泉大津市の雨樋調査/軒樋の勾配が変わり土が蓄積されていました!


泉大津市で雨樋の詰まりなどの現地調査にお伺いしました
泉大津市の住宅で、雨樋の掃除のご相談があり、現地調査にお伺いしました。

お話をお聞きすると、二階の雨樋が詰まってるのか雨水が溢れて、下にある庇の上に直接落ちているということでした。
庇がお隣さんの寝室の横にあり、庇に落ちる雨音のご相談があったそうで、なんとか解消できないか、とのことです。

雨が降った時に雨水が打ち付けるだけなら、それほど音が気にならないかもしれませんが、上にある雨樋から大量に水が落ちてくると、夜も眠れないくらいの音が出ている可能性があります。

泉大津市の屋根の瓦が全体的にズレています
ご相談があった雨樋を確認するため屋根に上がると、一番初めに瓦のズレが目に付きました。

土葺きの瓦は、経年劣化で土が痩せてくると、瓦を固定している力が弱まり少しづつ下がってズレやひずみが生じてきます。
泉大津市の瓦がズレて隙間が開いています
横から見ると、瓦がズレて隙間が開いているのが分かります。
この状態では、強風の影響で瓦が飛散したり、隙間から雨水が浸入して雨漏りに発展する可能性もあります。
泉大津市の雨樋の中は土が蓄積!
雨樋を確認すると、樋自体が下に傾いて下がり、お辞儀しているような状態で、中には土が蓄積されていました。
雨樋の勾配がきちんととれていないと、雨水がスムーズに排出できなくなり、水が溜まったりして泥やゴミが付着する原因となります。
今回は、雨樋をきれいに掃除して、樋と受け金具を持ち上げて勾配も修正することになりました。
泉大津市の軒樋が下向きに傾いています
軒樋を横から見た様子です。
写真では分かりにくいですが、地上に向かって少しお辞儀しています。
軒樋は屋根から流れてくる雨水を受けるので、負担がかかります。等間隔で受け金具を取り付けて支えていますが、受け金具も経年で傷んできます。そうなると、雨樋自体が傾き、正確に保っていた勾配も変わってしまいます。
泉大津市の庇に落ちる雨音を軽減されます
こちらが、今回ご相談があった庇です。
壁の端から端までの長さがあるので、ここに雨樋から溢れた雨水が一斉にたたきつけると、すごい音がするでしょう。

「雨樋を掃除して雨水がきちんと排出されるように調整すると、雨音も少なくなりますよ」とお伝えしましたが、簡易的な方法でいいので表面に音を吸収するようなシートを張ってほしいとのご希望でしたので、音を軽減出来るシートを貼ることになりました。
街の屋根やさん岸和田店は、雨樋の清掃や調整、交換なども行っておりますので、雨樋の詰まりや破損でお困りの方はお気軽にご相談くださいね。

次は雨樋の掃除・調整をご紹介します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の屋根の調査にお伺いしました

岸和田市で「台風で屋根に被害があったので見てほしい」とのご相談で、現地調査にお伺いしました。O様邸の屋根は化粧スレート(平型の薄い屋根材)で、下から見上げるとケラバの水切り板金が剥がれているのが分かりました。屋根に上がって確認すると、被害は...........

貝塚市のベランダをきれいに清掃します

貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。ベランダは外部にありますので、防水...........

岸和田市の棟板金が飛散

岸和田市の方形屋根の棟板金などの復旧工事のご紹介です。台風21号の強風で、屋根の棟板金がすべてめくれ上がり、下地の貫板も一部飛ばされてしまいました。棟板金とは、屋根の山状になった頂点部分にかぶせる板金のことで、下地の貫板に向かって釘留めされ...........