岸和田市で雨漏りが発生し屋根の無料点検で原因が判明!谷樋を交換しました


岸和田市の玄関天井がびっしょり濡れています
岸和田市にお住いのW様より「昨日からの雨で、玄関の天井に雨漏りしてるんです。床に水溜りができてて気づいたんです・・・」とご相談があり、雨漏り調査にお伺いすると、天井がびしょ濡れになり、床にはボウルや鍋を置いて雨水を受けている受胎でした。
岸和田市の谷樋に穴が開いています
玄関の天井の雨漏りの原因は、上にある屋根の谷樋にありました。(谷樋とは、屋根の谷の部分に設置した雨樋のことです)
W様邸の谷樋は銅板でできており、約4㎜ほどの穴がいていました。
岸和田市の谷樋が谷樋が割れています!
他にも割れている箇所が見つかりました。
昔は多くの住宅で銅板の谷樋が使用されていて、それが一般的でした。ですが、銅板の谷樋は経年で穴が開きやすいということが分かってきてので、最近ではステンレスやガルバリウム鋼板などを使用することがほとんどです。
岸和田市の谷樋を交換します!
写真で見るとよく分かりますが、谷樋は二つの屋根からの雨水を集めて軒樋に排出する役割がありますので、雨水が集中します。ですので、谷樋は他の樋よりも劣化するのが早く、雨漏りの原因になることが多いのです。
「谷樋に開いた小さな穴からこんなに雨漏りするの?他に原因があるんじゃないの?」
と思われるかたがいらっしゃるかもしれませんが、小さな穴からでも驚くほど雨水が入ります。
穴を塞ぐと雨漏りは止まりますが、谷樋自体が傷んでおり、他の箇所で同じように穴が開く可能性がありますので、耐久性のある谷樋に交換することになりました。
岸和田市の谷樋の周りの瓦をめくります
それでは、谷樋交換工事を分かりやすくご紹介します。
まずは、既存の谷樋に沿った瓦をめくっていきます。谷樋は、両サイドに瓦がかぶさっているので、瓦を一旦めくらないと撤去や交換ができません。
めくった瓦は再利用するので、順番通りに重ねて屋根の上で保管しておきます。
岸和田市の屋根に新しい谷樋を設置

新しい谷樋を設置します。
今回はガルバリウム鋼板を加工して谷樋をつくりました。
ガルバリウム鋼板は、錆びに強い金属の中では比較的安価で、カラーも豊富なことから、最近の新築の建物の屋根や外壁に使用されることが増えてきています。
銅板は劣化して穴が開いたり、他の金属(カラー鋼板など)も酸化して錆が発生して穴が開きますので、街の屋根やさん岸和田店では谷樋交換で、特にご指定がない場合は錆びないガルバリウム鋼板を採用しています。

岸和田市の谷樋・雨水が上に上がらないように折り返しています

谷樋の両サイドは折り返して加工しています。
これは、谷樋に流れてきた雨水が上に上がって樋の裏側に廻るのを防ぐためのものです。
岸和田市の谷樋のサイドになんばんをのせて瓦を復旧します
谷樋を設置した後、めくっていた瓦を復旧します。
なんばん漆喰を谷樋の際にのせて、その上に瓦を密着させて固定します。
なんばん漆喰は葺き土・漆喰に代わるもので、瓦と瓦を固定する役割があります。
岸和田市の瓦を固定し雨水の浸入を防ぎます
なんばん漆喰は「漆喰」と見た目が同じで、役割も同じですが、含まれている成分に違いがあり、漆喰よりもなんばん漆喰の方が雨水が浸透しても崩れにくいのが特徴です。

写真のように谷樋の際に施工したなんばん漆喰が壁の役割をして、雨水が浸入しにくくなっています。
岸和田市の反対側の瓦も復旧します
漆喰は瓦屋根の棟などで使用されていますが、ただ詰めればいいと言う訳ではありません。
漆喰はもともと吸水性がありますので、瓦よりも手前に出てきているとかえって雨漏りしてしまいます。
街の屋根やさん岸和田店は、屋根に詳しい専門の職人が作業を行いますので安心してお任せください。
岸和田市の谷樋交換完了
谷樋の交換完了です。
W様邸の屋根には他にも谷樋があり、同時に施工したので劣化の具合も同じように進んでしまいます。
また、屋根の棟の漆喰や鬼瓦付近の漆喰も剥がれてきていますので、将来的に修理のご計画をたてやすいように、ご提案させていただきました。
屋根は雨風や紫外線、寒暖差などの影響を毎日受け続けていますので、劣化しやすい箇所です。
放っておいても傷んだ部分はよくならないので、定期的に点検し、修繕していくことが大切です。
雨漏りするなど、何かしらの異常が発生して初めて点検する、という方がほとんどですが、街の屋根やさん岸和田店は屋根の点検・ご相談・お見積りは無料ですので、一度お声掛け下さいね。


同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の屋根の調査にお伺いしました

岸和田市で「台風で屋根に被害があったので見てほしい」とのご相談で、現地調査にお伺いしました。O様邸の屋根は化粧スレート(平型の薄い屋根材)で、下から見上げるとケラバの水切り板金が剥がれているのが分かりました。屋根に上がって確認すると、被害は...........

貝塚市のベランダをきれいに清掃します

貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。ベランダは外部にありますので、防水...........

岸和田市の棟板金が飛散

岸和田市の方形屋根の棟板金などの復旧工事のご紹介です。台風21号の強風で、屋根の棟板金がすべてめくれ上がり、下地の貫板も一部飛ばされてしまいました。棟板金とは、屋根の山状になった頂点部分にかぶせる板金のことで、下地の貫板に向かって釘留めされ...........