オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の雨漏り調査で下屋を葺き替えることになりました!


熊取町にお住いのT様より雨漏りのご相談があり現地調査にお伺いしました。T様邸は築90年くらいの木造・2階建てで、40年ほど前に大屋根(一番高い屋根)を葺き替えたそうです。以前から下屋の下にある和室や土間の天井で雨漏りしていて、最近台風や大雨の日が多いので心配になり、きちんと修理しようとご相談をいただきました。
熊取町の雨漏りのご相談
屋根を確認すると、瓦ズレが多く見受けられ、下屋の壁際や屋根の取り合いにセメントを詰めたり、瓦の継ぎ目にシーリングを充填するなどして補修されていましたが、かえって雨水を呼んでいる可能性がありました。また、屋根の下地自体の耐久性も低下している状態で屋根の上を歩くと屋根全体がフワフワと動いていました。このことから、修理するよりも下屋を葺き替えた方が今後長持ちしますし、雨漏りもきちんと止められると判断し、軽いスレートに葺き替えるご提案をさせていただきました。トイレの屋根である、離れの瓦屋根も相当劣化が進んでいたので同時に葺き替えます。他、波板の張り替えやお風呂の天井パネルの張替、フェンスの交換などもさせていただきます。
熊取町の土間の天井に雨漏りしています
雨漏り箇所の確認状況です。

T様邸は玄関を入ってすぐに長い土間の通路があり、お部屋の中を通らずに裏の敷地に行くことができます。その土間の天井に雨漏りしていました。天井に茶色い雨染みが残っています。
熊取町の和室の天井に雨漏り
1階の和室の天井にも雨漏りしています。

和室は数年前から度々雨漏りしているとのことで、天井板が濡れて膨れ上がっていました。色も変色し黒くなっています。
熊取町の天井にテープを貼って処置されています
和室の天井の雨漏りは1カ所だけではありませんでした。

ここは雨漏りを繰り返しているうちに天井板の表面が剥がれてきたのでガムテープを貼って応急処置されていました。
熊取町の雨漏り箇所の上には瓦の下屋があります
雨漏りしている和室や土間の上には下屋があります。

O様邸は大屋根・下屋ともに土葺きの瓦屋根です。
軒先にはしごを架けて確認してすぐに、古い印象を受けました。
熊取町の壁際ののし瓦部にセメントを詰めています
瓦屋根の場合、外壁を伝ってきた雨水が内部に入るのを防ぐために壁際に四角いのし瓦を葺いて雨仕舞しているのですが、のし瓦が見えなくなるほどセメントが詰められていました。なんとか雨漏りを止めようと補修されたそうですが、セメントは雨水を吸い込みますし、雨水が直接あたるほど詰められていますので逆に雨水を内側に呼んでいる可能性があります。
熊取町の下屋の丸瓦が動いてガタガタです
屋根の流れの端に葺かれている丸瓦も固定力が弱くなってガタガタになっていました。

土葺きの瓦屋根は粘り気のある土を下に敷いて瓦を密着させて固定していますが、経年で土が乾燥して痩せてくると瓦がズレたり動きやすくなってしまいます。瓦が動くと隙間が生じますのでそこから雨水が浸入して雨漏りしてしまいます。
熊取町の離れの屋根の取り合いにセメントが詰められています
T様邸は離れにトイレがあり、その屋根も瓦葺きです。

下屋と離れの取り合い部分にもセメントが詰められていました。
セメントを詰めると瓦が動きにくくなりますが、施工次第で雨漏りの原因になってしまいます。
熊取町のトイレの屋根も劣化が進んでいます
トイレがある離れの屋根も下から見て劣化が進んでいることがすぐに分かりました。

瓦がズレて波打ち、強風が吹いたらめくれがってしまいそうな状態でした。
熊取町の離れの丸瓦がズレて隙間があいています
離れの屋根を確認すると、屋根の端に葺かれている丸瓦が大きくズレて隙間があいていました。

瓦は重なり代をとって順番に葺き、雨水が入りにくいように施工されています。そこに隙間が生じると、屋根面に流れてきた雨水がどんどん流れ込んでしまいます。
熊取町の瓦にシーリングを充填していますが雨漏りの原因になります
下屋もそうでしたが、トイレの屋根の瓦にシーリングが充填されていました。

雨漏りをご自身で止めようと処置する時に、このようにシーリングで瓦の隙間をすべて塞いで処置される方が多いのですが、雨水が流れる瓦のへこんだ部分の隙間を埋めてしまうと、瓦の内側に入った雨水が溜まって雨漏りしてしまいます。また、隙間を埋めることで毛細管現象(細い隙間に水分が吸い上げられる現象)を引き起こして雨漏りした住宅もあります。
熊取町の波板を張り替えます
下屋と離れの屋根の下にはそれぞれテラス屋根が設置されていますが、離れの方の波板が劣化して割れていました。

この部分は樋の形状も複雑で雨水がバシャバシャと落ちたりとお困りでしたので、波板を張り替えて樋も交換することになりました・木製の骨組みも強度が低下していますので補強してから波板を張ります。
熊取町のトタンの塀をアルミ製に
屋根以外のご相談もありました。

外構の一部に目隠し用に背の高いトタン板を建てていたのですが「破損してぐらついているのでしっかりしたフェンスに入替て欲しい」とのご希望で、アルミ製のフェンスに入替えることになりました。手前に置いている大きな水槽もこの工事で解体して撤去させていただきます。
熊取町の浴室の天井パネルを張り替え
「浴室の天井に張ったパネルが傷んで波打ってきているので張替て欲しい」

とのご希望で、新しいバスパネルをご用意して屋根工事に続いて張り替えることになりました。
熊取町の玄関側の波板も張り替えます
玄関側に設置されている木製のテラス屋根の波板の張替のご相談もいただきました。

既存の波板は塩ビ製で茶色く変色し、劣化により割れている箇所もありました。この工事で耐用年数が長いポリカーボネート製の波板に張り替えます。

次は屋根葺き替えの様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の屋根に屋根材や板金を荷揚げ

泉佐野市の屋根葺き替え工事でスレート葺きの様子をご紹介します。H様邸で使用するのはケイミュー株式会社の「コロニアルグラッサ」です。前回までに既存の屋根の解体・撤去や野地板とルーフィング施工の様子をお伝えしました。H様邸は2階の天井の広範囲で...........

泉佐野市の瓦をめくると棟の土が濡れていました

泉佐野市の屋根葺き替え工事の中の野地板張りとルーフィング敷きの様子をご紹介します。H様邸は2階の和室の天井や階段室の天井に雨漏りが発生し、棟(屋根の頂点の水平部分)から雨水が浸入している形跡があったので、雨漏りを完全に止めるために屋根を葺き...........

泉佐野市の大屋根のみを葺き替えます

泉佐野市の屋根の葺き替え工事で既存の屋根の解体の様子をご紹介します。H様邸は2階のお部屋の天井の広範囲で雨漏りが発生し、雨漏りを完全に止めるために大屋根(一番高い屋根)を葺き替えることになりました。足場を全周に設置し、昇降機を足場にくくり付...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747