメージを変えずに塗装しました


泉佐野市の外壁塗装です。H様の初めのご相談は、台風被害のことでした。スレートの屋根の棟板金が飛散する被害に遭い、その時のご相談でそろそろ塗装の時期に来ているので検討している、とのお話があり、同時に塗装も行うことになりました。前回の記事でスレート屋根の塗装の様子をご紹介したので、続いて外壁塗装の様子をお伝えします。
S様邸の外壁はモルタルの塗り壁で、表面の塗膜が傷んで色褪せてきていました。また、細かいひび割れも少し発生していたので、シーリングを擦りこんで補修してからの塗装になります。

屋根修理及び屋根塗装完了状況

泉佐野市の板金も補強したので安心です
台風被害に遭った屋根の修理状況です。
台風の強風で飛散した降り棟(軒先方向へ向かって降りる棟)の板金を復旧し、スレートがひび割れていた箇所にもシーリングを充填してきちんと補修しました。
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
屋根の塗装完了状況です。
色あせていた屋根を下塗り・中塗り・上塗りの3工程に分けて塗装し、美しくなりました。

外壁塗装の様子

泉佐野市の窓や雨戸も洗います
ここからは外壁塗装の様子をご紹介します。
まずは、塗装前に高圧洗浄で塗装面についた汚れや古くなった塗膜などをきれいに洗い落とします。
塗装面が汚れたままだと、塗料がしっかりと密着しないため、必ず行う工程です。

実際の工事の流れは、屋根から洗浄し、続けて外壁の洗浄を行います。
泉佐野市の外壁のひび割れにシーリング充填
高圧洗浄後、乾燥させてからひび割れの補修を行いました。モルタルの外壁は、もともと水分を吸い込む性質があるため、表面を塗装により防水性を加えています。その塗膜が傷んでくると、外壁が雨水などの水分を吸収するようになり、乾燥する過程でひび割れが発生します。(他にもひび割れが発生する要因はあります)外壁のひび割れは大小様々ありますが、H様邸の外壁のひび割れは幅が細く、奥行きも深くなかったので、シーリングを擦り込んで補修させていただきました。
外壁のひび割れで、幅が広く、奥行きも深いひび割れの場合、放置すると雨漏りの原因になったり、内部の木部や鉄骨などを腐食させて建物の耐久性を低下させることがありますので適切な処置が必要です。
泉佐野市の外壁を下塗りします
ひび割れを補修した後、各所の養生を行い、塗装の工程に入ります。(養生とは、窓などの塗装しない部分を塗料で汚さないように保護する工程のことです)

まずは下塗りです。H様邸の外壁は髪の毛ほどの細さのヘアークラック(ひび割れ)が発生していたので、ひび割れを埋める効果がある微弾性フィラーを使用して下塗りしました。
泉佐野市の外壁を中塗りします
下塗りは、塗装面を調整し、この上に塗り重ねる中塗り・上塗り塗料をしっかりと密着させるための工程です。
丁寧に下塗りした後、中塗りしました。
中塗りは基本的に上塗り塗料と同じものを使用しますので、「上塗り1回目」「上塗り2回目」と表記されることもあります。中塗りだけでは必ず塗りむらができますので、同じ塗料を塗り重ねてきれいに仕上げます。
泉佐野市の外壁の上塗り
中塗りの塗料をしっかりと乾燥させてから上塗りします。
なぜ乾燥させるかというと、乾燥させてからもう一度塗料を塗り重ねることで塗膜が二重になり丈夫で厚膜な塗膜ができるからです。また、使用する塗料の性能を存分に発揮させるためには規定の厚みが必要です。どんなにいい塗料を使用しても、塗膜が薄く、塗りむらがあると長くはもちません。
泉佐野市の塗装後の外壁
上塗り後、乾燥させた外壁面です。
塗り残しなくきれいに仕上がりました。塗装前は塗膜が劣化し、雨水を吸い込む状態でしたが、これで雨水もしっかりと弾いてくれます。外壁の塗り替えは、建物を雨水から守り、劣化を遅らせて長持ちさせることに繋がります。

付帯部分の塗装

泉佐野市の雨樋塗装
外壁の塗装完了後、付帯部分の塗装を行います。
付帯部分とは外壁以外の部分のことです。屋根や外壁を塗装して美しくなると、雨樋や雨戸、庇などの古い部分が目に付いてしまいますので、同時に塗装して美観性を高めます。
塩ビ製の雨樋は紫外線などの影響で劣化が進みますので、塗膜で保護してあげると長持ちします。
泉佐野市の水切りを塗装
土台水切り(壁を伝ってきた雨水が内部に侵入するのを防止委する金物)もすべて塗装しました。
付帯部の塗装は、お好みの色で塗装できますが、白や黒、茶色など控えめな色で統一して塗装することがほとんどです。全体的なバランスを見て付帯部の色を決めます。
泉佐野市の雨戸を塗装
雨戸も塗装しました。
雨戸の枠はアルミですので塗装せず、内側の鉄製のルーバーのみの塗装になります。アルミは特殊な工法で塗装されていますので、そのままのほうが長持ちします。
泉佐野市の庇もきれいになりました
庇も塗装しました。
庇にカラー鋼板などの板金を使用されている場合、経年で錆が発生することがありますので、塗膜で覆って保護してあげると錆が抑えられ、劣化を遅らせることができますし、美観性もアップします。

塗装完了状況

before1
泉佐野市の塗装前
塗装前は塗膜が劣化して色褪せ、全体的に古い印象を与えていました。
外壁の塗膜が傷んでくると、雨水を吸収するようになり、汚れも付きやすくなってしまいます。
horizontal
after1
泉佐野市の塗装後
「今と同じような感じに仕上げたい」とのご希望で、既存の外壁の色に近い色で塗装!付帯部も既存と同じ黒で統一したので、引き締まった外観になりました。
塗装により、防水性能を確保するとともに美しい外観が蘇りました。
「近所の方に、丁寧に工事されていて綺麗になりましたね、と言われて嬉しかったです」
H様の声です。H様のお力になれてスタッフ一同嬉しく思っています!

街の屋根屋さん岸和田店は、屋根の修理などはもちろん、塗装のご相談も承っておりますのでご検討されている方がおられましたらお気軽にご相談ください。


この工事の現場ブログ

泉佐野市の棟板金が外れたとのご相談

2020/04/27/ 泉佐野市で台風で厚型スレートの棟板金が剥がれたとのご相談です

泉佐野市にお住いのH様より「台風で棟板金が剥がれたんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。H様邸は築20年、2階建てで屋根は厚型スレート、外壁はモルタルの塗り壁です。

泉佐野市の屋根を洗浄します

2020/05/01/ 泉佐野市の厚型スレートの塗り替えでタスペーサーを入れました

泉佐野市の屋根塗装です。H様邸は台風で棟の板金が一部落下し、その時の現地調査で屋根と外壁の塗装のご相談があり、塗り替え工事に至ります。この記事では、高圧洗浄から屋根の塗装までの様子をご紹介します。屋根材は厚型スレートという厚みのある平型のス...........

泉佐野市のベランダを防水します

2020/05/20/ 泉佐野市のベランダにひび割れが生じFRP防水を施工しました

泉佐野市のベランダ防水です。H様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根を修理し、屋根・外壁塗装を行いました。現地調査でベランダに施工されている防水の劣化も進んでいることが分かったので、塗装後に防水工事を行うことになりました。ベランダや陸屋根は外...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市の陸屋根のドレン周りから雨水が浸入!応急処置しました!

泉佐野市のドレン補修前
泉佐野市のドレン補修後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シールプライマー、シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
なし
工事費用
施工事例

泉佐野市の雨漏り修理でパラペットの笠木を交換しました!

泉佐野市の台風で剥がれた笠木
泉佐野市の台風で剥がれた笠木の交換
工事内容
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板 シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約16万円 笠木交換費用・・11.2万円(それぞれ税込み)
施工事例

泉佐野市の出窓の雨漏り修理の気になる費用をご紹介!!

泉佐野市の出窓の雨漏り修理前
泉佐野市の出窓の雨漏り修理後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
プライマー・シーリング・ステンレス製換気フードカバー・専用木下地・木部塗装
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・9.7万円 出窓修理費用・・11.7万円 換気フードカバー交換費用・・5.9万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の外壁を塗装します

和泉市で行った外壁塗装工事のご紹介です。前回の記事でスレート屋根の塗装の様子をご紹介しました。◆◇◆ F様邸の情報 ◆◇◆◆ 築38年◆ 木造・二階建て◆ 屋根はスレート葺き・外壁はモルタル塗装仕上げ

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市Y様邸の外壁塗装

岸和田市Y様邸の外壁塗装が完了したので付帯部分の塗装を行いました。築26年が経過し、今までに外壁を一度塗り替えられていて、今回で2回目のメンテナンスになります。◆◇◆ Y様邸の情報 ◆◇◆■ 築26年■ 鉄骨造・3階建て■ スレート葺きの屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747