オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市のALC外壁をアクリルシリコン樹脂系の多彩模様塗料で塗装


岸和田市Y様邸の外壁塗装の様子をご紹介します。

Y様邸は鉄骨造3階建ての住宅で、屋根はスレート葺き、外壁はALCです。

屋根は数年前に塗り替えのメンテナンスをしているので今回は外壁だけ塗装することになりました。


***********************************


●●●● Y様邸の外壁で施工しているALC外壁について ●●●●

ALC外壁とはALCパネルを張り合わせた外壁です。

ALCパネルとは、軽量気泡コンクリートのことで、
コンクリートの中に気泡を混ぜることにより軽さを実現した外装材になります。
「軽さ」「耐久性」「断熱性」「耐火性」など多くの面で優れていますが、
素材がセメントや生石灰などで形成されている為、吸水性があります。

⚠ 塗装できちんと防水処置しないとALC内部の気泡に雨水が浸透して
膨張やひび割れなどが起こるため、定期的な塗り替えが必要不可欠です。

岸和田市の外壁の塗膜がチョーキングを起こしています

Y様邸の外壁は「チョーキング」を起こしていました。

チョーキングとは、塗装面を手で触ると白い粉状のものが付着する現象のことです。

「手に付いた白いもの」は、劣化により粉状になって剥がれてきた塗膜です。
チョーキングを起こした外壁は、塗料が剥がれてきていることになりますので、防水性や塗料の性能が低下している状態ということです。

このままではALCパネルの内部に雨水が浸入し、ALC自体の劣化を進めてしまいますので、塗り替えにより塗膜で保護して防水性を向上させないといけません。

岸和田市の目地のシーリング工事を行い、ALC外壁塗装をしたY様邸!
外壁の塗装を行う前に、ALCパネルの継ぎ目などのシーリング工事を行いました。

ALC外壁には「縦目地」と「横目地」があり、その部分にシーリングを充填して防水されています。

目地のシーリングが劣化して割れてくると雨水の浸入を許してしまい、ALC内部に水が廻ってしまいます。

Y様邸は以前、外壁塗装をされた時に目地のメンテナンスをしていなかったので、今回は防水性を向上させるために増し打ち工法で処置してから塗装を行いました。


岸和田市の軒天から洗浄します
外壁の目地などのシーリングのメンテナンス完了後、塗装前の高圧洗浄を行いました。

屋根や外壁の塗り替えの際には必ず高圧洗浄の工程が含まれます。
塗装面が汚れたままの状態で塗装すると、塗料に汚れなどが絡んできれいに仕上げることができないですし、劣化した塗膜が下地に残っているため塗料がしっかりと密着しません。

塗装前に高圧洗浄を行い、塗装面を整えることが塗膜を長持ちさせることに繋がります。

外壁塗装の様子

岸和田市の外壁の下地を調整します
高圧洗浄後、水分をしっかりと乾燥させてから塗装を行います。

まずは下塗りです。下塗りは下地調整の工程になります。
今回は、細かいひび割れに対応できる弾性の下塗り材を使用しました。

塗膜が劣化している外壁は水分を吸い込んでしまいます。吸い込みがひどいと塗料が吸い込まれて表面を覆う塗膜の厚みが少なくなりますので、吸い込みを抑える下塗り材を数回塗布することもあります。

岸和田市の外壁を中塗りします
下塗り後、中塗りします。

一般的な塗り替え工事では、中塗りと上塗りに同じ塗料を使用することがほとんどですが、今回は多彩模様塗料で仕上げるため、専用の中塗り塗料で塗装させていただきました。
岸和田市の外壁塗装で中塗りがベース色になります
中塗りと上塗りの工程はお好みの色で着色し、塗料の性能を発揮させるために塗膜に厚みをもたせるための工程です。

多彩模様塗料の場合、上塗り塗料は乾燥するとクリアになるため、中塗りが仕上がりのベース色になります。
岸和田市の外壁に多彩模様塗料を吹き付けます

中塗りを乾燥させてから上塗りします。

多彩模様塗料を専用のカップに入れて吹き付けて塗装していきます。

模様を均等に付けないといけないので、誰でも施工できるわけではありません。

吹き付けた直後は乳白色ですが、乾燥するとクリアになり、粒模様だけが浮かびあがります。

岸和田市の上塗り塗料が乾くと石目調の模様が付きます
上塗り乾燥後の様子です。

ダイフレックスのアーバントーンは乾くと石目調の模様で仕上がります。

雨による自浄作用がある塗料ですので、汚れが付きにくく色褪せも少ないことから、長期に渡って美観性を維持することができます。
岸和田市の外壁に付帯している配管類も塗り込みました
外壁に取り付けている配管類も上塗り塗料で塗り込みました。

配管類は外壁に付帯している部分として外壁塗装後に色分けして塗装することがありますが、外壁に馴染ませたい部分は外壁で使用した塗料で塗装します。
before1
岸和田市の塗装前
塗装前のY様邸の外観です。

塗膜の劣化が進んだことにより全体的に色褪せていました。また、汚れも目立っていています。
horizontal
after1
岸和田市の塗装後!
既存の外壁の色に近い色を採用して塗装しました。

多彩模様塗料で塗装しても、離れたところから見ると模様があまり目立ちません。
「周囲の建物と違和感が無いように、でもよく見ると個性的な仕上がり」になるのが多彩模様塗料です。
多彩模様塗料、アーバントーンは「紫外線」「熱」「雨水」などに強い性能を持っています。
高耐久塗料ですので色褪せが少なく、10年経過しても古い印象を与えません。
一般的な塗料よりも費用が掛かりますがコストパフォーマンスに優れており、
高級感のある仕上がりにご満足いただける方が多く、お勧めの塗料です。

次は外壁の付帯部の塗装の様子をご紹介します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の袖瓦が飛散

泉南市で軒天と野地板張り替え工事が完了したので仮撤去していた瓦を復旧しました。M様邸は木造・3階建ての住宅で、屋根は土葺きの瓦屋根です。台風で2階の屋根の袖瓦(そでかわら)が飛散し、応急処置ができないまま約2年が経過して野地板と軒天に水が廻...........

軒天

泉南市で軒天の張替工事を行いました。台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)が落下して、応急処置ができないまま雨ざらしの状態で約2年が経過し、野地板と軒天が腐食して穴が開いている状態でした。野地板(のじいた)とは・・屋根材を支えるための下地...........

泉南市の軒天・軒裏

泉南市の台風被害に遭った屋根を調査し、修理のお見積書をお預けして後日修理を行うことになりました。「2年前の台風で屋根が破損し、防水シートが破れて下地の板に穴が開いているんです。他の業者にも見積もりをお願いしたのですが、下地も修理しないといけ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747