オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市の屋根工事で不要な漆喰を剥がしてコーキングで固定しました


泉佐野市の屋根修理の様子をご紹介します。I様邸は土葺きの屋根で、オレンジの釉薬瓦を使用しています。釉薬瓦とは、表面に釉薬と言うウワグスリを塗布して焼いた瓦のことで、新品の釉薬瓦は表面がツルツルしています。
台風の強風で瓦が飛ばされて、ズレや割れるなどの被害が発生し2階のお部屋の天井から雨漏りしてしまいました。
泉佐野市のオレンジの釉薬瓦です
現地調査時の屋根の状況です。
I様邸は以前、屋根の修理をされており、棟や地瓦(屋根面の瓦)の取り合い部に漆喰を塗装して固定されていました。
漆喰は瓦と瓦との隙間を埋めるもので、これが剥がれてくると、雨水が浸入して雨漏りすることがあります。防水の役割もある漆喰ですが、塗りすぎるなど施工の方法が悪いとかえって不具合の原因になることがありますので注意が必要です。
泉佐野市で足場を建てました
作業で必要な足場を建てさせていただき、職人がスムーズに屋根に上り下りできるよう、はしごもしっかりと固定しました。
現地調査時に「足場が無くても工事できるんじゃないの?」と、たまにご質問がありますが、足場は職人の安全性や作業性を確保するために必要になることがほとんどです。
足場の有無は現地調査を行うとすぐに判りますので、気になる方はお気軽にお声かけ下さい。

屋根の被害状況

泉佐野市の瓦が割れています
I様邸は台風の強風で瓦が飛ばされて、割れやズレなどの被害が発生し、2階のお部屋の天井に雨漏りしてしまいました。

土葺きの屋根は粘り気のある葺き土を下に敷いて、瓦を密着させて固定しています。経年で土が乾燥すると瓦を固定している力が弱くなり強風などで飛散しやすくなってしまいます。
泉佐野市の瓦がズレています
瓦の割れは数カ所で発生していましたが、このように瓦がめくれ上がってズレている箇所もありました。ズレているだけで割れていない瓦は再利用させていただきます。

割れた瓦はすべて差し替えて瓦のズレもきちんと戻します。

屋根修理状況

泉佐野市の屋根の漆喰が雨水を呼んでしまうことがあります
I様邸は、通常は施工しない棟の上や地瓦の取り合い部に漆喰を詰めて瓦を固定されていました。漆喰は瓦を固定したり雨漏りを防止する役割がありますが、もともと調湿性があり、水分を吸い込んだり吐き出したりしています。そのため、塗る量や施工する箇所によってはかえって雨水を呼んでしまうことがありますので、屋根面の漆喰は撤去させていただきます。
泉佐野市の不要な漆喰を撤去します
屋根面に塗られた不要な漆喰を剥がしていきます。
この漆喰は、経年で劣化が進み、加えて台風の強風でポロポロと剥がれてきていました。このままでは見た目も悪くなってしまいますし、防水性にも影響してきますので撤去させていただきます。
泉佐野市の屋根に葺き土を足して瓦を差替えます
不要な漆喰を撤去してから割れた瓦もめくりました。

瓦をめくると、下地の葺き土が痩せていたので、新しい葺き土を足して瓦をしっかりと密着・固定します。

泉佐野市の割れた瓦は差し替えました
屋根面の瓦(地瓦)が割れると、流れてきた雨水が入り込んで雨漏りしてしまいますので、割れた瓦はすべて差し替えました。
泉佐野市の軒先瓦はビス留めしました
軒先瓦は屋根の先にあり、風や地震の影響を受けて動くと下に落下してしまいますので、木下地に向かってビス留めさせていただきました。
泉佐野市の屋根の瓦を全体的に瓦のズレを戻します
瓦が強風でめくれたり、ズレた箇所はもちろん、全体的にズレていたので、ゴムのハンマーで叩いてズレを戻しました。
瓦のズレがひどくなると雨漏りの原因になりますし、飛散しやすくなってしまいますので、この機会にきちんと補修させていただきました。
泉佐野市の袖瓦をビス留め
袖瓦は屋根の一番端にあり、軒先と同じく風や地震の影響をまともに受けてしまいます。そのため、釘で固定されていましたが、釘は受けやすいのでビスで固定させていただきました。
泉佐野市のビス頭にコーキング充填
ビスや既存のビス頭から雨水が入ることがありますので、コーキングを充填して防水しました。このコーキングは、ビスの緩みも防止できます。
泉佐野市の瓦をラバーロックします
最後に、今後の台風や地震などの自然災害に備えて、屋根全体を補強させていただきました。
瓦の取り合いにコーキングを充填して瓦同士を連結させてズレや飛散を防止する工法です。
泉佐野市の屋根の修理完了
コーキングで瓦同士を繋げる工法のことを「ラバーロック」といいます。
ラバーロックはコーキングをベタ塗りすればいいという訳ではなく、充填する既定の位置があり、施工方法を間違えると雨漏りの原因になることがあります。
屋根を修理し、雨漏りも止まったのでようやく安心して暮らすことができますね。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根専門の職人により作業を行っておりますので、安心してお任せください。

この工事の現場ブログ

泉佐野市のオレンジの釉薬瓦です

2019/11/18/ 泉佐野市の屋根工事で不要な漆喰を剥がしてコーキングで固定しました

泉佐野市の屋根修理の様子をご紹介します。I様邸は土葺きの屋根で、オレンジの釉薬瓦を使用しています。釉薬瓦とは、表面に釉薬と言うウワグスリを塗布して焼いた瓦のことで、新品の釉薬瓦は表面がツルツルしています。台風の強風で瓦が飛ばされて、ズレや割...........

泉佐野市の雨漏りと台風被害の調査

2019/10/31/ 泉佐野市で瓦が割れたり飛散し2階のお部屋に雨漏りしていました

泉佐野市のI様より「台風で屋根の瓦が飛ばされて雨漏りがひどくて困ってるんです」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の台風被害と塗装のご相談

忠岡町のN様より「台風で屋根と外壁が剥がれてしまったんです。火災保険の申請用紙は届いてるんですが、まだ出せていない状態です」とのご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。N様邸は木造3階建てです。屋根はスレート葺きで、外壁はサイデイングを...........

貝塚市の波板を張り替えます

貝塚市の木製テラス屋根の入替です。N様邸は台風で屋根や外壁の板金がめくれたり屋根材が飛散するなどの被害を受けました。その時に古くなったテラスの雨樋も破損し、波板も一部めくれてしまったので、この工事で波板を張り替えることになりました。また、テ...........

貝塚市で台風で屋根に被害が遭ったとのご相談

貝塚市の台風被害箇所の現地調査です。平成30年に大阪に上陸した台風21号で屋根などに被害があり、業者に調査の依頼をしていたそうですが、なかなか来てもらえず、最近になって連絡すると「行けません」と断られたそうです。N様邸は木造の2階建てで、屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747