オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の塗装工事に伴う基礎巾木の補修や雨だれがひどい塀の補修


岸和田市の外壁塗装
岸和田市の外壁塗装とその他改修工事のご紹介です。
Y様邸は、洋瓦の屋根で外壁はモルタルの塗り壁で、今回は外壁塗装のみを行います。
こちらの外壁は、表面に凹凸があるデザインで、汚れが付着しやすく黒ずみが目立ってきていました。他にも外壁のひび割れや基礎巾木の劣化が気になりご相談をいただきました。

塗装工事で足場を建てるのですが、先に基礎巾木の補修などを行います。(足場を建てると作業しにくいため)
岸和田市の基礎巾木の塗膜が剥がれてきています
基礎巾木とは基礎の立ち上がりで地面から出ている部分のことで、ほとんどの場合表面にモルタルを塗って仕上げています。
Y様邸は基礎巾木にモルタルを塗って、その上に塗装をかけて仕上げており、表面の塗膜が劣化してボロボロに剥がれてきていました。
岸和田市の外壁の表面も崩れてきています
また、一部は塗膜だけでなく、下のモルタルも崩れてきている箇所があったので、塗装前に補修することになりました。

崩れてきている上から塗装してもきれいに仕上がりませんし、塗装で崩れがなおるわけではないので、先にきちんと補修することが大切です。
岸和田市の基礎巾木の剥がれてきている部分を落とします
基礎巾木は地面に一番近い部分ですし、地面に直接接していますのでどうしても水の影響を受けます。
ですので、表面を塗装しても水が廻ると塗膜の密着力が弱くなり写真のように経年で剥がれてきてしまいます。
最近では、剥がれにくい塗料が開発されていますので、基礎巾木を塗装することが増えてきたので、ご希望があれば塗装も可能ですが基本的にはお勧めしていません。

補修の方法は、剥がれてきている塗膜やモルタルを落として、新たにモルタルを塗って仕上げます。
岸和田市の基礎巾木にモルタルを塗って補修します
塗膜やモルタルが剥がれてきているということは、その部分の密着力が弱くなっているということなので、その上にモルタルを塗っても意味がありません。下地と一緒にせっかく塗ったモルタルが剥がれてきてしまいます。

ですので、劣化している部分を落としてからモルタルを塗ることが工事のポイントです。
岸和田市の剥離していた壁もモルタルで復旧!
外壁も一部剥離してきていたので、弱っている部分を叩いて落とし、モルタルを塗って欠損部分を補修しました。

この面は凹凸のある壁ではないので、この後の塗装の段階で周りの壁に合わせてパターン付けします。
モルタルを塗ったままの状態だと平面なのでそこだけ目立ってしまうので、既存の外壁の模様に合わせて塗装して馴染ませます。
岸和田市の塀の瓦の下の漆喰を撤去します

基礎巾木の補修に続いて塀の補修も行いました。

この塀は雨だれでの汚れが目立っており、それが瓦の隙間から出る雨水の影響だと思われて、以前他の業者で瓦の取り合いに漆喰を塗って補修されたそうです。
ですが、瓦の下部分に漆喰を詰めると雨水が切れなくなり、かえって雨だれの原因になってしまうのです。
ですので、雨水がきちんと切れるように、この部分の漆喰を削り落として撤去し、表面をきれいに整えるために奥の方にモルタルを詰めて復旧します。
岸和田市の塀の瓦の下の奥の方にモルタルを塗って復旧

瓦の際に詰められた漆喰を撤去し、表面を整えるために奥のほうにモルタルを塗って復旧します。

瓦と塀に段差がないと、瓦に落ちた雨水が塀まで伝ってしまいますので、手前に出すぎないようにモルタルを詰めます。そして塗装して仕上げます。
また、瓦の下端には隙間をつくっておかないと、瓦の内側に入った雨水が排出されなくなり、塀の内側に浸入する原因になってしまうので注意が必要です。
岸和田市の外灯を撤去します
今回は玄関ドアの入替も行います。
新しい玄関ドアは、既存のドアよりも大きくなるので、全開しようとすると壁の外灯に接触してしまいます。
ですので、先に既存の外灯を撤去して、塗装後に小さめの外灯に入替えます。
岸和田市のベランダの波板をめくります
塗装工事では足場を設置します。
その足場を建てる時に、カーポートの屋根やベランダのテラス屋根の板があると足場の単管を建てられないことがあります。その場合、あらかじめ屋根材をめくっておき、工事後に復旧することになります。
Y様邸は今回の工事で波板を張替えるのですべてめくっています。
岸和田市で足場設置中
事前の準備が終わったので、足場を設置します。
足場は塗装の作業を円滑に行うために必須です。足場が不安定な場所での作業は危険を伴いますし、仕上がりにも影響するので、足場は必須となります。
岸和田市の足場にメッシュシートを張って完了です
足場設置後に、メッシュシートを取付けました。
このメッシュシートは洗浄時の汚れた水や塗料の飛散で周りの住宅にご迷惑をおかけしないように取り付けます。っまた、道具や職人の落下防止としても活躍します。
塗装工事では、塗装の前に必ず建物の劣化部分の補修を行います。これを躯体補修と言います。
塗装をすれば一見きれいに見えますが、ひび割れや不具合をそのままで塗装すると、のちに必ず露見してきますし、下地が傷んでいる状態での塗装は塗料の性能を発揮できません。
街の屋根やさん岸和田店は、必ず現地調査を行い、補修が必要な箇所はきちんとご説明しますので、お気軽にご相談くださいね。


 

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)
施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の屋根の桟瓦が飛散

泉大津市にお住いのM様より「台風の影響で瓦が割れたりズレているので見に来てほしい」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。屋根に被害があり、2階の和室や階段室、1階の玄関の天井などに雨漏りが発生していました。台風後はどの業者も対応に追...........

岸和田市の破風板の塗膜が剥がれています

岸和田市の外壁塗装の付帯部の塗装です。付帯部とは、外壁にくっついている外壁以外の部分のことです。外壁を塗装すると、古くなった付帯部(雨戸や雨樋、軒天など)が目立ってしまいますので、同時に塗装することがほとんどで、事前に塗り替えのご提案もさせ...........

岸和田市の外壁などのご相談

以前、街の屋根やさん岸和田店で、屋根修理をしていただいた岸和田市のO様より「2階の外壁の一部が剥がれてポロポロと落ちてきてるみたいなんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747