オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の銅板の谷樋に穴があき屋根の軒裏に雨漏りが発生!


貝塚市にお住いのT様より「軒裏に水が伝ってきてる気がするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。T様邸は2階建ての和風建築で、軒裏に垂木が見えている形状です。
貝塚市の軒裏に雨水が伝ってくるとのご相談
軒裏とは外壁よりも突き出た屋根の先の裏側の部分のことで、そこに雨水が伝って木が腐ってきているのでは、と心配されていました。状況を確かめるため、屋根の上に上がると、雨水が伝っている軒裏の上にある銅板の谷樋に穴があいているのを見つけました。そこから雨水が流れ込んで、屋根の内側を通って、軒裏に出てきたという見解で、銅板の谷樋をガルバリウム鋼板に交換するご提案と、穴を塞ぐ応急処置のご提案をさせていただきました。
貝塚市の軒裏に雨水が伝います
雨水が伝ってきている可能性がある軒裏部分は1階の屋根の軒裏でした。黄色い矢印の付近です。

軒裏は、「軒天」「軒天井」「軒裏天井」とも呼ばれ、火災が発生した時に延焼を防ぐ役割があります。
現在は、軒裏に耐火性のあるケイ酸カルシウム板というボードを張って仕上げている住宅が多いのですが、T様邸のように昔ながらの建物の場合、屋根の垂木などが見える形状になっていることがあります。
貝塚市の軒裏に雨水が廻った形跡があります
ご相談があった軒裏を確認すると、水が廻った形跡がありました。
T様邸の軒裏は、垂木などの木部が見えている状態ですので、吹き上げの雨の日には軒先が少なからず濡れてしまいます。
軒裏の表面から水が廻った可能性もありますが、屋根に葺いている瓦の内側に水が廻ってもこのように雨染みができますので、屋根の上に上がってきちんと確認させていただきます。

貝塚市の軒裏の上に谷樋があります
貝塚市の銅板の谷樋です
屋根上がって確認すると、雨水が伝ってきている可能性がある軒裏の上には谷樋がありました。
谷樋とは屋根の谷部分に設ける雨樋のことで「谷板金」とも呼ばれます。T様邸の谷には銅板を加工してつくった谷樋が取付けられていました。
昔建てられた住宅の谷樋にはT様邸のように銅板の谷樋が多く採用されていましたが、雨水が落ちた時の衝撃で銅板が摩耗して穴があいたり、酸性雨の影響、銅と瓦の釉薬による化学反応などによって穴があくことから、近年では錆に強く耐用年数が長い、ガルバリウム鋼板やステンレス製の谷樋を使うことがほとんどです。
貝塚市の銅板の谷樋に穴があいています
谷樋を確認すると、小さな穴があいていました。

雨漏りのご相談で調査に伺った時に、銅板の谷樋に穴があいているのが多く見られます。
谷樋はふたつの屋根面に落ちてきた雨水が流れ込んできますので、小さな穴が原因で大きな雨漏りに繋がることがあります。
貝塚市の谷樋に雨水が同じ箇所に流れ落ちます
屋根面に落ちてきた雨水は、瓦の形状から毎回同じ経路を通って、谷樋の同じ箇所に流れ落ちます。何度も何度も雨水が打ち付けることで、銅板がすり減り、摩耗して穴があいてしまいます。そして、雨水が落ちる箇所に穴があくので内部に浸入しやすいのです。
貝塚市の谷樋の銅板が薄くなり穴があく可能性があります
銅板の谷樋は、今は穴があいていなくても将来的に穴があくことが想定されますので、長く使用できるガルバリウム鋼板の谷樋に交換するご提案をさせていただきました。もう一つは、カットした銅板を穴にあてて、シーリングで塞ぐ応急処置のご提案です。穴はあいていないですが、摩耗して薄くなっている箇所にも銅板を貼って処置させていただきます。

軒樋(横方向の雨樋)や竪樋(縦方向の雨樋)は下からでも確認できることがありますが、谷樋は屋根に上がらないと見えないことが多いので雨漏りしてから異変に気付くことがほとんどです。今後のメンテナンスのことを踏まえて、ご検討していただくことになりました。
岸和田市の谷樋に銅板をあてて補強します
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
岸和田市の屋根の谷に新しい谷樋を施工します
岸和田市の谷樋交換完了

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)
施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の老朽化した朝日ソーラーの太陽熱温水器を撤去した施工事例

貝塚市の太陽熱温水器
貝塚市の太陽熱温水器撤去完了
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング他
築年数
築39年
建坪
約23坪
保証
無し
工事費用
約6万円(太陽熱温水器撤去・システム用配管端部仕舞・瓦補強工他含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

テラスの波板の重要性

「ベランダの波板が割れて雨が入ってくるので気になるな・・・」「台風で波板が飛ばされて洗濯物を干す時に不便で困ってる」「波板が黄色くなって見た目が悪くなってきたな~」など、波板のことでお困りのことはありませんか?

街の屋根やさんの無料点検

和泉市の屋根点検の様子をご紹介します。「台風で瓦が何枚か落ちて、割れているところもあるし、ズレているところもあるんです」とのご相談をいただき、屋根を点検して修理のお見積書をお預けすることになりました。

岸和田市の雨漏りのご相談

岸和田市の雨漏りの現地調査です。K様邸は木造で、2階建ての母屋(築50年)と平屋建ての増築部(築40年)があります。雨漏りしているのは増築部の和室で、天井から浸入した雨水の影響で聚楽壁や畳が傷んでいました。屋根を確認すると、母屋と増築部の取...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747