オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉南市の雨漏り修理でベランダにウレタン防水を施工しました


泉南市のベランダ防水です。M様邸は、台風でベランダの下にある洋室の天井から雨漏りが発生しました。M様邸のベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いている形状で、床や壁の立ち上がり部にひび割れが生じていました。立ち上がり部は通常の雨の時はあまり濡れることがないですが、台風時など、強風を伴う雨の時に風向きによってはひび割れに直接雨が当たり雨漏りすることがあります。どちらにしても、ベランダは外部に面していますので、きちんと防水しないと雨漏りしてしまう部分です。今回はウレタン樹脂塗膜防水を施しました。
和泉市の1階の天井から雨漏り発生
雨漏りしている1階の洋室です。
台風の時に天井からポタポタと雨水が落ちてきたそうです。
台風の後は雨漏りしていないことから、壁際に生じたひび割れから雨水が浸入した可能性があります。
和泉市のベランダを防水します
M様邸のベランダです。
目に見えないですが、防水層という、雨水の浸入を防止する層があり、その上に防水層を守るために保護モルタルを敷いた形状です。
和泉市のベランダをケレン・清掃します
ベランダ防水で一番初めに行うことは「ケレン・清掃」です。
ベランダに付いた汚れやホコリ、苔などをきれいに掃除する工程です。防水面になるベランダの床などが汚れたままだと、新しく施工する防水がきちんと定着しないので、必ず行う工程です。
和泉市のベランダのひび割れなどにプライマー塗布
続いて、劣化部の補修を行います。
床の目地や立ち上がり壁との取り合い、ひび割れなどにシーリングを充填して先に防水します。
写真はプライマーという塗料をひび割れや目地に塗布している様子です。プライマーは接着効果があり、この上に充填するシーリングをしっかりと密着させるためのものです。
和泉市のベランダのひび割れにシーリングを充填
プライマー塗布後、シーリングを充填しました。
ひび割れはもちろん、立ち上がり壁の取り合いや目地など、劣化しやすい箇所にシーリングを充填して先に防水することで、防水性能がアップします。
和泉市のベランダに新しい下地を作ります
各所をシーリングで防水した後、防水のための新しい下地を作ります。
カチオンクリートという下地調整材を刷毛で塗布し、下地を形成します。立ち上がり部にも防水を施しますので、防水性能を高めるためにも新しい下地が必要です。
和泉市のベランダの床全体にカチオンクリートを塗布
立ち上がり壁から床全体にかけて、カチオンクリートを塗布しました。これで健全な新しい下地が完成です。

カチオンクリートは薄塗りで施工することが可能ですので、建物に負担をかけずに下地を作ることができます。また、密着性がありますので、既存のベランダとも、この上に施工する防水層ともしっかりとくっつきます。
和泉市のベランダにプライマーを塗布しました
カチオンクリートで形成した下地を乾燥させてから、立ち上がり壁を含めて床全体にプライマーを塗布します。
プライマーにムラがあったり薄塗りだったりすると、この上に施工する防水層が剥がれる原因になりますので、重ね塗りして丁寧に塗布します。
和泉市のベランダにウレタン樹脂を塗布します!
プライマー塗布後、ウレタン樹脂を塗布し、防水層を形成します。
ウレタン樹脂は液体状ですので、立ち上がり壁から床にかけて継ぎ目のない防水層をつくることができます。
立ち上がり壁はウレタン樹脂を刷毛で塗布します。
和泉市のベランダの床面にもウレタン樹脂を塗布します
床面にもウレタン樹脂を流し込んで全体的に広げて施工します。
このように、ウレタン樹脂は液体状ですので、段差がある場所や入り組んだ箇所、隙間などにも防水層を形成することができます。
和泉市のベランダにウレタン樹脂を2回塗り重ねました
ウレタン樹脂1回目を塗布し、乾燥させてから2回目を塗り重ねます。
ウレタン樹脂の性能を発揮させるためには、規定の厚みが必要です。厚みをできるだけ均等に付けるために、2回に分けて塗布しました。
ウレタン樹脂は液体状ですが、乾燥するとゴム状になり、雨水をシャットアウトする丈夫な防水層になります。劣化しやすい継ぎ目がないので、高い防水性能を持っています。
和泉市のベランダにトップコートで仕上げます
ウレタン樹脂が乾いてから表面にトップコートを塗布します。
ウレタン樹脂は紫外線に晒されると、劣化が進みますので、それを防ぐためにトップコートを塗って守ってあげないといけません。
和泉市のベランダ防水完了
全体的にトップコートを塗布し、ベランダ防水完了です。
トップコートが剥がれたり割れることがあると、下に控えている防水層が紫外線にあたって傷んでしまいますので、トップコートの劣化が進む前に塗り替えてあげると防水層が保護されて長持ちし、雨漏りの心配も少なくなります。
ベランダは外部に面していますので、必ず防水が必要な部分です。雨水から住まいを守るためにも一度点検してみてはいかがですか?街の屋根やさん岸和田店は、ベランダ防水で様々な防水工法で施工することが可能です。ベランダのことで気になることがございましたらお気軽にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747