オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!


工事のきっかけ

岸和田市の屋根塗装と雨漏りしていた雨樋の補修を行った施工事例です。

U様より「雨樋が詰まっているのか分かりませんが、庇やカーポートの屋根に雨水が落ちてくるんです」とのご相談をいただいたことがきっかけで、樋の補修と屋根の塗装を行いました。

雨樋の不具合は、雨樋の詰まりが原因ではなく、樋の形状に問題があったので、補修を行っています。同時にご相談があった屋根の塗装は「夏場、2階の部屋が暑くてたまらないので、暑いのを抑えるような塗料で塗装してほしい」とのご希望で、遮熱効果のある日進産業の遮熱塗料「ガイナ」で塗り替えました。ガイナはアクリルシリコン樹脂と特殊セラミックビーズが配合された「塗る断熱材」です。遮熱効果と放熱を抑える効果を兼ね備えている為、室内の温度を快適に保ってくれます。

工事後「気になっていた雨音がしなくなり、屋根も塗装したので安心しました」と、嬉しいお言葉をいただきました。

岸和田市 雨樋交換,屋根塗装,その他の工事

ビフォーアフター

before
岸和田市の塗装前の屋根
horizontal
after
岸和田市の塗装後の屋根

工事基本情報

施工内容
雨樋交換,屋根塗装,その他の工事
施工期間
8日間
使用材料
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
施工内容その他
築年数
約27年
保証年数
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)
建坪
約20坪
ハウスメーカー
岸和田市U様邸の雨樋の補修と屋根塗装の施工事例です。

「雨樋が詰まっているのか分かりませんが、庇やカーポートの屋根に
雨水がポタポタと落ちてくるんです」とのご相談をいただき工事に至ります。

同時に「夏場、2階の部屋が暑くなってどうしようもないので、
暑さを抑えるような塗料があれば塗装してほしいんです」とのご依頼があり、屋根塗装も行いました。
岸和田市の屋根塗装
●● U様邸は木造・2階建ての住宅です ●●

屋根はスレート葺きで、外壁はモルタルの塗り壁です。
◆ 約10年ほど前にセメント瓦からスレートに葺き替えています

◆ご相談内容 ◆

● 雨樋から雨水が溢れて庇の上に落ちて大きな音がする
● 夏場の暑さ対策で屋根を遮熱塗料で塗装希望

現地調査の様子

岸和田市の庇に雨水が落ちてくるそうです
「庇に雨水が落ちてきて大きな音がするんです」

ご相談があった庇は1階に設置されていました。
大屋根(一番高い屋根)から雨水が落ちてくるので大きな音を立てていると思います。

屋根の塗装もご希望されていたので、先に足場を設置してからきちんと樋の調査を行うことになりました。


岸和田市のセメント瓦からスレートに葺き替えた屋根です
U様邸は約10年前にセメント瓦からスレートに葺き替えをされたそうです。

セメント瓦とは・・セメントを瓦の形に形成した厚みが約1㎝以上の屋根材

スレートとは・・セメントと繊維質を主に形成された厚みが約5mmほどの屋根材
岸和田市のセメント瓦の現況

左の写真は、セメント瓦を葺いた屋根の参考写真です。

U様邸は以前、セメント瓦からスレート瓦に葺き替えており、屋根材が変わったことで軒樋の長さが不足する事態に陥っていました。

文章だけでは分かりにくいので、下記の写真で分かりやすくお伝えします。

セメント瓦のケラバ
セメント瓦葺きの屋根はケラバに専用の役物瓦を葺いていることが多く、対してスレート葺きの場合は板金を取付けていることがほとんどです。

セメント瓦のケラバ役物はL字型で、ケラバ役物の上に落ちてきた雨水が屋根面に流れるように勾配が付いています。
スレートの板金に落ちた雨水が下に流れます
スレート葺きの屋根のケラバにはケラバ水切りを取付けていることがほとんどす。

水切りは平らに加工されていますので、水切りの上に落ちてきた雨水はそのまま下に流れていきます。
岸和田市の樋の長さが短い
セメント瓦の場合、ケラバ役物に落ちてきた雨水が屋根面に流れるように勾配が付いていますし、瓦自体が分厚いので軒樋の外側をケラバ役物が包むような形状になります。

U様邸はセメント瓦からスレートに葺き替えたことで、ケラバの先の軒樋の長さが足りなくなってしまったのです。

右の写真を見るとよく分かるのですが、もともとケラバ役物があった部分が水切り板金に変わっている為、樋が不足し、水切りの上に落ちてきた雨水がそのまま下に落下している状態でした。

U様邸の樋の不具合は、樋が詰まって雨水が溢れているのではなく、樋の形状そのものに問題がありました!

屋根を葺き替えた時に、屋根に合わせて樋を交換していればこのような症状は発生しなかったのですが、当時そのご提案が無かったそうです。軒樋を足して延長すれば雨漏りを解決できるのですが、同じ形状の樋がもう販売されていないので、樋をすべて交換しないといけません。

☆ 樋をすべて交換するとなると費用がかさんでしまうため、今回は板金を加工して雨水が樋の中に流れるように補修することになりました。

雨樋不具合部の調整工事

岸和田市で足場を設置

雨樋の補修と屋根塗装の際に使用する仮設足場を建て物の全周に設置しました。

2階部分の樋の工事には足場が必要になることが多いので、屋根の修理や塗装をする際に、同時にメンテナンスすると足場の費用が1回で済み、経済的です。
岸和田市で板金で隙間を塞ぎます
板金職人が板金を加工して、不具合が生じている箇所に取付けました。

軒樋が不足している部分に雨水が流れ落ちないようにL字型に加工した板金を取付けたので、以前のように雨水がまとめて落下することはありません。
岸和田市で板金で隙間を埋めました
コーナー部分の樋も繋がっていなかったので、隙間から雨水が漏れている状態でした。

樋の隙間に雨水が流れ込まないように板金を取付けて、雨水が樋の方に流れるように経路をつくりました。
岸和田市の板金で雨水を堰き止めて雨水が樋に流れるように改修
軒先側から見た様子です。

水切り板金の先に立ち上げた板金を取付け、流れてきた雨水が下に落下するのを防ぎ、樋の方に流れるように改修しています。

すべての樋を点検し、不具合が生じている箇所すべてを補修したので、今後の雨で様子を見ていただくことになりました。
工事後、何度か雨が降り、確認にお伺いすると「あんなに気になっていた雨音がしなくなりました」と安心さていました。

屋根塗装工事

岸和田市の屋根を遮熱塗料で塗装してほしいとのご希望
現地調査の時に屋根の塗装のご相談もいただきました。

「夏場になると2階の部屋がすっごく暑くなってどうしようもないんです。暑さを抑えるような塗料があれば塗装してほしいと思ってるんです」と、お困りの様子でした。

スレート屋根はセメントと繊維質を主につくられていて、表面を塗装して防水性を加えています。
塗膜が劣化すると、防水性や美観性が低下してきますので、定期的に塗り替えでのメンテナンスを行わないといけません。

スレート屋根の塗り替えでご相談をいただいた時には、実績のある遮熱塗料への塗り替えをお勧めしていますが、その中でもトップクラスの性能をもつ日進産業の「ガイナ」を採用することになりました。


岸和田市で使用する遮熱塗料ガイナです

●●●● 日進産業のガイナの性能について ●●●●

「ガイナ」は日進産業が開発した屋根・外壁・内装用の断熱塗料です。

「遮熱」「断熱」「遮音」「耐久」「消臭」「防露」などの性能が備わった塗料です。

塗装することでこれらの性能を屋根に追加することができる優秀な塗料になります!

岸和田市の屋根を洗浄します
屋根の洗浄を行います。

塗装面汚れや劣化した塗膜などが付着している状態のままだと塗料がしっかりと密着しないので、高圧洗浄の工程は欠かせません。

☆高圧洗浄はただ洗うだけでなく、塗料の密着性の向上と、長持ちさせるための重要な作業だということを念頭に入れて作業しないといけません。
岸和田市の屋根を下塗り
高圧洗浄後、乾燥させてから塗料の下塗りを行います。

屋根や外壁の塗装工事では一般的に「下塗り」「中塗り」「上塗り」の工程に分けて行われます。

それぞれに役割があり、下塗りは劣化した塗装面を整えて、仕上げの塗料を塗装面に接着させる効果がある塗料を使用します。
岸和田市で使用する縁切り部材タスペーサーです

下塗りの後「縁切り」を行います。

「縁切り」と聞いてもいまいちピンとこない方が多いかもしれません。

左の写真は縁切りを事前に行うことができる「タスペーサー」という専用の縁切り部材になります。
●●●● 縁切りってなあに? ●●●●

スレート屋根の塗り替え時における「縁切り」とは、塗膜を切って隙間を確保する作業のことを表しています。

スレートは平型の薄い屋根材を軒先から順に釘留めして葺いていて、下端に隙間があります。
スレートを塗り替える際に塗料を上から塗ると、その隙間が塗膜で塞がれてしまいます。そうすると「毛細管現象」を引き起こして雨漏りする危険性があるため、塗料を切って隙間を確保しないといけません。

◆ 毛細管現象とは・・細い隙間に水分が吸い上げられる現象

昔は塗装が完了した後にカッターなどで塗膜を切っていましたが、見た目が悪くなりますし、作業に時間がかかります。
「タスペーサー」は、塗装する前にスレートの隙間に差し込むことで、隙間を確保できる便利な部材になります。

岸和田市の屋根にタスペーサー挿入
下塗り後、タスペーサーを使用して縁切りを行いました。

小さな部材ですが、雨漏りを防止してくれる逞しい存在です。

実際に、縁切りができていないことが原因で部屋内に雨漏りした事例が数多くありますので、スレート屋根の塗り替えをご検討されている方はお見積書の中に「タスペーサー」の項目があるかチェックしましょう。

※スレートの劣化が進んでいて反りがひどい場合はタスペーサーを挿入しても落ちてしまうため施工できないことがあります。

岸和田市の屋根をガイナで中塗り
下塗りの後に行うのが「中塗り」です。

中塗りでお好みの色に色付けして「断熱」「遮熱」「耐久」などの性能を屋根に加えていくことになります。

それらの性能を確保するためには、塗膜に厚みが必要ですので、規定を満たすためにこの後もう一度塗装します。
その工程を「上塗り」と言います。

ガイナを使用し、丁寧に中塗りしました。
岸和田市の屋根を上塗りで厚膜に仕上げます
中塗り乾燥後、上塗りします。

中塗りを乾燥させてから上塗りすることで塗膜が二重になるので厚膜に仕上げることができます。

なた、中塗りだけでは必ずムラができますので、美観性を向上させるためにも塗料を塗り重ねる必要があります。

d209fb39f98e7b57293ae66c55ca6168-2-columns2
隅々丁寧に塗装し、屋根の塗り替え完了です!

ガイナはロケットの塗装にも使用されている優秀な塗料です。
一般的な遮熱塗料よりも費用が高くなりますが、耐用年数が長くメンテナンス時期を遅らせることができますし、性能面でも優れていますので、長い目で見るとお勧めの塗料です。
●●●● ガイナはいいことづくしの塗料なの? ●●●●

上記でお伝えしたように、ガイナは「遮熱」「断熱」「遮音」「耐久」「消臭」「防露」などの優れた性能が備わった塗料です。
ですがいいところがあれば、そうでない部分もあります。

◆ 光沢仕上げができない
◆ 塗膜の表面がざらざらしているので汚れが付きやすい傾向にある
◆ ガイナの基本色は「白」なので、「黒」や「茶」などの濃い色がない
◆ 塗料が高額

☆ どんな塗料でもメリット・デメリットが必ずあります。いいところとそうでないところを踏まえて施工を依頼することが大切です。

工事後のU様の声

「工程が終わる度に確認に来ていただき安心できました。職人さんや小南さん、ありがとうございました」

U様には、工事後に外構のご相談もいただきました。
また、住まいのことで気になることがございましたらお気軽にお声かけくださいね。

ありがとうございました。


【工事完了後】

岸和田市の屋根の板金も塗装
屋根面はもちろん、各板金もガイナで塗装し、美しい屋根になりました。
岸和田市の谷樋も塗装
谷樋(屋根の谷部分に設ける雨樋)もガイナで塗装し、きちんと塗装しています。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の棟の内部で劣化が進行!貫板と棟板金を交換しました

岸和田市の降り棟の板金が飛散
岸和田市の棟板金取付完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金・スレート・コーキング
築年数
約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約48万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

テラスの波板の重要性

「ベランダの波板が割れて雨が入ってくるので気になるな・・・」「台風で波板が飛ばされて洗濯物を干す時に不便で困ってる」「波板が黄色くなって見た目が悪くなってきたな~」など、波板のことでお困りのことはありませんか?

街の屋根やさんの無料点検

和泉市の屋根点検の様子をご紹介します。「台風で瓦が何枚か落ちて、割れているところもあるし、ズレているところもあるんです」とのご相談をいただき、屋根を点検して修理のお見積書をお預けすることになりました。

岸和田市の雨漏りのご相談

岸和田市の雨漏りの現地調査です。K様邸は木造で、2階建ての母屋(築50年)と平屋建ての増築部(築40年)があります。雨漏りしているのは増築部の和室で、天井から浸入した雨水の影響で聚楽壁や畳が傷んでいました。屋根を確認すると、母屋と増築部の取...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747